お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ED, THz
(共催)
2021-12-20
15:35
宮城 東北大学・電気通信研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
低タイミングジッター光注入型テラヘルツ波パラメトリック発生器の開発
縄田耕二理研)・森口祥聖理研/トプコン)・瀧田佑馬野竹孝志南出泰亜理研ED2021-52
我々は外部機器との同期可能な高繰り返し光注入型テラヘルツ波パラメトリック発生の研究を行った.外部変調方式の半導体レーザー... [more] ED2021-52
pp.20-25
ED, THz
(共催)
2021-12-21
13:40
宮城 東北大学・電気通信研究所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
後進波パラメトリック過程を用いた300GHz帯電磁波の超高感度検出
野竹孝志理研)・北中道大東大)・縄田耕二瀧田佑馬南出泰亜理研ED2021-61
 [more] ED2021-61
pp.62-65
ED, THz
(共催) [詳細]
2019-12-24
10:05
宮城 東北大学・電気通信研究所 格子ゲート構造プラズモニックTHzディテクタのゲート電極からの光電流出力に関する検討
齋藤 琢鈴木雅也細谷友崇尾辻泰一東北大)・瀧田佑馬伊藤弘昌南出泰亜理研)・佐藤 昭東北大ED2019-88
我々は室温動作・高感度・高速応答可能な高感度THz検出素子として期待される、格子ゲート構造プラズモニックTHzディテクタ... [more] ED2019-88
pp.49-52
ED, THz
(共催) [詳細]
2019-12-24
12:20
宮城 東北大学・電気通信研究所 Phase singularity with large lattice metamaterial
Zhengli HanRIKEN)・○Seigo OhnoTohoku univ.)・Hiroaki MinamideRIKENED2019-92
 [more] ED2019-92
pp.65-68
ED, THz
(共催)
2018-12-17
17:00
宮城 東北大・通研 イメージング応用に向けた高平均出力テラヘルツ波パラメトリック光源
森口祥聖時実 悠縄田耕二瀧田佑馬理研)・永野繁憲トプコン)・南出泰亜理研ED2018-60
テラヘルツ波パラメトリック光源のパルス繰り返し周波数高速化に関する検討結果を報告する.これまでテラヘルツ波パラメトリック... [more] ED2018-60
pp.27-30
ED, THz
(共催)
2018-12-17
17:25
宮城 東北大・通研 有機非線形結晶を用いた高強度テラヘルツ波発生とその偏光制御
吉峯 功山下将嗣保科宏道齋藤美紀子南出泰亜大谷知行理研ED2018-61
DASTやOH1などの有機非線形結晶では2次の非線形光学効果(光整流)を用いた高強度のテラヘルツ波パルス発生が報告されて... [more] ED2018-61
pp.31-34
ED, THz
(共催)
2018-12-18
10:05
宮城 東北大・通研 格子ゲート構造プラズモニックTHzディテクタの偏光特性制御のための二次元ナノアンテナ導入
鈴木雅也細谷友崇末光哲也東北大)・瀧田佑馬伊藤弘昌南出泰亜理研)・尾辻泰一佐藤 昭東北大ED2018-64
 [more] ED2018-64
pp.43-46
ED 2016-12-19
16:05
宮城 東北大通研ナノ・スピン棟 180 nmCMOSプロセスを用いたテラヘルツ検出器の設計と評価
脇田幸典池辺将之北大)・Stevanus Arnold尾辻泰一東北大)・瀧田佑馬南出泰亜理研)・佐野栄一北大ED2016-83
近年、テラヘルツ波を用いたイメージングが注目を集めている。本研究では、イメージングアレイへの搭載に向けて、イメージングピ... [more] ED2016-83
pp.17-22
ED 2016-12-19
16:30
宮城 東北大通研ナノ・スピン棟 直列アレイ化とレンズ集積による非対称二重格子ゲート高電子移動度トランジスタのテラヘルツ波受光効率向上
細谷友崇糟谷文月谷口弘樹渡辺隆之末光哲也尾辻泰一東北大)・瀧田佑馬伊藤弘昌南出泰亜理研)・石橋忠夫NTTエレクトロニクステクノ)・清水 誠NEL)・佐藤 昭東北大ED2016-84
室温動作可能、高速応答可能なテラヘルツ受光デバイスとして、非対称二重格子ゲート高電子移動度トランジスタ(ADGG-HEM... [more] ED2016-84
pp.23-28
ED 2015-12-21
17:20
宮城 東北大通研ナノ・スピン棟 高出力周波数可変サブテラヘルツ波発生のための非線形波長変換技術
時実 悠縄田耕二韓 正利小山美緒野竹孝志瀧田佑馬南出泰亜理研ED2015-100
 [more] ED2015-100
pp.53-57
