電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OME 2017-01-28
14:00
長崎 長崎県美術館 光化学反応を利用した単層カーボンナノチューブの化学修飾および金属ナノ粒子担持
中村挙子大花継頼土屋哲男産総研)・小坂知己学芸大OME2016-74
カーボンナノチューブは種々の高機能特性を有することから,広範囲の分野で実用化が期待されている材料であり,特に単層カーボン... [more] OME2016-74
pp.1-4
OME, SDM
(共催)
2015-04-29
13:15
沖縄 大濱信泉記念館多目的ホール ダイヤモンド粉末の光学活性官能基化学修飾および不斉認識挙動
中村挙子大花継頼土屋哲男産総研)・坪田敏樹九工大SDM2015-2 OME2015-2
ダイヤモンドは種々の高機能特性を有する材料であり、その表面に化学修飾を施すことによって、より高付加価値の材料となることが... [more] SDM2015-2 OME2015-2
pp.7-10
ICM 2010-07-08
14:00
北海道 公立はこだて未来大学 分散コンポーネントで構成されたネットワークサービスにおける相互通信遅延を考慮した動的コンポーネント配置手法
山崎公敬廣田悠介木下和彦阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大)・菊池慎司土屋 哲関口敦二勝山恒男富士通研ICM2010-10
近年,分散配置された複数種類のコンポーネントを利用してアプリケーションを提供するネットワークサービスへの注目が高まってい... [more] ICM2010-10
pp.13-18
ICM 2010-03-11
11:10
鹿児島 おきえらぶフローラルホテル 分散コンポーネントの動的配置によって安定したQoSを提供するネットワークサービスプラットフォーム
横江直輔木下和彦阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大)・菊池慎司土屋 哲関口敦二勝山恒男富士通研ICM2009-52
複数種類のコンポーネントの複製をネットワーク上に分散配置することにより,負荷分散および耐障害性を考慮した高度なサービスの... [more] ICM2009-52
pp.41-46
ICM 2009-05-29
09:20
香川 香川大学幸町キャンパス 研究交流棟5F 研究交流スペース 分散コンポーネントで構成されたネットワークサービスのためのマルチレイヤ障害検知手法
廣田英輔横江直輔宮崎 渉木下和彦阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大)・菊池慎司土屋 哲関口敦二勝山恒男富士通研ICM2009-8
近年,分散配置された複数種類のコンポーネントを共用して高度なサービスを低コストで提供するネットワークサービスが注目されて... [more] ICM2009-8
pp.59-64
ICM 2009-03-13
16:45
鹿児島 奄美サンプラザホテル 分散コンポーネント数の自律的な増減による適応負荷分散手法
宮崎 渉木下和彦阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大)・菊池慎司土屋 哲関口敦二勝山恒夫富士通研ICM2008-88
遠隔ノード上で稼動する分散コンポーネントを組み合わせることにより,高度なサービスを低コストで提供できるネットワークサービ... [more] ICM2008-88
pp.173-178
ICM, CQ, NS
(併催)
2008-11-14
11:30
福島 日本大学(郡山) 分散Webサービスを管理する多重オーバレイネットワークの動的再構築手法
横江直輔宮崎 渉木下和彦阪大)・戸出英樹阪府大)・村上孝三阪大)・菊池慎司土屋 哲関口敦二勝山恒男富士通研ICM2008-49
遠隔ノード上で稼動するコンポーネントを組み合わせることにより,高度なサービスを低コストで提供できる分散Webサービスへの... [more] ICM2008-49
pp.55-60
NS, CS, IN
(併催)
2007-09-20
13:30
宮城 東北大学 分散Webサービスの障害復旧のための多重オーバレイネットワーク
宮崎 渉木下和彦戸出英樹村上孝三阪大)・菊池慎司土屋 哲関口敦二勝山恒男富士通研NS2007-58
遠隔ノード上で稼動するコンポーネントを組み合わせることにより,高度なサービスを低コストで提供できる分散Webサービスへの... [more] NS2007-58
pp.27-30
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会