電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-25
15:50
北海道 札幌コンベンションセンター RSA暗号の部分鍵導出攻撃の拡張
鈴木海地高安 敦國廣 昇東大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-26
14:35
北海道 札幌コンベンションセンター 安全性を高めた共通鍵暗号の量子アルゴリズムに対する詳細な安全性評価
安井 捷・○國廣 昇東大
 [more]
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2017-11-10
15:10
京都 京都産業大学むすびわざ館 楕円曲線Diffie-Hellman鍵共有に対する格子簡約攻撃
小野澤綜大東大)・高安 敦東大/産総研)・國廣 昇東大
Boneh と Venkatesan (CRYPTO’96) は Diffie-Hellman 鍵共有において鍵情報が部... [more] ISEC2017-69 SITE2017-51 LOIS2017-46
pp.115-122
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-07-14
15:45
東京 内田洋行東京本社ショールーム 2^m-ary法に基づく誤りつき演算情報を用いたCRT-RSA秘密鍵復元アルゴリズム
大西健斗國廣 昇東大
サイドチャネル攻撃とは,暗号方式の実際の実装環境において放出される電力波形等の物理的な情報を観測し,秘密鍵を求める攻撃で... [more] ISEC2017-22 SITE2017-14 ICSS2017-21 EMM2017-25
pp.107-114
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-09
14:00
東京 東海大学 高輪キャンパス 通常同種写像を用いたDH鍵共有の安全性解析
古川 悟高安 敦國廣 昇東大
本稿では,Stolbunov (Adv. Math. Commun. 2010) によって提案された通常楕円曲線の同種写... [more] IT2016-104 ISEC2016-94 WBS2016-80
pp.33-40
COMP, ISEC
(共催)
2016-12-22
12:30
広島 広島大学 東広島キャンパス 法人本部棟4階会議室 [招待講演]セミスムーズな部分群を持つRSA数の素因数分解困難性に基づく攻撃者依存損失落し戸関数
山川高志東大)・山田翔太花岡悟一郎産総研)・國廣 昇東大
 [more] ISEC2016-83 COMP2016-44
p.73
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-15
13:25
山口 中市コミュニティーホール Nac ブロック簡約基底に対する最短ベクトル探索の最悪時計算量評価
高安 敦國廣 昇東大
Walter (ICITS 2015)は,BKZ簡約とslide簡約という二つのブロック型格子簡約アルゴリズムを事前処理... [more] ISEC2016-33 SITE2016-27 ICSS2016-33 EMM2016-41
pp.177-184
ISEC 2014-12-19
15:55
東京 機械振興会館 [招待講演]Self-bilinear Map on Unknown Order Groups from Indistinguishability Obfuscation and Its Applications
Takashi YamakawaUniv. of Tokyo)・Shota YamadaGoichiro HanaokaAIST)・Noboru KunihiroUniv. of Tokyo
 [more] ISEC2014-73
p.21
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
14:15
北海道 サン・リフレ函館 複数の復号指数を持つRSA暗号の安全性解析
高安 敦國廣 昇東大
RSA 暗号の復号指数d が小さいときには,RSA 法N が効率的に素因数分解されることは広く知られている.Boneh ... [more] ISEC2014-19 SITE2014-14 ICSS2014-23 EMM2014-19
pp.93-96
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2013-07-19
16:05
北海道 札幌コンベンションセンター アナログ情報からのRSA秘密鍵復元アルゴリズム(その1)
國廣 昇高安 敦東大
 [more] ISEC2013-46 SITE2013-41 ICSS2013-51 EMM2013-48
pp.339-343
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2012-07-20
14:20
北海道 北海道工業大学 近似GCD問題に対する改良アルゴリズム
高安 敦國廣 昇東大
本論文では,整数の倍数の近似値が複数個与えられたときにその公約数を求める多変数のapproximate common d... [more] ISEC2012-35 SITE2012-31 ICSS2012-37 EMM2012-27
pp.189-194
ISEC 2012-05-18
15:45
東京 機械振興会館 国際会議ASIACRYPT2011報告
國廣 昇東大
 [more] ISEC2012-7
pp.39-41
ISEC 2011-12-14
15:25
東京 機械振興会館 国際会議 CRYPTO 2011 報告
須賀祐治IIJ)・國廣 昇東大)・小暮 淳情報処理推進機構)・松浦幹太東大
2011 年 8 月 14 日から 18 日にカリフォルニア大学サンタバーバラ校にて開催された国際暗号研究学会 (IAC... [more] ISEC2011-69
pp.31-33
ISEC, IT, WBS
(共催)
2011-03-04
15:20
大阪 大阪大学 公開鍵暗号方式における強い攻撃モデルの証明(不)可能性
川合 豊東大)・坂井祐介電通大)・國廣 昇東大
 [more] IT2010-128 ISEC2010-132 WBS2010-107
pp.395-402
ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC
(連催) [詳細]
2009-07-02
13:00
秋田 秋田大学 RSA暗号のSmall Secret Key Attackに対する簡単な証明とその拡張
國廣 昇東大)・黒澤 馨茨城大
 [more] ISEC2009-15 SITE2009-7 ICSS2009-29
pp.1-6
ISEC, LOIS
(共催)
2007-11-21
13:55
兵庫 神戸大学 Small Secret Key Attack on Takagi's Variant of RSA (Part1)
Noboru KunihiroUniv. of Electro-Comm.)・Kouichi ItohFujitsu Labs)・Kaoru KurosawaIbaraki Univ.
 [more] ISEC2007-90 OIS2007-62
pp.7-14
SITE 2007-11-02
15:05
東京 電気通信大学 研究グループが脆弱性を発見した場合にとるべき行動についての法的考察
猪股佑介太田和夫國廣 昇電通大
本稿では,研究グループが暗号アルゴリズムや製品の脆弱性を発見した場合にとるべき行動について検討する.その手段として,大学... [more] SITE2007-42
pp.15-20
ISEC, SITE, IPSJ-CSEC
(共催)
2007-07-20
16:10
北海道 公立はこだて未来大学 墨塗り・削除署名の拡張
泉 雅巳電通大)・伊豆哲也富士通研)・國廣 昇太田和夫電通大
ディジタル署名が生成された電子文書において, 公開部分の完全性を保証したままで一部の情報を秘匿す
る技術として, 墨塗... [more]
ISEC2007-67
pp.147-154
ISEC 2007-05-18
14:05
東京 機械振興会館 Paillierの観点からみたディジタル署名の安全性の再考
川合 豊太田和夫國廣 昇電通大
公開鍵暗号研究の黎明期(1980年代),「ある攻撃に対して安全(その攻撃者から計算量的困難な問題への帰着が存在する)な方... [more] ISEC2007-9
pp.57-64
IT, ISEC, WBS
(共催)
2007-03-15
17:20
群馬 群馬大学(桐生キャンパス) ナップザック暗号における密度の再考
國廣 昇北原恵介太田和夫電通大
 [more] IT2006-77 ISEC2006-132 WBS2006-74
pp.93-98
 29件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会