お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-AVM, ITE-3DIT
(共催)
SIS
(連催) [詳細]
2020-06-03
15:10
ONLINE オンライン開催 筋電信号を使った人体骨格モデルのアニメーション再生
堀越 力野上佳恵湘南工科大
 [more]
IPSJ-AVM, ITE-3DIT
(共催)
SIS
(連催) [詳細]
2019-06-14
11:50
長崎 福江文化会館 VRにおける地形表現デバイスの提案
星野健斗堀越 力湘南工科大
 [more]
SID-JC, IEIJ-SSL
(共催)
EID, ITE-IDY
(連催) [詳細]
2013-11-12
13:25
東京 機械振興会館 IMID2013報告 ~ 3D ~
堀越 力NTTドコモ
 [more]
HIP 2010-11-13
16:40
長崎 長崎総合科学大学 入出力デバイスの機能を周囲の物で代用するシステムの提案 ~ 単眼光学シースルーHMDにおける手がかりの重要性 ~
中西美木子堀越 力NTTドコモHIP2010-69
手帳やファイルなどの身の回りのある物を入出力デバイスの代用品として用い,身の回りにある物でコンテンツの閲覧・入力操作をす... [more] HIP2010-69
pp.41-46
HIP 2009-06-15
10:20
北海道 北海道大学学術交流会館 光学式シースルーHMD利用時における手がかりの有効性の検討
中西美木子堀越 力NTTドコモHIP2009-54
AR を実現する際に必要なデバイスの一つである光学式シースルーHMD に表示される映像について,壁やファイルなど手がかり... [more] HIP2009-54
pp.33-38
HIP 2008-08-06
- 2008-08-07
鹿児島 鹿児島大学 立体映像の解像度認知に関する主観評価実験
壷井雅史木村真治堀越 力NTTドコモ)・高木康博東京農工大HIP2008-37
仮想空間の表現方法として立体映像は不可欠なものと考えられるが,実際に観察者により知覚される立体映像にまで踏み込んだ評価は... [more] HIP2008-37
pp.37-42
PRMU, IE
(共催)
2008-03-10
11:10
石川 北陸先端大 高密度指向性表示3Dディスプレイにおける簡易実写入力手法
壷井雅史木村真治堀越 力NTTドコモIE2007-283 PRMU2007-267
高密度指向性表示3Dディスプレイにおける実写入力手法を提案する.提案手法では,静止している物体を撮影対象とし,単独のカメ... [more] IE2007-283 PRMU2007-267
pp.139-144
USN, CQ, MoNA
(併催)
2008-01-25
11:20
静岡 浜松アクトシティ研修交流センター [技術展示]めがね型IFで変わる携帯端末の形態
中西美木子堀越 力NTTドコモMoMuC2007-92 USN2007-85
本研究ではめがね型ディスプレイ一つでユーザの望んだ大きさで携帯端末と同様の入出力操作を可能にするインタフェースを提案する... [more] MoMuC2007-92 USN2007-85
pp.103-104(MoMuC), pp.119-120(USN)
MoNA 2006-07-14
13:00
大阪 関西大学千里山キャンパス・関西大学100年会館 [招待講演]モバイルコミュニケーションメディア: 現在と未来
栄藤 稔堀越 力高畑 実福本雅朗NTTドコモMoMuC2006-26
ブロードバンドモバイル網の進化,携帯端末の汎用プラットフォーム化・パーソ
ナルゲートウェイ化,パーソナルエリアネットワ... [more]
MoMuC2006-26
pp.1-6
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会