お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 38件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM 2021-03-05
10:20
ONLINE オンライン開催 味に関する視覚的主観評価決定要因の機械学習モデルによる分析
佐藤好幸東北大)・松原和也和田有史立命館大)・坂井信之塩入 諭東北大EMM2020-77
本研究では,食べ物画像を見たときの,味の視覚的判断に関するヒトの主観的評価(甘そうか,辛そうかなど)に関する実験を行い,... [more] EMM2020-77
pp.58-62
EMM 2021-01-28
16:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]情報質インフォマティクスの構築と人間の判断推定
塩入 諭佐藤好幸東北大EMM2020-66
情報技術はデータ蓄積速度を向上し続けているが、高速なデータ収集は直接高度な知識の獲得に繋がらない。そこには大きな2つの問... [more] EMM2020-66
pp.31-35
HIP 2020-12-22
14:45
ONLINE オンライン開催 脳波を用いた自発的注意計測
小林司弥小野 真羽鳥康裕曽 加蕙栗木一郎塩入 諭東北大HIP2020-59
注意の対象や課題を自発的に選択する処理過程(自発的注意)は,ヒトの主体性にかかわる極めて重要な脳機能であるが,扱いの困難... [more] HIP2020-59
pp.29-34
HIP 2020-12-23
13:30
ONLINE オンライン開催 評価者の顔表情特徴量を利用した画像の好み推定に関する研究
洞口勇太佐藤好幸塩入 諭東北大HIP2020-67
本研究は顔表情に着目し、ヒトの高次な判断である好み評価を計算機によって推定することを目的とする。意志決定に関連する表情変... [more] HIP2020-67
pp.71-76
HIP 2020-12-23
14:00
ONLINE オンライン開催 ヒトの主観評価決定要因の深層学習モデルを用いた分析
佐藤好幸東北大)・松原和也和田有史立命館大)・塩入 諭東北大HIP2020-68
本研究では,食べ物画像を見たときの,複数の異なる価値判断に関するヒトの主観的評価(食べたいか,若者向けかなど)のデータに... [more] HIP2020-68
pp.77-80
CQ, CBE
(併催)
2020-01-16
13:30
東京 NHK放送技術研究所 [招待講演]映像の表示画角の好みはどうきまるのか?
原澤賢充澤畠康仁宮下山斗小峯一晃NHK)・塩入 諭東北大CQ2019-116
 [more] CQ2019-116
pp.51-54
HIP 2019-12-19
14:30
宮城 東北大学電気通信研究所 表情分析による画像の好み推定に関する研究
洞口勇太佐藤好幸Chia-huei Tseng栗木一郎塩入 諭東北大HIP2019-66
人間の顔表情は,感情,知覚,認知,思考,意志決定などと関連すると考えられる.もし意志決定に関連する顔表情変化を知ることが... [more] HIP2019-66
pp.7-12
HIP 2019-12-19
16:30
宮城 東北大学電気通信研究所 脳波を用いた視聴覚注意の空間分布測定
小野 真坂本修一寺岡 諒佐藤好幸羽鳥康裕曽 加蕙栗木一郎塩入 諭東北大HIP2019-69
本研究では、定常的誘発電位を用いた視聴覚注意の空間的広がりの測定を行っている。実験では被験者は文字として現れる視覚刺激と... [more] HIP2019-69
pp.25-30
HIP 2019-12-19
17:00
宮城 東北大学電気通信研究所 サッカード眼球運動時の変位抑制へのサッカード前後の輝度コントラストの影響
高野修平松宮一道曾 加蕙栗木一郎東北大)・ハイナー ドイベルミュンヘン大)・塩入 諭東北大HIP2019-70
 [more] HIP2019-70
pp.31-34
HIP 2019-12-20
10:00
宮城 東北大学電気通信研究所 知覚的運動残効と視覚野における順応効果の対応についての検討
越坂若奈任 静薇栗木一郎羽鳥康裕曽 加蕙塩入 諭東北大HIP2019-74
視覚的運動は人間の生活の中で必要不可欠な情報の一つであり,本研究は輝度または色で定義された視覚的運動の相互作用の機構につ... [more] HIP2019-74
pp.51-56
HIP 2019-12-20
10:45
宮城 東北大学電気通信研究所 利き手が身体性注意に与える影響
岩井喬祐Chia-huei Tseng栗木一郎塩入 諭東北大HIP2019-75
