お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NC
(併催)
2017-12-16
15:45
愛知 名古屋大学 小型原子磁気センサモジュールを用いた遠隔磁気粒子イメージング ~ 励磁磁場強度最適化の検討 ~
加藤健太郎笈田武範伊藤陽介小林哲生京大MBE2017-64
近年新しく提案された磁気粒子イメージング(MPI)は,磁性ナノ粒子(MNP)と呼ばれるトレーサの空間的分布を画像化するイ... [more] MBE2017-64
pp.61-66
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-07
15:20
熊本 くまもと県民交流館パレア 時系列特徴を用いたチップ内データ転送エラー訂正手法とその可能性
加藤健太郎夏井雅典羽生貴弘東北大CPM2017-85 ICD2017-44 IE2017-70
微細化技術の進展に伴い,集積回路の信頼性確保が一層重要視されている.本稿では,従来型のデータ表現に基づくボトムアップ手法... [more] CPM2017-85 ICD2017-44 IE2017-70
pp.33-38
CS, NS, IN, NV
(併催)
2017-09-08
16:35
宮城 東北大学 電気通信研究所 Wi-Fi Directを用いた端末間通信におけるグループ構築時間の高速化に向けた検討
加藤健太西山大樹加藤 寧東北大NS2017-88
大規模な災害が発生すると通信インフラは損壊し,普段と同様の通信サービスを提供することは困難である.Wi-Fi Direc... [more] NS2017-88
pp.103-108
CPSY, DC, IPSJ-ARC
(連催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-05-24
10:15
北海道 登別温泉第一滝本館 劣化検出のための短周期テストパタンを用いた決定論的パス遅延測定法
加藤健太郎森 祐海鶴岡高専CPSY2017-12 DC2017-12
短周期テストパタンは決め打ちしたパスを短い時間間隔で連続して活性化することができる.この特性を用いて,可変クロックを用い... [more] CPSY2017-12 DC2017-12
pp.69-74
MBE, NC
(併催)
2017-03-14
11:15
東京 機械振興会館 光ポンピング原子磁気センサを用いた磁気粒子イメージングに向けた磁気信号の遠隔計測
加藤健太郎笈田武範伊藤陽介小林哲生京大MBE2016-95
 [more] MBE2016-95
pp.65-70
ET 2016-11-18
15:45
静岡 プラザ ヴェルデ GPS,E-メール,クリック操作を用いた半自動出欠管理システム
加藤健太郎帯谷主馬佐藤壮真鶴岡高専ET2016-64
本研究ではGPS, E-メール, クリック操作を用いた半自動出欠管理システムを提案する.提案システムはクライアントとして... [more] ET2016-64
pp.53-56
DC 2016-06-20
15:40
東京 機械振興会館 部分並列時間領域リードソロモン展開器
加藤健太郎鶴岡高専)・Somsak ChoomchuayKMITLDC2016-15
本研究では復号に要する時間の短縮のための部分並列時間領域リードソロモン(RS) 展開器の提案を行う.
提案する展開器に... [more]
DC2016-15
pp.31-36
WIT 2016-03-04
13:30
茨城 筑波技術大学春日キャンパス(つくば) 高齢者支援者向けの効率的な訪問スケジュールの立案
白塚慎也加藤健太大高諒介小林 守石川広幸茨城県立産技短大WIT2015-91
近年,自宅で介護を受ける高齢者が増えている.一方で,介護支援者の人数は不足しており,さらに勤務時間の制限もあり高齢者の要... [more] WIT2015-91
pp.19-22
WIT 2016-03-04
13:55
茨城 筑波技術大学春日キャンパス(つくば) 高齢者宅を巡回するための効果的な移動時間の推定
加藤健太白塚慎也大高諒介小林 守石川広幸茨城県立産技短大WIT2015-92
近年自宅で介護を受ける高齢者が増えている.高齢者宅に介護支援者が移動する時間の予測に複数の手法がある.従来では介護支援者... [more] WIT2015-92
pp.23-26
WIT 2016-03-04
14:20
茨城 筑波技術大学春日キャンパス(つくば) 高齢者における機能低下の防止の研究 ~ タブレット端末を用いた機能を維持するためのツールの開発 ~
大高諒介加藤健太白塚慎也小林 守石川広幸茨城県立産技短大WIT2015-93
近年高齢者の自宅介護が増えている.自宅介護が進むと高齢者が自宅に引きこもり過ぎて運動不足となり転倒や体調不良などの身体能... [more] WIT2015-93
