お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2021-04-22
14:50
東京 早稲田大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]5Gを活用した低遅延車車間通信とトラック隊列走行の実現
吉野 仁三上 学ソフトバンク
 [more]
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
09:50
ONLINE オンライン開催 高速移動環境における早期HARQ再送制御の性能解析
塩満優作岡本英二名工大)・三上 学吉野 仁ソフトバンクIT2020-71 SIP2020-49 RCS2020-162
第5世代移動通信システム(5G)の要求シナリオに,自動運転などを目的としたultra-reliable and low ... [more] IT2020-71 SIP2020-49 RCS2020-162
pp.46-51
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-06
16:45
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
[依頼講演]5G高信頼低遅延通信フィールド実証試験に関する取り組み ~ 5G NR-V2X車車間通信のトラック隊列走行への適用に向けて ~
三上 学吉野 仁ソフトバンクRCS2019-400
 [more] RCS2019-400
pp.395-400
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-24
14:00
広島 広島市青少年センター 5G URLLCにおけるチャネル状態に基づくHARQ早期再送制御の検討
塩満優作岡本英二名工大)・三上 学吉野 仁ソフトバンクIT2019-76 SIP2019-89 RCS2019-306
5G(第5世代移動通信システム)の要求シナリオに,自動運転などを目的としたURLLC (Ultra-Reliable a... [more] IT2019-76 SIP2019-89 RCS2019-306
pp.233-238
SR 2019-11-05
10:00
海外 Rutgers University, NJ, USA [招待講演]5G Vehicle-to-Vehicle (V2V) Communication Field Trial -- An application of 5G Ultra-Reliable and Low-Latency Communication (URLLC) to Truck Platooning --
Hitoshi YoshinoKohei MotoKoichi SerizawaManabu MikamiSoftBank Corp.SR2019-75
 [more] SR2019-75
pp.29-33
RCS 2019-06-19
11:00
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 5G URLLCを用いた自動運転を実現する無線フレーム構成の検討
塩満優作岡本英二名工大)・三上 学吉野 仁SBKK.RCS2019-45
5G(第五世代移動通信システム)の要求シナリオに,自動運転などを目的としたURLLC (Ultra-Reliable a... [more] RCS2019-45
pp.49-54
RCS, AP
(併催)
2018-11-22
12:40
沖縄 沖縄産業支援センター [招待講演]5Gで実現する自動運転
吉野 仁ソフトバンクAP2018-134 RCS2018-209
5Gは、従来からの大容量通信に加えて新たに高信頼・低遅延通信の実現を目指している.また、自動運転技術は、センサー技術、A... [more] AP2018-134 RCS2018-209
p.183(AP), p.179(RCS)
RCS, AP
(併催)
2018-11-22
13:40
沖縄 沖縄産業支援センター [依頼講演]トラック隊列走行への適用に向けた5G低遅延通信フィールド実験評価
三上 学山口 良吉野 仁ソフトバンクAP2018-135 RCS2018-210
第5世代移動通信(5G)では,従来のモバイルブロードバンド通信能力の拡張であるenhanced Mobile Broad... [more] AP2018-135 RCS2018-210
pp.185-190(AP), pp.181-186(RCS)
RCS, AP
(併催)
2018-11-22
15:50
沖縄 沖縄産業支援センター 隊列走行V2V通信におけるアンテナ構成の検討
豊見本和馬山口 良芹澤弘一宮下真行本 浩平三上 学吉野 仁SBAP2018-140
 [more] AP2018-140
pp.215-219
RCS, AP
(併催)
2018-11-22
16:10
沖縄 沖縄産業支援センター 隊列走行V2V通信におけるドップラースペクトルの評価
