お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 80件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2022-07-27
12:00
山口 海峡メッセ下関
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
交差点における交通制御アルゴリズムに対するモデル検査を用いた検証
埜口裕矢土屋達弘阪大
 [more]
KBSE, SWIM
(共催)
2022-05-20
15:00
東京 機械振興会館 6階6-67会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
XAIを用いた自己適応異常検知手法の実用化に向けて
角田詩門中川博之土屋達弘阪大KBSE2022-3 SWIM2022-3
本研究では,自己適応異常検知手法の性能向上にXAIを活用することを検討する.具体的な手法として,Ming-Chang L... [more] KBSE2022-3 SWIM2022-3
pp.13-18
KBSE 2022-03-09
14:55
ONLINE オンライン開催 (Zoom) Heuristic Minerを用いたパラメータ調整に基づくプロセスモデル抽出手法
南垣内一輝中川博之阪大)・海谷治彦神奈大)・小形真平信州大)・竹内広宜武蔵大)・土屋達弘阪大KBSE2021-46
オープンソースのプロセスマイニングツールProM(Process Mining framework)cite{ProM}... [more] KBSE2021-46
pp.30-35
DC 2022-03-01
10:20
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
コンセンサスアルゴリズムに対するラウンドモデルに基づいた簡易的なテスト・検証手法の提案
土屋達弘阪大DC2021-66
コンセンサスアルゴリズムは代表的な分散アルゴリズムのクラスであり,分散システム上で信頼性の高いサービスを実現する上で中核... [more] DC2021-66
pp.13-17
NS, NWS
(併催)
2022-01-28
13:30
ONLINE オンライン開催 個体群プロトコルモデルにおける任意グラフ上での自己安定リーダー選挙アルゴリズムの実装と評価
渡辺啓太郎小島英春阪大)・首藤裕一法政大)・矢内直人土屋達弘阪大NS2021-120
 [more] NS2021-120
pp.56-61
DC 2021-12-10
14:20
香川 国民宿舎小豆島(ふるさと荘交流センター)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
相互依存ネットワークにおける最脆弱ノードの特定
肥田京三・○土屋達弘阪大DC2021-58
本研究では,電力システムに代表される相互依存ネットワークを対象に,攻撃に対して最も脆弱なノード集合を特定する手法を提案す... [more] DC2021-58
pp.19-23
KBSE, SC
(共催)
2021-11-05
14:20
ONLINE オンライン開催+現地(KBSE:盛岡市,SC:なし)
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
強化学習に基づいた施設レイアウト自動設計支援システムの実現に向けて
池田 光中川博之阪大)・関本 章赤木宏匡鹿島建設)・土屋達弘阪大KBSE2021-26 SC2021-25
物流施設や工場のレイアウトを設計する場合,その精度や完成度は設計者の能力に大きく左右されるものであり,迅速かつ最適に近い... [more] KBSE2021-26 SC2021-25
pp.7-12
SS, DC
(共催)
2021-10-19
15:00
ONLINE オンライン開催 相互依存ネットワークにおける最適な強化対象の計算
南出大智土屋達弘阪大SS2021-16 DC2021-21
構成要素同士が相互依存する電力システムでの連鎖障害を解析し,最適な強化対象を特定する手法の提案を行う.このような電力シス... [more] SS2021-16 DC2021-21
pp.19-22
NS 2021-10-06
15:45
ONLINE オンライン開催 属性ベース暗号によるアクセス制御を適用したスマートコントラクトの実装
岡野拓実小島英春矢内直人土屋達弘阪大
 [more]
ITS, IEE-ITS
(連催)
2021-03-15
15:05
ONLINE オンライン開催 モデル検査を用いたラウンドアバウトにおける交通量制御方式の検証
土屋達弘阪大)・大塚敏史日立ITS2020-43
本研究では,形式検証手法であるモデル検査を用いて,ラウンドアバウト型の交差点における車両の交通を制御する方法の検証を行っ... [more] ITS2020-43
