電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 91件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2019-05-16
17:45
東京 工学院大学 新宿キャンパス [招待講演]データ主導社会での無線ネットワークプロトコル開発
川本康貴濱上卓磨OKI)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・原 晋介阪市大
 [more]
EMCJ, MICT
(併催)
2019-03-15
11:05
東京 機械振興会館 生体データ収集システムにおける無線センサノードの装着位置が伝送特性に与える影響
丸尾博人小倉裕史原 晋介阪市大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・四方博之関西大
運動している人間にセンサノードを装着し,ワイヤレスを使って生体情報をリアルタイムに収集するシステムでは,運動の妨げになら... [more] MICT2018-68
pp.1-4
EMCJ, MICT
(併催)
2019-03-15
11:30
東京 機械振興会館 光電容積脈波法に基づいた心拍センサに対する取付け位置と圧力の影響
桑原 柚木本雅也島崎拓則原 晋介阪市大)・四方博之関西大
近年,光電容積脈波法(PPG)に基づいた心拍測定は人体の比較的多くの部位で非侵襲かつ簡単に行えるため,多くのウェアラブル... [more] MICT2018-69
pp.5-10
IN, NS
(併催)
2019-03-04
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター オンデマンド型無線センサネットワークにおける隣接ノード起動状態に応じたデータ集約型ウェイクアップ制御法
田村直樹四方博之関西大
無線センサネットワークの課題であるノードの省電力化を実現する方式として、各ノードに超低消費電力で動作するWake-up受... [more] NS2018-199
pp.33-38
IN, NS
(併催)
2019-03-04
09:40
沖縄 沖縄コンベンションセンター 大量運動者からのマルチホップ生体情報収集における複数経路を用いたリンク切断抑制法
山口慎太郎四方博之関西大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・河端隆志関西大
 [more] NS2018-201
pp.45-50
IN, NS
(併催)
2019-03-04
10:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター 識別不可能な複数目的地の探索を実現する移動センシングクラスタ
浅田晃年新居英志四方博之滝沢泰久関西大
 [more] NS2018-214
pp.123-128
ASN 2019-01-28
13:50
鹿児島 休暇村 指宿 無線電力伝送を用いた無線センサネットワークのためのマルチユーザダイバーシティ活用電力伝送法
田中信甫四方博之関西大
近年、WSNs (Wireless Sensor Networks) の問題点であるセンサノードのバッテリー交換を不要と... [more] ASN2018-78
pp.1-6
ASN 2019-01-28
14:15
鹿児島 休暇村 指宿 LoRaを用いた広域無線センサネットワークへのウェイクアップ受信機適用法
上出 葵四方博之関西大
 [more] ASN2018-79
pp.7-12
MICT 2019-01-11
16:15
東京 明治大学 駿河台キャンパス 大量運動者からの分散型チャネル選択を用いたマルチホップ生体データ収集法
新野 淳四方博之関西大)・濱上卓磨柳原健太郎川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・河端隆志関西大
近年、運動者の健康状態や身体能力の把握を科学的に行うために、運動中の人間の生体情報モニタリングへの関心が高まっている。本... [more] MICT2018-64
pp.21-26
MICT 2019-01-11
16:40
東京 明治大学 駿河台キャンパス 適応ノードグルーピングを用いた大量運動者からの集中型マルチホップ生体データ収集法
小倉裕史阪市大)・四方博之関西大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・原 晋介阪市大
運動中の複数の人間から生体データをリアルタイムに収集する方法として,フラッディング/TDMA方式が提案されている.この方... [more] MICT2018-65
pp.27-30
ASN
(第二種研究会)
2018-11-29
14:50
海外 ハノイ工科大学、ベトナム [ポスター講演]Exploiting Multi-user Diversity for Wireless Powered Sensor Networks
Shinsuke TanakaHiroyuki YomoKansai Univ.
