電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2017-11-24
09:55
大阪 関西大学 梅田キャンパス 1μm帯モード検出OTDRにおけるモード複屈折性揺らぎの低減
中村篤志古敷谷優介真鍋哲也NTTOFT2017-49
光ファイバに生じる曲げ損失増加やマイクロベンド損失増加を早期に検出可能な技術として,単一モードファイバの2モード領域を利... [more] OFT2017-49
pp.29-32
LSJ
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2016-08-26
09:55
北海道 千歳アルカディア・プラザ 接続点における結合効率推定のためのLP11モードのモードフィールド径とその測定法
中村篤志岡本圭司古敷谷優介真鍋哲也NTTOFT2016-12
数モードファイバを用いたモード多重伝送技術において,光ファイバ接続点における損失およびモード間クロストークは伝送品質を劣... [more] OFT2016-12
pp.5-10
LSJ
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2016-08-26
12:15
北海道 千歳アルカディア・プラザ 無瞬断切替技術に最適な屋外設置光カプラの分岐比検討
渡辺 汎納戸一貴古敷谷優介真鍋哲也NTTOFT2016-14
光通信サービスの利便性向上のため,事前設置した2台の光カプラを用いて光線路区間を無瞬断で切替える無瞬断切替技術を検討して... [more] OFT2016-14
pp.15-20
OFT 2015-12-11
14:25
東京 電気通信大学 1um帯モード検出OTDRを用いた光ファイバの損失要因識別
中村篤志岡本圭司古敷谷優介真鍋哲也小熊 学橋本俊和井藤幹隆NTTOFT2015-48
長期間厳しい環境にさらされた光ケーブルは,劣化による損失増加を引き起こす可能性がある.故障発生前に異常箇所およびその原因... [more] OFT2015-48
pp.13-16
OFT 2015-10-22
16:40
三重 三重大学 AR技術を用いた所内伝送装置保守作業支援システムの検討
古敷谷優介榎本圭高大串幾太郎真鍋哲也NTTOFT2015-32
今後のネットワーク(NW)設備運用では,基礎的な技術レベルの作業員による一人作業であっても,信頼性,安全性といった作業品... [more] OFT2015-32
pp.29-34
OPE, OFT
(共催)
2012-03-02
10:55
東京 機械振興会館 パルス光ブリルアン利得解析によるスプリッタ下部測定技術
高橋 央ファン シンユウ古敷谷優介伊藤文彦NTTOFT2011-76 OPE2011-202
光アクセスネットワークの主形態のPONにおいて、故障位置探索のために所外スプリッタからお客様宅までのOTDR試験をする場... [more] OFT2011-76 OPE2011-202
pp.19-22
OFT 2012-01-19
14:20
香川 サンポートホール高松 [招待講演]光ファイバ関連技術の国際標準化動向
中島和秀荒木則幸古敷谷優介NTTOFT2011-57
光ファイバ関連技術の国際標準化について、国際電気通信連合・電気通信部門(ITU-T)における動向を中心に概説する。低曲げ... [more] OFT2011-57
pp.11-14
OFT 2012-01-20
11:20
香川 サンポートホール高松 効率的な光線路設備運用のための小型かつ大容量な光識別素子の検討
古敷谷優介荒木則幸鬼頭千尋伊藤文彦NTTOFT2011-70
 [more] OFT2011-70
pp.67-70
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2011-11-17
15:00
島根 島根大学 スペックル統計解析を用いた狭線幅レーザのコヒーレンス度評価
井上雅晶古敷谷優介ファン シンユウ伊藤文彦NTTOFT2011-47
コヒーレント光周波数領域反射測定法(C-OFDR)を用いて光ファイバ中のスペックル波形を測定し,2つの波形の相互相関を解... [more] OFT2011-47
pp.1-4
OFT 2011-10-20
16:25
長野 信州大学 上田キャンパス 光周波数多重方式コヒーレントOTDRによる有中継海底光線路の測定
飯田裕之古敷谷優介伊藤文彦田中郁昭NTTOFT2011-38
我々は、これまで海底光ファイバ網の診断技術として、コヒーレント光時間領域反射測定法(C-OTDR)を超える感度を有した新... [more] OFT2011-38
pp.35-40
OFT, OCS
(併催)
2011-08-26
14:55
