お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
BioX, CNR
(共催)
2020-03-05
10:30
東京 セコム原宿本社セコムホール HRIにおける割込み時の会話順合意形成コーパスの構築にむけて
堀江拓実山口留実桑原多瑛渡辺巧登高汐一紀慶大BioX2019-69 CNR2019-52
日常生活において,会話の最中に割込み者が現れて全くコンテキストの異なる会話への参与を求めてくることがしばしば起こる.この... [more] BioX2019-69 CNR2019-52
pp.41-46
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2019-11-06
13:25
東京 構造計画研究所(本所新館東京) [ポスター講演]空間内へ溶け込むテレプレゼンスロボットの実装と評価
古谷優樹堀江拓実高汐一紀慶大SRW2019-43 SeMI2019-87 CNR2019-37
テレプレゼンスロボットなどに搭載されているビデオチャットでは,遠隔で会話に参加している相手の背景が見えてしまうことによっ... [more] SRW2019-43 SeMI2019-87 CNR2019-37
pp.79-80(SRW), pp.99-100(SeMI), pp.77-78(CNR)
CNR 2019-06-14
10:00
東京 Panasonic Laboratory Tokyo(パナソニックラボラトリー東京) ロボットによる対話割込み制御のための会話管理モデルの提案
堀江拓実高汐一紀慶大CNR2019-11
ロボットが実社会で使われる場合,第三者による現在進行中の会話への割込みを考慮する必要がある.特 に,それまでと無関係な内... [more] CNR2019-11
pp.55-60
CNR 2019-06-14
10:30
東京 Panasonic Laboratory Tokyo(パナソニックラボラトリー東京) ロボットの会話における擬似感情の音声的表現
桑原多瑛堀江拓実高汐一紀慶大CNR2019-2
ロボットと人の会話において,会話の盛り上がりを半減させる要因の一つに音声が単調である事があげられる.人同士の会話では,会... [more] CNR2019-2
pp.7-11
CNR
(共催)
MoNA, IN
(併催) [詳細]
2018-11-16
10:20
佐賀 唐津市民交流プラザ Effectiveness of Manga-Effects To Telepresence Communication System
Risa TakemuraTakumi HorieKazunori TakashioKeio Univ.IN2018-58 MoNA2018-36 CNR2018-33
 [more] IN2018-58 MoNA2018-36 CNR2018-33
pp.33-38(IN), pp.81-86(MoNA), pp.87-92(CNR)
CNR 2018-06-14
16:00
東京 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス(東京) 対比的応答を用いて自然なサブカル雑談を行うロボット
中嶋俊太山手学院高)・堀江拓実桑原多瑛谷中健大朗高汐一紀慶大CNR2018-5
 [more] CNR2018-5
pp.23-27
PRMU, CNR
(共催)
2018-02-19
11:00
和歌山 和歌山大学 会話の文脈と割り込み状況を考慮した会話タスクスケジューリング手法CACTSの実装と評価
堀江拓実高汐一紀慶大PRMU2017-152 CNR2017-30
公共空間で動作するコミュニケーションロボットでは,動的な会話タスクの生成と,会話相手に違和感や 不快感を与えない会話タス... [more] PRMU2017-152 CNR2017-30
pp.45-50
CNR 2017-06-16
13:30
東京 パナソニックラボラトリ東京(PLT) 有明 隣接ペアの連鎖を考慮した対話フローのアトミシティ検出とその効果
堀江拓実高汐一紀慶大CNR2017-5
多対多のインタラクションを想定したコミュニケーションロボットでは,動的な対話タスクの生成と,対話相手に違和感や不快感を与... [more] CNR2017-5
pp.23-28
CNR 2017-06-16
16:30
東京 パナソニックラボラトリ東京(PLT) 有明 MoDe:ヒューマノイド型ロボットのためのモーションデフォルメツール
林 亮太市立浦和)・堀江拓実真島大樹川那子進太郎宮本凜太郎高汐一紀慶大CNR2017-8
ロボットは人間の動きをそのまま再現することは構造上困難であるため,人間の動きを適度にデフォルメすることが必要となる.本論... [more] CNR2017-8
pp.41-44
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会