芹澤弘一豊見本和馬宮下真行山口 良本 浩平三上 学吉野 仁ソフトバンクAP2018-141
 [more] AP2018-141
pp.221-225
RCS 2018-10-18
14:55
東京 機械振興会館 [依頼講演]トラック隊列走行への適用に向けた5G超低遅延通信フィールド実証試験に関する取り組み
三上 学吉野 仁ソフトバンクRCS2018-161
第5世代移動通信(5G)では,従来のモバイルブロードバンド通信能力の拡張である拡張モバイルブロードバンド通信(eMBB:... [more] RCS2018-161
pp.61-66
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-01
10:50
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 上りリンクフェージング環境におけるMUSA伝送方式の性能比較
岡本英二名工大)・三上 学吉野 仁ソフトバンクRCS2017-365
第5世代移動通信システム(5G)においては,即時送信可能で多数の端末を収容するアクセス方式として非直交多元接続手法が検討... [more] RCS2017-365
pp.259-264
AP 2017-02-16
13:25
栃木 栃木県総合文化センター [依頼講演]弱電界地における移動通信パッシブレピータの検討 ~ 散乱型係留気球の初期検討とスケールモデル実験 ~
豊見本和馬・○山口 良宮下真行中島潤一吉野 仁ソフトバンクAP2016-160
 [more] AP2016-160
pp.23-26
AP 2017-02-17
09:55
栃木 栃木県総合文化センター [依頼講演]3GHz帯における車載指向性アンテナを用いた伝搬測定
宮下真行豊見本和馬山口 良中島潤一マイティ ソウラブ三上 学吉野 仁SBAP2016-168
近年,超高速通信,高信頼・低遅延通信,多数接続IoT通信を目標とした5Gの研究が盛んに行われている.高信頼・低遅延通信に... [more] AP2016-168
pp.67-70
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-19
13:30
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) 5G mMTC向け上りリンク伝送におけるユーザデバイス間チャネル相関を考慮したLDSとSCMAの比較
三上 学中島潤一吉野 仁ソフトバンクIT2016-57 SIP2016-95 RCS2016-247
第5世代移動通信システム (5G) では,第4世代移動通信システム (4G) で考慮されていなかった利用シナリオをサポー... [more] IT2016-57 SIP2016-95 RCS2016-247
pp.63-68
AP, WPT
(併催)
2017-01-19
14:30
広島 広島工業大学 車載指向性アンテナを用いた伝搬測定
宮下真行豊見本和馬山口 良中島潤一マイティ ソウラブ三上 学吉野 仁SBAP2016-134
本稿では,まず,指向性アンテナを用いた場合とオムニアンテナを用いた場合のSIR (Signal to Interfere... [more] AP2016-134
pp.27-31
NS, RCS
(併催)
2016-12-22
16:25
石川 金沢勤労者プラザ 下りリンクMU-MIMOシステムにおける摂動ベクトル探索を用いたTomlinson-Harashimaプリコーディングの拡張に関する検討
マイティ ソウラブ三上 学星野兼次吉野 仁ソフトバンクRCS2016-235
 [more] RCS2016-235
pp.153-158
RCS, AP
(併催)
2016-11-25
10:00
京都 京都市国際交流会館 28GHz帯リアルタイム送信ビームフォーミング実験装置の試作と室内実験
宮下真行豊見本和馬三上 学山口 良吉野 仁SBAP2016-116
近年,高周波数帯を用いた第5世代移動通信システム(5G)に関する研究が盛んに行われている.高周波数帯を利用することで,帯... [more] AP2016-116
pp.53-58
RCS 2016-10-20
16:05
神奈川 YRP(横須賀) [依頼講演]5Gに向けた高SHF帯活用の検討
吉野 仁山口 良三上 学ソフトバンクRCS2016-172
5Gウルトラモバイル通信を実現するために、ピークレートやシステム容量の増大を目指してSHF帯広帯域伝送の検討が行われてい... [more] RCS2016-172
pp.105-109
RCS 2015-10-01
15:15
神奈川 YRP(横須賀) [依頼講演]5Gの展望と取組み
吉野 仁三上 学長手厚史岡廻隆生藤井輝也ソフトバンクRCS2015-171
2020年以降の高度化・多様化する移動通信アプリケーションを効率的にサポートするために、第5世代移動通信システムの検討が... [more] RCS2015-171
pp.77-81
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会