北海道 とかちプラザ 帯域分割PNC-OFDR法によるcmレベル空間分解能・40km測定距離の実現
ファン シンユウ古敷谷優介伊藤文彦NTTOFT2011-27
PNC-OFDRを用いた長距離測定における分解能劣化要因の一つとして、光ファイバの機械的振動によって生じる雑音がある。こ... [more] OFT2011-27
pp.53-58
OFT 2011-01-27
16:25
長崎 長崎県勤労福祉会館 光周波数コムと可変光遅延線を用いたOFDRにおけるフェーディング雑音低減手法
風間拓志何 祖源東大)・古敷谷優介ファン シンユウ伊藤文彦NTT)・保立和夫東大OFT2010-54
光ファイバ故障診断技術として光周波数領域分布反射計(Optical Frequency Domain Reflectom... [more] OFT2010-54
pp.37-42
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2010-11-19
09:50
大阪 SEI 生駒セミナーハウス PNC-OFDRによる陸上スパン高複屈折率区間の測定
ファン シンユウ古敷谷優介伊藤文彦NTTOCS2010-95
既設光ケーブルは、高PMD区間が存在し、光伝送システムに伝送速度の制限を与えてしまい、超高速伝送システム(例えば40また... [more] OCS2010-95
pp.35-40
LQE, OPE, OCS
(共催)
2010-10-29
17:20
福岡 門司港レトロ・港ハウス 音響雑音環境下における位相雑音補償OFDRの特性に関する検討
古敷谷優介ファン シンユウ伊藤文彦NTTOCS2010-87 OPE2010-123 LQE2010-96
 [more] OCS2010-87 OPE2010-123 LQE2010-96
pp.177-182
OCS, OFT
(併催)
2010-08-27
09:10
北海道 旭川ときわ市民ホール 位相雑音および波長分散同時補償を適用したOFDRによる10kmレンジ、cm分解能反射測定
古敷谷優介ファン シンユウ伊藤文彦NTT)・何 祖源保立和夫東大OCS2010-45
(事前公開アブストラクト) 位相雑音補償周波数領域反射測定法(PNC-OFDR)は、長距離かつ高空間分解能測定が可能であ... [more] OCS2010-45
pp.53-58
OFT 2010-05-28
10:45
広島 鞆公民館(福山市) 光周波数多重化による超高ダイナミックレンジコヒーレントOTDR(FDM-OTDR)
飯田裕之古敷谷優介伊藤文彦田中郁昭NTTOFT2010-13
コヒーレント光時間領域反射測定法(C-OTDR)は高いダイナミックレンジ(DR)を持ち、海底光線路の保守・運用を目的とし... [more] OFT2010-13
pp.63-66
OPE, OFT
(共催)
2010-02-26
17:15
東京 機械振興会館 位相雑音補償光周波数領域反射測定法の高分解能化に関する検討
古敷谷優介ファン シンユウ伊藤文彦NTTOFT2009-94 OPE2009-235
 [more] OFT2009-94 OPE2009-235
pp.59-62
OFT 2010-01-22
10:35
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 全偏波PNC-OFDRによる長距離高PMD分布測定
ファン シンユウ古敷谷優介伊藤文彦NTTOFT2009-79
偏波モード分散(PMD)は高速・長距離の光通信システムに伝送特性劣化のひとつの要因となることが知られている。一般に光ファ... [more] OFT2009-79
pp.95-98
OFT, OCS
(併催)
2009-08-27
09:50
北海道 千歳アルカディア・プラザ【変更】 PNC-OFDR法による40kmレンジ反射測定および分解能劣化要因の検討
古敷谷優介ファン シンユウ伊藤文彦NTTOCS2009-30
位相雑音補償コヒーレント光周波数領域反射測定法(PNC-FDR)を用いた40kmまでの長距離測定において、分解能制限要因... [more] OCS2009-30
pp.5-10
OFT 2009-05-29
11:00
静岡 住友電気工業?南箱根セミナーハウス PNC-OFDR法による10cm空間分解能・15km測定距離の実現
Xinyu Fan古敷谷優介伊藤文彦NTTOFT2009-14
光源の位相雑音を補償した光周波数領域リフレクトメトリ(PNC-OFDR)を用いて長距離測定する際の分解能制限要因は、音響... [more] OFT2009-14
pp.67-70
 26件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会