お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 48件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, US
(併催)
2020-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]進行波型熱音響システムにおけるエネルギー変換に関する検討 ~ スタック内部温度分布と仕事流生成量の関係 ~
川島裕斗同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・大西 陸倉田侑弥白木一希黒木大地渡辺好章同志社大US2019-82
本報告では,スタック内部温度分布が仕事流生成量に与える影響を実験的に検討した.スタック内部温度分布を能動的に変化させるた... [more] US2019-82
pp.67-72
EA, US
(併催)
2020-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]同軸型熱音響システムの共鳴制御に関する検討 ~ 音場計算モデルを基にした追加プライムムーバ設置位置の検討 ~
大西 陸同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・川島裕斗黒木大地白木一希渡辺好章同志社大US2019-83
熱音響システムのシステムの特徴として,単純で安価な構造の外燃機関であることが挙げられ,工場排熱や太陽光といった未利用エネ... [more] US2019-83
pp.73-76
EA, US
(併催)
2020-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]湿潤スタックを用いた熱音響システムの検討 ~ 空気と水蒸気のエネルギー生成比率 ~
黒木大地同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・川島裕斗大西 陸渡辺好章同志社大US2019-84
二相流体熱音響エンジンの駆動原理を明らかにするため,湿潤蓄熱器内のエネルギー生成に対して理論的な考察を行った.最初にRa... [more] US2019-84
pp.77-82
US 2019-12-11
15:00
東京 日本大学 定在波熱音響システムにおける外部重畳音波によるスタック両端温度の変化と熱交換の促進
倉田侑弥同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・平松康斗渡辺好章同志社大US2019-67
自励振動状態の定在波熱音響システムにおいて,その励起音波に同周波数の音波を外部から重畳することによりスタックの仕事流生成... [more] US2019-67
pp.15-18
US 2019-07-29
15:20
北海道 北海道大学 Heat Phase Adjusterの熱拡散がループ管型熱音響冷却システムに与える影響
白木一希同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・大西 陸渡辺好章同志社大US2019-33
現在までに熱音響エンジンのエネルギー変換効率の改善のための研究が多く報告されている.その方法の一つとして,Heat Ph... [more] US2019-33
pp.29-32
US 2019-04-15
15:00
東京 電気通信大学 定在波熱音響システムにおける駆動温度に関する検討 ~ スタック内加熱による低温度駆動の実現 ~
川島裕斗同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・大西 陸黒木大地白木一希倉田侑弥渡辺好章同志社大US2019-4
エネルギー問題や環境問題などの解決策として,熱音響システムが注目されている.熱音響システムとは,熱と音の相互エネルギー変... [more] US2019-4
pp.15-20
US 2019-04-15
15:25
東京 電気通信大学 同軸型熱音響システムにおけるPM追加による共鳴モード制御についての検討
大西 陸同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・川島裕斗白木一希黒木大地渡辺好章同志社大US2019-5
熱音響システムは,工場排熱等を駆動源とすることができるため,近年問題となっている環境問題を解決できる可能性を持つ.当研究... [more] US2019-5
pp.21-26
EA, US
(併催)
2019-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]Heat Phase Adjusterを用いたループ管型熱音響システムの音場制御 ~ 定在波比の変化とスタック内のエネルギー増幅量の関係 ~
白木一希同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・武山幸浩杉本茉菜渡辺好章同志社大US2018-96
熱音響現象は,熱と音波の相互エネルギー変換現象である.現在までに熱音響エンジンのエネルギー変換効率の改善のための研究が多... [more] US2018-96
pp.87-90
EA, US
(併催)
2019-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]局所的に外管径を拡大させた同軸型熱音響システムの検討
武山幸浩同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・黒木大地大西 陸渡辺好章同志社大US2018-97
熱音響システムは,工場廃熱等の未利用エネルギーを駆動源として発電や冷却を行うことができるため,地球環境問題を解決できる可... [more] US2018-97
