お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 3件中 1~3件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2010-11-30
14:35
福岡 九州大学医学部百年講堂 タスクの振舞いを考慮した動的再構成システム向けスケジューリングの検討
堤 喜章久我守弘末吉敏則熊本大RECONF2010-43
動的再構成システムは,FPGA(Field Programmable Gate Arrays)に代表される回路構成を自由... [more] RECONF2010-43
pp.25-30
RECONF 2010-05-13
16:20
長崎 長崎温泉 やすらぎ伊王島 (長崎市伊王島町) SRAM型FPGA上の実装回路におけるソフトエラー耐性評価手法の一検討
木村剛士甲斐統貴堤 喜章尼崎太樹久我守弘末吉敏則熊本大RECONF2010-7
SRAM 型FPGA(Field Programmable Gate Array) は高い柔軟性を持つ反面,ソフトエラー... [more] RECONF2010-7
pp.37-42
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2009-12-03
13:25
高知 高知市文化プラザ SRAM型FPGAの部分再構成によるエラー訂正手法の一検討
甲斐統貴堤 喜章尼崎太樹久我守弘末吉敏則熊本大RECONF2009-41
SRAM 型FPGA(Field Programmable Gate Array)は再構成可能な利点から様々な分野で使用... [more] RECONF2009-41
pp.1-6
 3件中 1~3件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会