お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT, OCS
(併催)
2015-08-27
15:50
北海道 小樽経済センター フェイズプレートを用いた空間結合法における、6-LPモード励振の設計方法と評価
野田周作高畠武敏坪谷 博小林哲也オプトクエストOCS2015-31
フェイズプレート(PP)を用いた空間結合法において、6LPモード(LP01, LP11a,b, LP21a,b, LP0... [more] OCS2015-31
pp.1-6
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2015-02-20
13:50
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) 空間結合型ファンイン/ファンアウトデバイスの小型化の検討とその応用
鳥取裕作坪谷 博小林哲也オプトクエストOFT2014-78 OPE2014-230
近年の通信容量増大に対する一策として、マルチコアファイバ(MCF)の開発が行われている。同時に、MCFを用いた通信の実用... [more] OFT2014-78 OPE2014-230
pp.113-116(OFT), pp.153-156(OPE)
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2014-02-27
16:05
沖縄 ネストホテル 那覇 [招待講演]空間光学系マルチコアファイバ結合デバイスとその拡張性
小林哲也鳥取裕作坪谷 博皆川洋介初鹿野 圭オプトクエストOCS2013-104 OFT2013-61 OPE2013-211
光ファイバ1本あたりの容量限界を打開する1つの手段として1本の光ファイバに複数の伝搬コアを有するマルチコアファイバ(MC... [more] OCS2013-104 OFT2013-61 OPE2013-211
pp.17-22(OCS), pp.35-40(OFT), pp.35-40(OPE)
MW, OPE, EMT
(共催) [詳細]
2006-07-28
13:00
北海道 北見工大 導波路型PPLNを用いたカスケードSFG-DFG及びスペクトル整形技術による160Gbit/s光CS-RZ信号の可変波長変換
古川英昭NICT)・Ampalavanapillai NirmalathasNational ICT Australia)・和田尚也品田 聡NICT)・坪谷 博オプトクエスト)・宮崎哲弥NICT
波長変換は,波長の競合を回避し,波長多重ネットワークにおける波長資源の有効活用、ネットワークの柔軟な運用を実現するために... [more] MW2006-62 OPE2006-54
pp.145-149
PN 2006-03-16
14:20
沖縄 石垣島(大濱信泉記念館) 導波路型PPLNを用いたカスケードSFG-DFGによる160Gbit/s 光RZ信号の全光可変波長変換
古川英昭NICT)・Ampalavanapillai NirmalathasUniv.of Melbourne)・和田尚也品田 聡NICT)・坪谷 博オプトクエスト)・宮崎哲弥NICT
光電変換を用いない全光波長変換は,フォトニックネットワークにおける波長資源を有効活用するために必要不可欠な技術である.そ... [more] PN2005-104
pp.33-38
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会