お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2020-03-06
11:40
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 SDNデータプレーン検証のためのフロー分解による転送量情報の推定手法
清水貴弘北川直哉山井成良東京農工大IN2019-127
SDN(Software Defined Network)は悪意のあるスイッチによってデータプレーンに対して攻撃を受ける... [more] IN2019-127
pp.291-296
NS, IN
(併催)
2020-03-06
14:30
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 機械学習を用いた船舶向け映像伝送負荷軽減方式の提案
近藤駿一黒田英明東京海洋大)・北川直哉東京農工大)・大島浩太東京海洋大IN2019-144
船舶の自律航行や遠隔操船に注目が集まっており,船舶から操縦者に対する映像伝搬の需要が高まっている.映像は高精細なものが望... [more] IN2019-144
pp.393-397
NS, NWS
(併催)
2020-01-24
13:50
沖縄 石垣島商工会館 海上におけるLTE通信環境に関する海外事例
大島浩太東京海洋大)・北川直哉東京農工大NS2019-170
 [more] NS2019-170
pp.55-59
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 無線環境下でのMPTCP選択的バイキャストにおけるクロスレイヤ制御による高速化
福山雅深山井成良東京農工大)・大坐畠 智電通大)・北川直哉東京農工大NS2017-168
複数の無線ネットワークインタフェースを搭載している端末は,通信状態に応じて使用するインタフェースを切り替えることで,Mu... [more] NS2017-168
pp.5-10
NS 2018-01-19
14:10
沖縄 石垣市商工会館 高精度時刻同期済SDNスイッチ群を用いた転送量情報の同時取得による経路検証手法
清水貴弘北川直哉東京農工大)・大島浩太東京海洋大)・山井成良東京農工大NS2017-159
SDN(Software Defined Network)は実装の特性上,悪意のあるスイッチによる経路の迂回やパケットの... [more] NS2017-159
pp.87-92
IA, IN
(併催)
2017-12-14
11:15
広島 広島市立大学 東京湾・浦賀水道海上におけるモバイルデータ通信の接続状況調査
大島浩太東京海洋大)・北川直哉東京農工大)・柏木岳彦パラレルネットワークス)・近藤正樹古谷雅理庄司るり東京海洋大IA2017-55
LTEや3G等のモバイルデータ通信が人口カバー率99%以上に達するまで整備され,陸地から比較的近い海上においても携帯電話... [more] IA2017-55
pp.13-17
IA 2017-11-16
13:50
海外 KMITL, タイ・バンコク DMARC Reporter Rating Method by Massive Reports Analysis
Kanako KonnoNaoya KitagawaNariyoshi YamaiTUATIA2017-48
Domain-based Message Authentication, Reporting and Conforman... [more] IA2017-48
pp.83-88
ICSS, IA
(共催)
2016-06-06
14:35
佐賀 佐賀大学 不審な通信のアラート機能をもつネットワークパケット可視化システム
堀込怜土北川直哉山井成良東京農工大IA2016-3 ICSS2016-3
不正アクセスによる情報漏洩等の被害の増加が社会問題となっている.攻撃を早期に発見するためには, 企業等の... [more] IA2016-3 ICSS2016-3
pp.13-18
IA 2012-10-18
16:30
海外 プーケット A lightweight method to discriminate spamming hosts by periodically changing DNS response
Naoya KitagawaHiroki TakakuraNagoya Univ.)・Tsunehiko SuzukiChukyo Univ.IA2012-39
 [more] IA2012-39
pp.31-35
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会