pp.41-44
KBSE 2021-03-05
13:05
ONLINE オンライン開催 トレーサビリティリンク生成における自然言語処理モデルの性能比較
新田壮史中川博之土屋達弘阪大KBSE2020-34
近年ではソフトウェア規模の拡大に伴い,要求,テスト記述等の文書数も増大し,手作業によるトレーサビリティリンクの確立に大き... [more] KBSE2020-34
pp.1-6
SS 2021-03-04
13:00
ONLINE オンライン開催 逐次プログラムのテストによる分散フォールトトレラントアルゴリズムのバグ検出
土屋達弘阪大SS2020-40
本研究では分散フォールトトレラントアルゴリズムの検証を,その動作をシミュレーションする逐次プログラムをテストすることによ... [more] SS2020-40
pp.73-77
DC 2021-02-05
16:20
ONLINE オンライン開催 相互依存システムにおける耐性強化問題の高速化
南出大智土屋達弘阪大DC2020-79
 [more] DC2020-79
pp.59-63
KBSE, SC
(共催)
2020-11-14
10:00
ONLINE オンライン開催+機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
要求-テストケース間のカバレッジ分析におけるグラフクエリの応用可能性の検討
有若新悟中川博之土屋達弘阪大KBSE2020-25 SC2020-29
本研究では,ソフトウェア工学分野におけるグラフクエリの応用可能性の検討として,要求-テストケース間のカバレッジ分析に対す... [more] KBSE2020-25 SC2020-29
pp.53-58
DC, SS
(共催)
2020-10-19
13:50
ONLINE オンライン開催 不具合インタラクション検出のための制約付きディテクティングアレイの高速生成手法
金 浩土屋達弘阪大SS2020-7 DC2020-24
制約付きディテクティングアレイ(CDA)は,組み合わせテストにおいて不具合インタラクション検出をするテストスイートの... [more] SS2020-7 DC2020-24
pp.13-18
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2020-07-31
17:00
ONLINE オンライン開催 SMTソルバを用いた電力ネットワークにおける障害伝播の解析手法の提案
南出大智土屋達弘阪大CPSY2020-14 DC2020-14
相互依存するシステムとしてモデル化された電力システムの連鎖障害について, 充足可能性判定問題を解 くことで解析する手法を... [more] CPSY2020-14 DC2020-14
pp.87-92
KBSE 2020-03-06
13:00
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
遺伝的プログラミングを用いた施設レイアウト自動生成の検討
花田響四郎中川博之阪大)・関本 章赤木宏匡鹿島建設)・土屋達弘阪大KBSE2019-46
物流施設や工場などのレイアウトを設計する場合,技術や手法が標準化されていないため,設計者個人の 能力に依存する比率が高い... [more] KBSE2019-46
pp.1-6
KBSE, SC
(共催)
2019-11-08
14:00
長野 信州大学 文書間の類似度に基づいたトレーサビリティリンク精度向上手法の検討
東 和幸中川博之土屋達弘阪大KBSE2019-27 SC2019-24
ソフトウェア開発においては,仕様として与えられた機能が正しく実装されていることを検査するためにテストを実施する.しかし,... [more] KBSE2019-27 SC2019-24
pp.25-30
KBSE, SC
(共催)
2019-11-08
16:10
長野 信州大学 グラフアルゴリズムに対するメタモルフィックテスティング手法の提案
永井史優土屋達弘阪大KBSE2019-31 SC2019-28
 [more] KBSE2019-31 SC2019-28
pp.47-52
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2019-07-13
16:05
北海道 小樽経済センター ソフトウェアテストのための制約付きディテクティングアレイの提案とSMTソルバを用いた生成
金 浩阪大)・史 冊上海立信会計金融学院)・土屋達弘阪大SS2019-8 KBSE2019-18
 [more] SS2019-8 KBSE2019-18
pp.123-127
 80件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会