pp.27-30
KBSE 2016-01-25
13:30
東京 機械振興会館 プログラム依存グラフ上での命令間の距離に着目した凝集度メトリクスの提案とバグ予測への応用
加藤健太阿萬裕久川原 稔愛媛大KBSE2015-40
 [more] KBSE2015-40
pp.1-6
DC 2013-12-13
13:50
石川 和倉温泉観光会館 TDCによる高速オンチップ遅延時間測定を用いた高品質遅延故障テストセット構成法
加藤健太郎鶴岡高専)・小林春夫群馬大DC2013-70
汎用プロセッサ,システムLSIといった高速かつ低消費電力なディジタルLSIは,今日のあらゆる分野において必要不可欠である... [more] DC2013-70
pp.13-16
DC 2013-06-21
16:00
東京 機械振興会館 バウンダリスキャンと組み込み再構成可能ハードウェアを用いたSOCのオンラインインターコネクトテスト法
加藤健太郎鶴岡高専DC2013-14
本研究ではバウンダリスキャンと組み込み再構成可能ハードウェアを用いたSOCのオンラインインターコネクトテスト法を提案する... [more] DC2013-14
pp.25-29
DC, CPSY
(共催)
2013-04-26
16:40
東京 首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス 隣接テスト機構を用いたオンチップ遅延測定法
加藤健太郎鶴岡高専CPSY2013-8 DC2013-8
本研究では隣接テスト機構を用いたTime to Digital Converter (TDC) によるオンチップ遅延測定... [more] CPSY2013-8 DC2013-8
pp.43-48
DC 2012-06-22
13:25
東京 機械振興会館 組み込み遅延測定回路を用いた時分割オンチップパス遅延測定のための入力系列データ量削減の1手法
加藤健太郎鶴岡高専DC2012-10
時分割遅延測定法は,オンチップ遅延測定の測定時間短縮に有効である.しかしながらこの手法はスキャン入力系列以外に測定パスを... [more] DC2012-10
pp.7-13
AI 2010-11-19
16:10
福岡 九州大学 スクリーンセーバーを利用したWebコンテンツ配信システムの試作
加藤健太土井達也鈴木亮詞白松 俊大囿忠親新谷虎松名工大AI2010-42
本稿では,スクリーンセーバーを利用したWebコンテンツ配信システムを提案する.
各ユーザのPC上で起動するスクリーンセ... [more]
AI2010-42
pp.67-71
AI 2010-11-19
16:35
福岡 九州大学 会議支援システムにおけるプッシュ配信を用いた非公開資料の保護について
鈴木亮詞加藤健太清水 堅白松 俊大囿忠親新谷虎松名工大AI2010-43
本研究では,スレート型端末を用いた会議支援システムとして,会議資料配付・閲覧システムを実装した.本論文では,会議支援シス... [more] AI2010-43
pp.73-78
DC 2010-02-15
13:20
東京 機械振興会館 差分による遅延測定法の実行時間と面積の削減
田辺 融湊 浩久加藤健太郎難波一輝伊藤秀男千葉大DC2009-71
近年のVLSIにおける微細化や高集積化,高速化に伴い,回路内の信号伝播時間がわずかに変化する微小遅延欠陥が問題視されてい... [more] DC2009-71
pp.39-44
EMCJ, MW, IEE-MAG
(共催)
2009-10-22
16:30
岩手 岩手大学・八幡平ロイヤルホテル 直接給電法を用いた体内完全埋込型TES素子の構成と試作について
加藤健太郎木幡陽介佐藤文博松木英敏佐藤忠邦関 和則半田康延東北大
神経系に対して何らかの方法により刺激を加え,生体の神経による制御を正常に近づける医工学技術を総称してニューロバイオニクス... [more] EMCJ2009-54 MW2009-103
pp.59-64
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
CPSY, RECONF, IPSJ-ARC
(併催) [詳細]
2007-11-20
10:05
福岡 北九州国際会議場 遅延故障テスト容易化FF方式の下での縮退故障テストデータ圧縮法
加藤健太郎難波一輝伊藤秀男千葉大VLD2007-70 DC2007-25
本論文では,遅延故障テスト容易化フリップフロップ( 以下FF と略記) 方式の下での縮退故障テストデータ圧縮法を提案する... [more] VLD2007-70 DC2007-25
pp.1-6
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会