お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
13:20
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]OFDMとDFT-Precoded OFDMを併用した秘匿通信におけるフェーディング通信路下での受信特性評価
金子愛理落合秀樹四方順司横浜国大IT2020-128 ISEC2020-58 WBS2020-47
無線通信の盗聴を防ぐため,通信の存在自体を隠す手法が検討されている.本稿では,これまでに筆者らが提案している DFT-P... [more] IT2020-128 ISEC2020-58 WBS2020-47
pp.104-109
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-05
09:00
ONLINE オンライン開催 匿名放送型認証における安全性概念の関係性と認証子サイズの下界について
小林大航横浜国大)・渡邉洋平電通大/産総研)・四方順司横浜国大IT2020-143 ISEC2020-73 WBS2020-62
渡邉ら(SCIS2021)はIoTネットワークにおける遠隔制御システムのための暗号技術として, 匿名放送型認証技術 (A... [more] IT2020-143 ISEC2020-73 WBS2020-62
pp.187-194
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-05
10:55
ONLINE オンライン開催 ワイルドカードを利用可能なディジタル署名
宮澤智輝四方順司横浜国大IT2020-147 ISEC2020-77 WBS2020-66
近年,多くのIoT機器が利活用されており、今後はさらに多くのIoT機器がインターネットに接続されることが考えられる.この... [more] IT2020-147 ISEC2020-77 WBS2020-66
pp.213-218
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-05
11:20
ONLINE オンライン開催 参加者の動的変化に対応する非対話型マルチパーティ計算
間澤将太四方順司横浜国大IT2020-148 ISEC2020-78 WBS2020-67
マルチパーティ計算とは複数人が自身の持つ入力情報を秘匿しながら,参加者同士で通信を行い,ある評価関数の結果のみを知ること... [more] IT2020-148 ISEC2020-78 WBS2020-67
pp.219-224
ISEC, IT, WBS
(共催)
2020-03-11
10:45
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス(神戸ポートアイランド)
(開催中止,技報発行あり)
追跡機能を有するアグリゲートメッセージ認証の改良に関する考察
ソウ ロ佐藤慎悟四方順司横浜国大IT2019-111 ISEC2019-107 WBS2019-60
メッセージ認証コード(MAC)の複数の認証子を短い認証子(タグ)に集約できる認証方式はアグリゲートメッセージ認証方式と呼... [more] IT2019-111 ISEC2019-107 WBS2019-60
pp.143-150
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-02
13:30
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
アグリゲートメッセージ認証方式の実装と評価
山岸篤弘武内良男ジャパンデータコム)・竹久達也西浦英一鄒 家発ニッシン)・今村 祐ジャパンデータコム)・四方順司横浜国大)・廣瀬勝一ジャパンデータコム)・中尾康二横浜国大)・石田祐子今井秀樹平田康夫ジャパンデータコムICSS2019-96
 [more] ICSS2019-96
pp.207-212
ICSS 2019-11-13
16:45
宮崎 MRTテラス(宮崎市) アグリゲートメッセージ認証方式の実証システムの検討とIoTシステムへの適用
山岸篤弘武内良男ジャパンデータコム)・竹久達也西浦英一ニッシン)・今村 祐ジャパンデータコム)・四方順司横浜国大)・廣瀬勝一ジャパンデータコム)・中尾康二横浜国大)・石田祐子今井秀樹平田康夫ジャパンデータコムICSS2019-67
IoTデバイスの利活用が爆発的な広がりを見せており,IoTデバイスの増加に伴うデータ量の抑制が課題となってきている.また... [more] ICSS2019-67
pp.41-46
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2019-03-07
14:45
沖縄 NICT沖縄電磁波技術センター アグリゲート・メッセージ認証方式の実装と評価
山岸篤弘ジャパンデータコム)・竹久達也西浦英一ニッシン)・廣瀬勝一今村 祐ジャパンデータコム)・峯松一彦NEC)・四方順司中尾康二横浜国大ICSS2018-73
 [more] ICSS2018-73
pp.29-33
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-08
09:00
東京 電気通信大学 擬似乱置換を用いない履歴非依存型順序付きアグリゲートメッセージ認証方式
廣瀬勝一福井大/ジャパンデータコム)・四方順司横浜国大IT2018-101 ISEC2018-107 WBS2018-102
2010年にEikemeierらは順序付きアグリゲートメッセージ認証を提案し,定式化した。彼等はまた,擬似乱置換とメッセ... [more] IT2018-101 ISEC2018-107 WBS2018-102
pp.155-162
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-08
14:20
東京 電気通信大学 IoTネットワークにおけるOFDMとDFT-Precodingを併用した無線ステガノグラフィに関する一検討
山口良平落合秀樹四方順司横浜国大IT2018-124 ISEC2018-130 WBS2018-125
IoTネットワークの普及に伴い,無線デバイス間の通信におけるセキュリティの確保が急務となっている.
