お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]反復識別法を用いた臨床データのミスラベル探索
藤田雄一郎野田 陽島津製作所)・吉村健太郎竹田 扇山梨大)・梶原茂樹島津製作所IBISML2018-73
我々は識別モデルの性能を下げるミスラベルサンプルを特定する反復識別 (ID; Iterative Discriminat... [more] IBISML2018-73
pp.221-225
NLC, IPSJ-ICS
(連催)
2018-07-06
16:20
北海道 北海道大学 対話から獲得したユーザ情報を用いる雑談対話システムの構築とその長期的な評価
角森唯子NTTドコモ)・東中竜一郎NTT)・吉村 健NTTドコモNLC2018-4
ユーザのことを覚えて話すことで,より話したくなり,長期的に使われる雑談対話システムの実現が期待できる.本稿では,対話から... [more] NLC2018-4
pp.29-34
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2017-12-21
09:45
東京 早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究開発センター [ポスター講演]雑談対話システムにおける自動生成された発話文の拡張方法の検討
角森唯子NTTドコモ)・東中竜一郎NTT)・吉村 健礒田佳徳NTTドコモNLC2017-40
雑談対話システムにおいて,Webから抽出した述語項構造から自動で発話文を生成する方法がある.
しかしながら,Web上の... [more]
NLC2017-40
pp.65-70
SID-JC, IEIJ-SSL
(共催)
EID, ITE-IDY, IEE-EDD
(連催) [詳細]
2016-01-29
09:24
富山 富山大学 狭帯域蛍光体を用いて広色域LEDバックライトの試作
解 栄軍高橋向星物質・材料研究機構)・吉村健一和泉 真シャープ)・広崎尚登物質・材料研究機構
 [more]
SSS 2013-05-23
13:40
東京 機械振興会館 海難要因分析に特化したCREAMの開発
三友信夫日大)・西崎ちひろ吉村健志疋田賢次郎海上技術安全研)・竹本孝弘東京海洋大SSS2013-2
 [more] SSS2013-2
pp.5-8
SS, IPSJ-SE
(連催)
2012-11-02
13:00
広島 広島市立大学、講堂 小ホール 派生プロダクト群における要求・実装間のトレーサビリティリンク抽出
土屋良介鷲崎弘宜深澤良彰早大)・加藤正恭川上真澄吉村健太郎日立SS2012-44
派生開発されてきたプロダクト群に対して,保守や拡張を行う際には,要求と実装の間でトレーサビリティが明確化されていることが... [more] SS2012-44
pp.123-128
OFT 2008-10-17
13:25
東京 芝浦工業大学 導波路型ファブリ・ペロ・エタロン群の透過周波数個別制御
吉村健二郎立田光廣千葉大OFT2008-39
光周波数多重伝送方式の分波器として基板上に複数のファブリ・ペロ・エタロンを作成し、導波路型ファブリ・ペロ・エタロン群の透... [more] OFT2008-39
pp.23-28
USN, CQ, MoNA
(併催)
2008-01-25
11:20
静岡 浜松アクトシティ研修交流センター [技術展示]中波AM放送での音響OFDMの伝送特性
中島悠輔松岡保静吉村 健NTTドコモ)・三浦 洋中島誠一ニッポン放送)・町田正徳ニッポン放送プロジェクト)・太田現一郎早大MoMuC2007-81 USN2007-74
筆者らが開発した音響用透かし技術である音響OFDM技術を用いて,中波AM放送システム上で音声コンテンツにデータ情報を重畳... [more] MoMuC2007-81 USN2007-74
pp.77-78(MoMuC), pp.93-94(USN)
RCS 2006-09-01
14:30
宮城 東北大学 音響OFDMにおけるサンプリング周波数ずれの補正方法
中島悠輔松岡保静吉村 健NTTドコモRCS2006-127
本稿では,音響OFDMにおいて送受信器間で発生するサンプリング周波数ずれの補正方法を提案する.音響OFDMは,音波にOF... [more] RCS2006-127
pp.133-138
RCS, NS
(併催)
2006-07-20
13:40
北海道 北海道大学 音響OFDMの空中伝送特性
中島悠輔松岡保静吉村 健NTTドコモRCS2006-82
本稿では,オーディオ信号にデータを重畳して伝送する音響OFDMの空中伝送実験を様々な伝送環境及び伝送パラメータで行い,音... [more] RCS2006-82
pp.139-144
EA 2006-06-23
15:50
茨城 産業総合研究所(つくば市) 可聴帯域における音波情報伝送技術 ~ 音響OFDM ~
松岡保静中島悠輔吉村 健NTTドコモ
音声・音楽にOFDM変調した伝送信号を重畳して音波で伝送する音波情報伝送方式 Acoustic OFDMを提案する.従来... [more] EA2006-24
pp.25-29
EA 2004-12-10
10:20
東京 NHK技研 携帯型超指向性スピーカの試作と音響特性評価
中島悠輔吉村 健大矢智之NTTドコモ
携帯情報端末大の超指向性スピーカを試作しその音響特性を測定したので報告する.試作機は,空気の非線形性を利用し,高周波数超... [more] EA2004-105
pp.13-18
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会