(事前公開アブストラクト) This paper investigates the impact of multi-us... [more]
ASN
(第二種研究会)
2018-11-29
14:50
海外 ハノイ工科大学、ベトナム [ポスター講演]Modeling and Evaluation of Vital Data Collection from a Large Number of Sensors attached to Exercisers
Ryohei OgawaHiroyuki YomoTakashi KawabataKansai Univ.
(事前公開アブストラクト) In recent years, real-time and reliable vital ... [more]
ASN, SRW
(併催)
2018-11-05
13:00
東京 東京電機大学 東京千住キャンパス [技術展示]運動中の体調情報をリアルタイムに収集する移動対応無線通信プロトコル
濱上卓磨川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大
 [more] ASN2018-65 SRW2018-30
pp.67-68(ASN), pp.43-44(SRW)
ASN, SRW
(併催)
2018-11-06
14:20
東京 東京電機大学 東京千住キャンパス [依頼講演]運動中の体調情報をリアルタイムに収集する移動対応無線通信プロトコル
川本康貴濱上卓磨OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大
 [more] SRW2018-40
pp.93-96
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
14:00
北海道 函館アリーナ p-persistent CSMAを用いたウェイクアップ受信機適用無線センサネットワークにおけるデータ収集特性理論解析
白石順哉四方博之関西大
WSN (Wireless Sensor Network) の課題であるセンサノードの省電力化を実現する方法として、セン... [more] RCC2018-54 NS2018-78 RCS2018-123 SR2018-54 ASN2018-48
pp.131-136(RCC), pp.205-210(NS), pp.213-218(RCS), pp.159-164(SR), pp.147-152(ASN)
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
15:15
北海道 函館アリーナ 工場環境における920MHz帯無線通信機器の通信特性・相互干渉実験評価
備後諒大池内良太四方博之関西大
近年、工場環境における無線通信の利活用に注目が集まっている。しかし、工場環境で無線通信を利用する際、異種規格無線通信機器... [more] RCC2018-57 NS2018-81 RCS2018-126 SR2018-57 ASN2018-51
pp.149-154(RCC), pp.223-228(NS), pp.231-236(RCS), pp.177-182(SR), pp.165-170(ASN)
RCC, MICT
(共催)
2018-05-24
13:00
東京 東京ビッグサイト [ポスター講演]光電容積脈波法を用いた脈波測定における締め付け圧の影響に関する研究
桑原 柚木本雅也島崎拓則阪市大)・四方博之関西大)・原 晋介阪市大
光電容積脈波法(Photo-Plethysmo-Graphy: PPG)に基づいた脈波測定は,人体の比較的多くの部位で非... [more] RCC2018-1 MICT2018-1
pp.1-6
RCC, MICT
(共催)
2018-05-24
13:00
東京 東京ビッグサイト [ポスター講演]運動している人間集団に対するリアルタイム生体情報収集システム
原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・島崎拓則奥畑宏之ソリトンシステムズ
 [more] RCC2018-13 MICT2018-13
pp.61-65
NS, IN
(併催)
2018-03-02
10:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 生体情報収集ネットワークにおける移動対応無線通信プロトコルのフィールド実験
濱上卓磨OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・川本康貴OKI)・奥畑宏之ソリトンシステムズ)・福井 潔柳原健太郎OKI
ウェアラブルデバイスやICT技術を駆使し,運動中の人体から生体情報をリアルタイムにモニタリングすることができれば,熱中症... [more] IN2017-120
pp.183-188
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
MoNA, ASN
(併催)
(連催) [詳細]
2018-02-27
10:30
東京 上智大学 無線電力伝送型センサネットワークにおけるドローンを用いた充電・データ収集法に関する一検討
長石 涼四方博之関西大
Wireless Sensor Networks(WSN)の問題であるセンサノードのバッテリ交換を不必要とする無線電力伝... [more] ASN2017-117
pp.179-184
 91件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会