お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MI 2011-01-20
11:30
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 フラクタル次元を用いた小児頭部MR画像からの皮質形成異常度推定法
川上順祥兵庫県立大)・小橋昌司倉本 圭兵庫県立大/阪大)・喜多村祐里下野九理子阪大)・石川智基石川病院)・谷池雅子阪大)・畑 豊兵庫県立大/阪大MI2010-102
小児における難治性てんかんの原因の約8割は大脳皮質形成異常によるものである.現在,皮質形成異常部位の特定には硬膜下電極を... [more] MI2010-102
pp.109-114
MI 2011-01-20
14:45
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 脳溝特徴分布SDIを用いたFlattening法による脳表位置合わせ
山口弘祐兵庫県立大)・小橋昌司倉本 圭兵庫県立大/阪大)・喜多村祐里阪大)・石川智基石川病院)・畑 豊兵庫県立大/阪大
 [more]
MI 2010-01-29
09:50
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 脳形状相同モデル化による脳形状定量化の評価
山口弘祐兵庫県立大)・小橋昌司倉本 圭兵庫県立大/阪大)・喜多村祐里毛利育子阪大)・今脇節朗石川病院)・谷池雅子阪大)・畑 豊兵庫県立大/阪大MI2009-122
脳疾患は脳形状に領域特異的な変形をもたらすため,診断には脳形状変形の定量化が有効である.従来の定量化法は,ボクセルの輝度... [more] MI2009-122
pp.253-257
MI 2010-01-29
11:40
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 輝度値推移に基づく小児頭部MR画像からの皮質形成異常度推定法
川上順祥兵庫県立大)・小橋昌司倉本 圭兵庫県立大/阪大)・喜多村祐里下野九理子阪大)・今脇節朗石川病院)・谷池雅子阪大)・畑 豊兵庫県立大/阪大MI2009-140
皮質形成異常は難治性てんかん患者に多くみられる先天性脳疾患である.難治性てんかんの治療には責任病巣である皮質形成異常領域... [more] MI2009-140
pp.345-350
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会