お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MoNA 2018-01-19
13:55
京都 キャンパスプラザ京都(京都市下京区) Generative Adversarial Networkによる生体データの自動生成とディープラーニング学習サンプルへの適用
高畑達也東京工科大)・堀江和正筑波大)・秋月百合熊本大)・生野壮一郎東京工科大MoNA2017-55
ディープラーニングは,高い学習性能・認識性能をもつ一方,学習用のサンプルデータを大量に必要とする.一方で体温や体調などの... [more] MoNA2017-55
pp.79-82
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2017-06-23
16:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 ニューラルネットを用いた関数近似器の冗長次元に対するロバスト性の解析
染野翔一丹野智博堀江和正井澤 淳市場知樹森田昌彦筑波大NC2017-8
関数近似問題において,出力に関係しない冗長次元が関数の近似精度を低下させることが知られている.
しかし,どの近似器がど... [more]
NC2017-8
pp.21-26
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2017-06-23
16:25
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 選択的不感化ニューラルネットの追加学習能力の解析
市場知樹丹野智博堀江和正井澤 淳染野翔一森田昌彦筑波大NC2017-9
大域的な汎化が可能な従来のニューラルネットワーク(NN)で追加学習を行うと,学習済みの入出力関係が壊れるという問題がある... [more] NC2017-9
pp.27-32
NC, IPSJ-BIO
(連催)
2013-06-28
15:10
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 ニューラルネットによるパターン分類におけるパターンコーディングの効果
丹野智博堀江和正小林高彰森田昌彦筑波大NC2013-13
層状ニューラルネットにおいて,入力するアナログ値を多次元の2値パターンに変換すると,多変数関数近似器としての性能が大きく... [more] NC2013-13
pp.139-143
NC, IPSJ-BIO
(連催)
2012-06-28
10:10
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 Half-vs-Half法を適用した選択的不感化ニューラルネットによる筋電パターンの多クラス分類
堀江和正筑波大)・末光厚夫北陸先端大)・森田昌彦筑波大NC2012-3
表面筋電位信号から人の動作をリアルタイムに認識することは,新たなインタフェース等の開発に繋がる重要な問題である.しかし,... [more] NC2012-3
pp.13-18
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会