無線通信の盗聴の危... [more]
IT2018-124 ISEC2018-130 WBS2018-125
pp.297-302
ISEC 2018-09-07
12:00
東京 機械振興会館 [招待講演]Extreme Pruningを用いた格子点探索アルゴリズムにおける計算量の下限について (from Crypto 2018)
青野良範NICT)・Phong Q. Nguyen東大)・清藤武暢日本銀行)・四方順司横浜国大ISEC2018-56
Crypto2018において発表した同タイトルの論文の解説を行う.2010年のEurocryptにおいてGama,Ngu... [more] ISEC2018-56
p.29
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
13:20
広島 広島国際会議場 小会議室ラン [ポスター講演]共通鍵暗号における量子コンピュータを用いた攻撃とその対策
清藤武暢日本銀行)・四方順司横浜国大
 [more]
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-09
10:15
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) 非一様ランダム鍵を用いた情報理論的に安全な調停者付き認証符号について
石川美穂四方順司横浜国大IT2017-142 ISEC2017-130 WBS2017-123
認証符号(A-code: Authentication code)とは, 外部攻撃者による通信路上でのデータ改ざんを検出... [more] IT2017-142 ISEC2017-130 WBS2017-123
pp.231-236
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-09
11:15
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) Cooperative Jammingを用いた主通信路に雑音のあるWiretap Channel IIにおける暗号通信について
飯塚寛貴田中亮大四方順司横浜国大IT2017-144 ISEC2017-132 WBS2017-125
双方向通信において干渉は伝送レートを下げる要因となるが,正規のユーザが協力して盗聴者に対して意
図的に干渉(協同ジャミ... [more]
IT2017-144 ISEC2017-132 WBS2017-125
pp.245-251
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
10:00
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 A fast detecting method for obfuscated malicious JavaScript based on text pattern analysis
Jiawei SuKatsunari YoshiokaJunji ShikataTsutomu MatsumotoYNUICSS2015-58
 [more] ICSS2015-58
pp.65-70
ICSS 2015-03-03
15:40
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) サイバー攻撃情報の相関分析のためのタグ付加による効率化に関する一考察
畑 太一ジャパンデータコム/ニッシン)・井沼 学城西大)・四方順司横浜国大)・竹内 新ジャパンデータコム/ニッシン)・中尾康二NICTICSS2014-69
昨今,マルウェアを起因としたサイバー攻撃は増加の一途である.
そして,その攻撃手法も多様化しており,多種多様なサイバー... [more]
ICSS2014-69
pp.37-42
ISEC, IT, WBS
(共催)
2014-03-10
15:45
愛知 名古屋大学 東山キャンパス [招待講演]情報理論的暗号理論について ~ サーベイとチャレンジ ~
四方順司横浜国大IT2013-74 ISEC2013-103 WBS2013-63
 [more] IT2013-74 ISEC2013-103 WBS2013-63
p.127
IT, ISEC, WBS
(共催)
2013-03-08
14:45
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 検索可能暗号における安全性定義の再考
田貝浩一四方順司横浜国大IT2012-104 ISEC2012-122 WBS2012-90
検索可能暗号(Public-Key Encryption with Keyword Search, PEKS) は暗号化... [more] IT2012-104 ISEC2012-122 WBS2012-90
pp.263-270
IT, ISEC, WBS
(共催)
2012-03-01
10:30
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 紙の可視光人工物メトリクスの耐クローン性評価
近藤佑樹武内康博四方順司松本 勉横浜国大IT2011-46 ISEC2011-73 WBS2011-47
紙の可視光人工物メトリック・システムは,可視光を紙に照射した際の反射光パターンを紙の固有の特徴とした認証システムである.... [more] IT2011-46 ISEC2011-73 WBS2011-47
pp.1-8
IT, ISEC, WBS
(共催)
2012-03-01
13:55
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 Fuzzy Commitment Schemeの拡張について
谷 直樹四方順司松本 勉横浜国大IT2011-51 ISEC2011-78 WBS2011-52
生体認証に利用される暗号理論的なテンプレート保護技術としてJuelsらによってFuzzy commitment Sche... [more] IT2011-51 ISEC2011-78 WBS2011-52
pp.37-40
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会