お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA 2015-07-03
15:50
東京 電気通信大学 創立80周年記念会館 エコー経路の変化とダブルトークを識別して通話回路に挿入する減衰量を調整する音響エコーキャンセラ用適応アルゴリズム
藤井健作コダウェイ研)・澤田拓也吉岡拓人兵庫県立大)・棟安実治関西大EA2015-9
本報告では,エコー経路の変化とダブルトークを識別して通話回路に挿入する減衰量を調整する適応アルゴリズムの1つを提案する.... [more] EA2015-9
pp.45-50
EA, US
(併催)
2014-01-28
13:25
大阪 関西大学 100周年記念会館 音響エコーキャンセラにおける減衰量制御法に関する検討
澤田拓也吉岡拓人藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2013-114
適応フィルタを用いた音響エコーキャンセラにおける音声スイッチの減衰量を制御する方法を提案する.
本論文では,シミュレー... [more]
EA2013-114
pp.63-68
EMM, EA
(共催)
2013-11-14
16:30
広島 県立広島大学 サテライトキャンパスひろしま マイクロホンアレーにおける音質補正フィルタに関する検討
岸本涼鷹桑原佑輔吉岡拓人藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2013-74 EMM2013-74
 [more] EA2013-74 EMM2013-74
pp.37-42
EA, EMM
(共催)
2012-11-16
10:20
大分 大分大学 非最小位相音響空間においても音声強調が可能となる2マイクロホンアレーシステムの提案
岸本涼鷹桑原佑輔吉岡拓人藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2012-83 EMM2012-65
 [more] EA2012-83 EMM2012-65
pp.11-16
EA, US
(併催)
2012-01-26
10:30
大阪 関西大学 非最小位相成分を含む音響空間の1点に向けて死角を構成する手法に関する検討
桑原佑輔吉岡拓人藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2011-104
 [more] EA2011-104
pp.1-6
EA, US
(併催)
2012-01-26
11:00
大阪 関西大学 強残響下での音声強調が可能な2マイクロホンアレーシステムの提案
岸本涼鷹吉岡拓人藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2011-105
音声と騒音が同時に到来する状況においても騒音方向に死角が構成される2マイクロホンアレーシステムを提案する.本提案システム... [more] EA2011-105
pp.7-12
EA 2011-11-18
17:00
熊本 熊本大学 非最小位相成分の分離法に関する検討
桑原佑輔吉岡拓人藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2011-88
マイクロホンアレーにおいて適応フィルタの構造を巡回型と非巡回型の縦続接続とすることで少ないタップ数でも安定して死角を構成... [more] EA2011-88
pp.37-42
EA, SIP, SP
(共催)
2011-05-13
13:00
大阪 立命館大学 遠端話者音声と近端話者音声の相関がダブルトーク制御に与える影響
山崎佳奈吉岡拓人・○藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2011-25 SIP2011-25 SP2011-25
 [more] EA2011-25 SIP2011-25 SP2011-25
pp.143-148
EA, US
(併催)
2011-01-20
11:00
京都 同志社大学京田辺キャンパス医心館 N-A, N-B 音響空間の1点に向けて主極あるいは死角を構成する手法に関する検討
吉岡拓人・○藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2010-107
 [more] EA2010-107
pp.11-16
EA, US
(併催)
2011-01-20
11:30
京都 同志社大学京田辺キャンパス医心館 N-A, N-B 因果律に基づくマイクロホンアレーによる音声分離
吉岡拓人藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2010-108
 [more] EA2010-108
pp.17-22
EA, US
(併催)
2011-01-20
13:00
京都 同志社大学京田辺キャンパス医心館 N-A, N-B 所要推定誤差を調整して収束を高速化するダブルトーク制御法
山崎佳奈吉岡拓人藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2010-109
 [more] EA2010-109
pp.23-28
SP, EA, SIP
(共催)
2010-05-27
09:25
兵庫 甲南大学平生セミナーハウス 因果律に基づく音声強調2マイクロホンアレーシステムの提案
吉岡拓人藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大)・森本雅和兵庫県立大EA2010-11 SIP2010-11 SP2010-11
本報告では,マイクロアレーによる音声強調システムを提案する.このシステムは,到来する音声のシステムに対する因果律を利用し... [more] EA2010-11 SIP2010-11 SP2010-11
pp.61-66
EA, US
(併催)
2009-01-30
14:45
京都 同志社大学 周波数領域処理に基づくマイクロホンアレーによる音声分離
吉岡拓人藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大EA2008-133
本報告では,すでに提案されている音声分離マイクロホンアレーシステムに
周波数領域適応アルゴリズムを適用し,分離速度の改... [more]
EA2008-133
pp.103-108
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会