電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1〜7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMD, LQE, OPE, CPM, R
(共催)
2014-08-22
14:45
北海道 小樽経済センター アレイ導波路格子フィルタを用いた100ギガビットイーサネット用高効率・小型受信光サブアセンブリ
土居芳行小熊 学伊東雅之吉松俊英大野哲一郎橋本俊和小川育生吉田英二NTT
100ギガビットイーサネット(100GbE)における10km規格に対応した、4波長×25Gbit/s小型受信光サブアセン... [more] R2014-46 EMD2014-51 CPM2014-66 OPE2014-76 LQE2014-50
pp.115-120
OCS, LQE, OPE
(共催)
2011-10-28
10:40
高知 高知工科大 非対称バイアスディザリングを用いた16-QAM光送信器のビットレート無依存な自動バイアス制御技術
川上広人小林孝行吉田英二宮本 裕NTT
多値位相変調信号(QAM)を生成する光送信器のための、ビットレート無依存な自動バイアス制御(ABC)技術について報告する... [more] OCS2011-83 OPE2011-121 LQE2011-84
pp.149-152
OCS 2010-07-29
16:50
静岡 ニューウェルシティ湯河原 将来光ネットワークのための160Gb/s光16QAMの長距離伝送技術
小林孝行佐野明秀石原浩一吉田英二宮本 裕山崎裕史山田 貴NTT
将来的な大容量光ネットワークを実現するためには、高い周波数利用効率をもつ伝送方式の検討が重要である。特に、高次の直交振幅... [more] OCS2010-33
pp.51-55
OCS 2009-07-29
17:05
静岡 ウェルシティ湯河原 [招待講演]多段SPMデジタル補償・2次分布ラマン増幅による100-Gb/s x 10-ch PDM-OFDM-QPSK信号の12,015 km伝送
山崎悦史増田浩次佐野明秀吉松俊英小林孝行吉田英二宮本 裕石原浩一工藤理一松井宗大鷹取泰司NTT
二次分布ラマン増幅による着信OSNR改善、及び多段SPM補償によるQ値改善技術について述べる.伝送路としてスパン長80.... [more] OCS2009-28
pp.49-54
LQE, OPE, OCS
(共催)
2007-11-01
13:05
福岡 九州工業大学 [招待講演]ECOC2007報告 ~ 超高速・大容量伝送関連 ~
吉田英二NTT
本稿では2007年9月17日から20日までドイツ,ベルリンで開催されたECOC2007で発表された超高速・大容量伝送技術... [more] OCS2007-46 OPE2007-101 LQE2007-87
pp.35-38
LQE, OPE, OCS
(共催)
2007-11-02
16:10
福岡 九州工業大学 111Gb/s CSRZ-DQPSK符号と帯域最大化ハイブリッド光増幅技術を用いた20.4Tb/s (204 x 111Gb/s)大容量伝送実験
増田浩次佐野明秀小林孝行吉田英二宮本 裕日比野善典山田 貴古田知史福山裕之NTT
将来の高速・広帯域サービスを支えるため,高速・大容量伝送技術,特に,100Gイーサネット信号を収容できる高速チャネルと,... [more] OCS2007-71 OPE2007-126 LQE2007-112
pp.155-159
NS, OCS
(併催)
2007-01-26
15:40
宮崎 ホテルスカイタワー(宮崎県) 111 Gb/s/ch CSRZ-DQPSKフォーマットと拡張L帯光増幅器を用いた14Tb/s大容量伝送実験
佐野明秀増田浩次木坂由明相澤茂樹吉田英二宮本 裕山田 貴古田知史福山裕之NTT
長距離WDM伝送システムでは,クライアント信号の高速化により100 Gb/s級の伝送技術が注目されている.DQPSK(D... [more] OCS2006-88
pp.79-84
 7件中 1〜7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会