pp.91-94
US 2018-06-21
14:15
神奈川 神奈川大学 超音波を用いたヒト浮腫定量診断に向けた基礎検討 ~ 水分量の異なる寒天模擬ファントムを用いた試行 ~
栗原祥太坂本眞一犬井賢志郎渡邊友美子越山雅文滋賀県立大US2018-23
現在,提案されているヒト浮腫定量診断手法は計測に時間を要するなどの課題がある.そこで瞬時に計測ができ,軟部組織の検出能が... [more] US2018-23
pp.19-23
US 2018-04-26
15:30
東京 電気通信大学 ループ管型熱音響システムの効率改善に関する研究 ~ Heat Phase Adjuster設置幅の検討 ~
白木一希同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・森下大夢渡辺好章同志社大US2018-6
熱音響現象は,熱と音波の相互エネルギー変換現象である.現在までに熱音響エンジンのエネルギー変換効率の改善のための研究が多... [more] US2018-6
pp.29-34
US 2017-04-27
16:25
東京 電気通信大学 同軸型熱音響システムのプライムムーバ設置位置が冷却能力に与える影響
武山幸浩同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・角田 歩渡辺好章同志社大US2017-11
熱音響現象を用いることで,廃熱などの未利用エネルギーを利用した冷却システムの作成が可能となる.矢崎らは進行波位相でエネル... [more] US2017-11
pp.53-58
EA, US
(併催)
2017-01-26
16:00
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 純水と湖水の音速 ~ 琵琶湖北湖(2015年3月) ~
北村暁晴土屋隆生同志社大)・坂本眞一同志社大/滋賀県立大)・小山大介松川真美渡辺好章同志社大US2016-119
 [more] US2016-119
pp.233-236
US 2016-12-12
16:40
東京 東京工業大学すずかけ台キャンパス 熱音響システムの仕事流増幅にスタック内の温度勾配・分布が及ぼす影響
福田誠弥同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・杉本茉菜渡辺好章同志社大US2016-71
 [more] US2016-71
pp.59-62
US 2016-04-18
15:30
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス ループ管型熱音響システムにおけるPhase Adjuster設計手法の確立に向けた検討
河南 将同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・多賀一瑳渡辺好章同志社大US2016-8
熱音響現象を用いると,廃熱などの未利用エネルギーで駆動する冷却システムが実現可能となる.しかし,冷却性能が低いため実用的... [more] US2016-8
pp.41-46
US 2016-04-18
15:55
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス Heat Phase Adjuster(HPA)を用いた熱音響システムの制御に関する検討 ~ 共鳴モードとHPA温度の関連 ~
森下大夢同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・城戸愛子渡辺好章同志社大US2016-9
熱音響現象を利用することによって,熱と音波の相互のエネルギー変換が実現される.現在までに熱音響エンジンのエネルギー変換効... [more] US2016-9
pp.47-52
US 2016-04-18
16:20
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 同軸型熱音響システムに関する基礎検討 ~ ループ管型熱音響システムとの性能比較 ~
角田 歩同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・赤松和真渡辺好章同志社大US2016-10
熱音響システムのスタック内でのエネルギー変換が進行波位相で行われた場合,定在波位相に比べ高効率である.矢崎らは進行波位相... [more] US2016-10
pp.53-58
US, EA
(併催)
2016-01-29
11:15
大阪 関西大学 100周年記念会館 強制駆動直管型熱音響システムの冷却性能向上へ向けた検討 ~ 3Dプリンタースタックを用いた波長とスタック長の関係 ~
伊勢裕司坂本眞一折野裕一郎藤井 樹平山智士伊藤大輔乾 義尚滋賀県立大)・渡辺好章同志社大US2015-98
 [more] US2015-98
pp.83-86
US 2015-10-09
16:20
石川 金沢工業大学 分割スタックによる熱音響システムの高効率化に関する検討
加藤文乃同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・福田誠弥前田真孝渡辺好章同志社大US2015-64
 [more] US2015-64
pp.31-34
US 2015-04-20
16:10
東京 電気通信大学 3Dプリンタを用いた内部にスパイラル形状を有する熱音響変換素子の検討
小塚晃透愛知工大)・安井久一加藤一実安岡正喜産総研)・坂本眞一滋賀県立大US2015-8
 [more] US2015-8
pp.39-42
 48件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会