身体近傍に潜在的に向けられる注意(身体性注意)の存在が指摘されている.本研究では,身体の運動が身体性注意に与える影響につ... [more] HIP2019-75
pp.57-60
HIP 2018-12-27
09:00
宮城 東北大学電気通信研究所 質感知覚処理と初期視覚特徴処理の時間特性の分離計測
高倉健太郎曽 加蕙栗木一郎塩入 諭東北大HIP2018-77
 [more] HIP2018-77
pp.21-23
SP, ASJ-H
(共催)
2018-01-21
12:00
東京 東京大学 雑音環境下での音声聴取に空間的注意が及ぼす影響
寺岡 諒坂本修一崔 正烈鈴木陽一塩入 諭東北大SP2017-79
騒がしい環境下で特定の話者の会話を聴き取るとき,その話者に対して注意を向けることで,たとえ耳に入る音響信号の信号対雑音比... [more] SP2017-79
pp.73-77
HIP 2017-12-26
10:45
宮城 東北大学電気通信研究所 継時刺激効果に対する頭部方向の影響
坂井拓美東北大)・羽鳥康裕産総研)・方 昱千葉大)・松宮一道栗木一郎塩入 諭東北大)・David WhitneyUC BerkeleyHIP2017-90
われわれ人間が物理的に安定な世界を知覚できる理由の1つとして,視覚系が現在とともに過去の視覚情報も現在の知覚に利用してい... [more] HIP2017-90
pp.35-38
HIP 2017-10-24
10:50
京都 京都テルサ サッカード変位抑制におけるブランク効果とランドマーク効果の比較 ~ 信号検出理論による分析 ~
松宮一道東北大)・佐藤雅之北九州市大)・塩入 諭東北大HIP2017-71
 [more] HIP2017-71
pp.65-68
ICD, CPM, ED, EID, EMD, MRIS, OME, SCE, SDM
(共催)
QIT
(併催) [詳細]
2017-01-30
15:20
広島 みやじま杜の宿(広島) [招待講演]巨大情報量とそのストレージ技術 ~ ヨッタバイト情報への挑戦 ~
村岡裕明行場次朗鈴木陽一塩入 諭中尾光之二瓶真理子荘司弘樹東北大EMD2016-74 MR2016-46 SCE2016-52 EID2016-53 ED2016-117 CPM2016-118 SDM2016-117 ICD2016-105 OME2016-86
あらまし ICT技術の長足の進歩が社会を変革している。その基盤を成すのが情報インフラであり急激な情報量の増加が続いてい... [more] EMD2016-74 MR2016-46 SCE2016-52 EID2016-53 ED2016-117 CPM2016-118 SDM2016-117 ICD2016-105 OME2016-86
pp.27-32
ITE-HI, ITE-CE
(共催)
HIP
(連催) [詳細]
2016-12-21
10:30
宮城 東北大学電気通信研究所 錯覚的手の位置への視覚的注意
野々村 萌Chia-huei Tseng松宮一道栗木一郎塩入 諭東北大HIP2016-67
身体近傍に潜在的に向けられる注意(身体性注意)の存在が指摘されている.本研究では,物理的な手の位置と異なる場所に、手があ... [more] HIP2016-67
pp.29-32
SID-JC
(共催)
EID, ITE-IDY, ITE-HI, ITE-3DIT, IEE-OQD
(連催) [詳細]
2015-11-06
13:35
東京 機械振興会館 スーパーハイビジョン映像観視時のぼけ知覚
江本正喜NHK)・方 昱塩入 諭東北大
 [more]
HIP, ITE-CE, ITE-HI
(連催)
2014-12-01
16:30
宮城 東北大学電気通信研究所 フラッシュラグ効果による身体随伴性注意の測定 ~ 利き手の検討 ~
西川遼太松宮一道栗木一郎塩入 諭東北大HIP2014-71
身体近傍に無意識に向けられる視覚的注意(身体随伴性注意)の存在が指摘されている.本研究ではフラッシュラグ効果と呼ばれる錯... [more] HIP2014-71
pp.23-27
HIP, ITE-CE, ITE-HI
(連催)
2014-12-01
17:00
宮城 東北大学電気通信研究所 全視野空間配置の無意識的学習効果
小林正幸松宮一道栗木一郎塩入 諭東北大HIP2014-72
視覚探索課題において、繰り返し呈示される刺激配置は無意識的に学習され、応答時間の短縮をもたらすことが知られている(文脈手... [more] HIP2014-72
pp.29-32
 38件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会