お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2018-10-12
10:45
東京 電気通信大学 フェーズドアレイレーダに対する適応信号処理手法の検討
滝澤直也首都大東京)・吉川栄一JAXA)・○菊池博史妻鹿友昭牛尾知雄首都大東京SANE2018-47
衛星搭載型降雨レーダの課題として, 衛星が低軌道を周回しているため観測頻度が低くなってしまうことが挙げられる. 現在,静... [more] SANE2018-47
pp.19-21
SANE 2012-07-27
16:00
東京 電子航法研究所 気象用フェーズドアレイレーダの開発
牛尾知雄阪大)・吉川栄一JAXA)・水谷文彦和田将一東芝SANE2012-46
 [more] SANE2012-46
pp.31-36
SANE 2010-10-27
14:20
海外 Ramada Hotel, 済州島(韓国) Initial Observation Results for Precipitation on the Ku-bandbroad Band Radar Network
Eiichi YoshikawaSatoru YoshidaTakeshi MorimotoTomoo UshioZen-ichiro KawasakiOsaka Univ.SANE2010-72
 [more] SANE2010-72
pp.25-29
SANE 2010-10-29
09:00
海外 Ramada Hotel, 済州島(韓国) Network Retrieval Technique for Precipitation Attenuation on Ku-band Broadband Radar Network
Eiichi YoshikawaSatoru YoshidaTakeshi MorimotoTomoo UshioZen-ichiro KawasakiOsaka Univ.SANE2010-113
 [more] SANE2010-113
pp.255-259
EMCJ 2008-09-26
13:05
大阪 大阪大学 気象用高分解能ボリュームスキャニングレーダの開発と初期観測結果
吉川栄一家氏 策森本健志牛尾知雄河崎善一郎阪大EMCJ2008-50
集中豪雨やハリケーン,竜巻といった災害に直結する現象は時間,空間スケール共に小さく,その詳細構造は実用的かつ科学的に重要... [more] EMCJ2008-50
pp.1-6
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会