ED 2015-12-21
17:45
宮城 東北大通研ナノ・スピン棟 非線形波長変換を利用した高輝度サブテラヘルツ光の発生
林 伸一郎理研/名大)・縄田耕二瀧田佑馬理研)・川瀬晃道名大/理研)・南出泰亜理研ED2015-101
 [more] ED2015-101
pp.59-63
ED 2014-12-22
16:10
宮城 東北大学電気通信研究所 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟 高出力テラヘルツ波パラメトリック光源を用いたパイロ検出器の感度較正法の確立に向けて
瀧田佑馬理研)・柴 直孝静岡大)・野竹孝志縄田耕二時実 悠林 伸一郎理研)・廣本宣久静岡大)・南出泰亜理研ED2014-104
テラヘルツ波光源の性能を正しく評価するためには,検出器の感度較正法が重要である.本研究では,トレーサブルな感度較正法の確... [more] ED2014-104
pp.33-37
ED 2014-12-23
10:05
宮城 東北大学電気通信研究所 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟 非対称二重格子ゲート高電子移動度トランジスタを用いたプラズモニックテラヘルツ検出の広帯域特性
佐藤 昭ステファン ボーバンガ トムベット渡辺隆之川﨑鉄哉末光哲也東北大)・デニス ファティエフヴャチェスラフ ポポフコテルニコフ無線電子工学研(サラトフ支部))・南出泰亜伊藤弘昌理研)・ドミニク コキラヴォイチェック クナップモンペリエ第二大)・ギローム ドュコーナマイクロエレクトロニクス研)・尾辻泰一東北大ED2014-109
非対称二重格子ゲート高電子移動度トランジスタを用いたテラヘルツ検出について、測定された検出感度の広帯域特性を理論と比較す... [more] ED2014-109
pp.63-67
ED 2013-12-17
09:30
宮城 東北大通研 [招待講演]非線形光学波長変換による最先端テラヘルツ波発生および検出技術の開発
南出泰亜理研ED2013-101
 [more] ED2013-101
pp.63-68
ED 2012-12-18
09:40
宮城 東北大学電通研 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟4階 カンファレンスルーム 単一縦モード > 1 kW 出力テラヘルツ光パラメトリック光源
林 伸一郎縄田耕二理研)・川瀬晃道名大/理研)・南出泰亜理研ED2012-102
 [more] ED2012-102
pp.51-55
ED 2011-12-15
10:05
宮城 東北大学 電気通信研究所 片平キャンパス内 ナノ・スピン総合研究棟 非対称二重回折格子状ゲート電極を有するInAlAs/InGaAs/InP HEMTを用いた超高感度プラズモニックテラヘルツ波検出器
谷本雄大Stephane Boubanga-Tombet渡辺隆之東北大)・Yuye Wang南出泰亜伊藤弘昌理研)・Denis FateevVyacheslav Popovロシア科学アカデミー)・Dominique CoquillatWojciech Knapモンペリエ第2大)・尾辻泰一東北大ED2011-110
非対称二重回折格子状ゲート電極を有する InAlAs/InGaAs/InP 高電子移動度トランジスタ(HEMT)が、テラ... [more] ED2011-110
pp.57-61
ED 2011-12-15
14:30
宮城 東北大学 電気通信研究所 片平キャンパス内 ナノ・スピン総合研究棟 注入同期KTP-OPG励起光源を用いた広帯域波長可変テラヘルツ波光源
縄田耕二野竹孝志川俣大志松川 健チー フェン南出泰亜理研ED2011-116
我々は、非線形光学波長変換技術を駆使し、有機非線形結晶DASTを用いた広帯域波長可変テラヘルツ波光源を開発してきた。本報... [more] ED2011-116
pp.91-94
ED 2007-11-28
13:30
宮城 東北大学 電気通信研究所 [招待講演]High-sensitive THz-wave detection using nonlinear optical effect in MgO:LiNbO3 at room temperature
Hiroaki MinamideRuixiang GuoRIKEN)・Hiromasa ItoRIKEN/Tohoku Univ.ED2007-202
 [more] ED2007-202
pp.83-88
ED 2007-11-28
14:10
宮城 東北大学 電気通信研究所 薄切片試料の周波数可変テラヘルツ波による含有水分量測定法
碇 智文南出泰亜理研)・伊藤弘昌理研/東北大ED2007-203
 [more] ED2007-203
pp.89-94
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会