お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
LSJ
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2022-08-25
13:05
ONLINE オンライン開催 超低損失標準クラッド外径4コアファイバを用いた太平洋横断級伝送実験
相馬大樹別府翔平高橋英憲吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所
(事前公開アブストラクト) 本研究では、標準クラッド外径の超低損失非結合型4コアファイバを用いて、太平洋横断級の伝送実験... [more]
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2022-02-25
09:50
ONLINE オンライン開催 ステップインデックス型標準外径マルチコアファイバの敷設環境下かつ異ベンダ接続時における特性評価
相馬大樹別府翔平高橋英憲吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2021-45 OPE2021-59
近年,単一モードファイバ(SMF)における伝送容量の物理的限界を打破する技術として,マルチコアファイバ(MCF)を用いた... [more] OCS2021-45 OPE2021-59
pp.21-26(OCS), pp.53-58(OPE)
OCS, CS
(併催)
2022-01-13
16:20
山口 KDDI維新ホール 会議室(204A・B)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
PS-16QAM信号を用いた 85.2-Tbps 結合4コアファイバ3,120km伝送実験
別府翔平相馬大樹高橋英憲吉兼 昇森田逸郎釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2021-35
グローバルな通信基盤である光海底ケーブルシステムにおいて,急速に増大する通信トラフィックを 将来に渡って収容可能とするた... [more] OCS2021-35
pp.11-15
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2021-11-19
13:25
ONLINE オンライン開催 高分解能オフセット周波数補償アルゴリズムを用いた実時間4モード多重16QAM伝送実験
別府翔平KDDI総合研究所)・菊田将弘NECプラットフォームズ)・五十嵐浩司阪大)・向 啓志鴫原正博NECプラットフォームズ)・相馬大樹高橋英憲吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2021-31
モード多重伝送方式は,光ファイバ中の異なる伝搬モードに異なる信号を多重伝送し,受信側において多入力多出力(multipl... [more] OCS2021-31
pp.15-20
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2021-08-27
14:15
ONLINE オンライン開催 50.47-Tb/s 結合型4コアファイバ9,150 km伝送実験
相馬大樹別府翔平若山雄太角田聖也高橋英憲吉兼 昇森田逸郎釣谷剛宏鈴木正敏KDDI総合研究所OCS2021-10
グローバルな通信基盤である光海底ケーブルシステムにおいて,急速に増大する通信トラフィックを将来に渡って収容可能とするため... [more] OCS2021-10
pp.5-10
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2021-02-19
16:10
ONLINE オンライン開催 SI型標準外径マルチコアファイバの多段接続時における光学特性
相馬大樹別府翔平高橋英憲KDDI総合研究所)・宮川勇一KDDI)・吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2020-46 OPE2020-95
近年,単一モードファイバ(SMF)における伝送容量の物理的限界を打破する技術として,マルチコアファイバ(MCF)を用いた... [more] OCS2020-46 OPE2020-95
pp.16-21(OCS), pp.90-95(OPE)
OPE, OCS, LQE
(共催)
2020-10-23
11:10
ONLINE オンライン開催 強結合4コアファイバ実時間伝送実験
別府翔平KDDI総合研究所)・五十嵐浩司阪大)・向 啓志菊田将弘鴫原正博NECプラットフォームズ)・相馬大樹高橋英憲吉兼 昇釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2020-12 OPE2020-35 LQE2020-15
 [more] OCS2020-12 OPE2020-35 LQE2020-15
pp.21-25
PN 2020-03-02
12:45
鹿児島 奄美市社会福祉センター
(開催中止,技報発行あり)
弱結合型10モード多重ネットワークを用いたモード・波長個別スイッチングの実験的検証
角田聖也相馬大樹別府翔平釣谷剛宏KDDI総合研究所PN2019-53
弱結合型数モードファイバを用いてモード・波長ともに個別のチャネルを割り当てるネットワークは 受信器の MIMO 処理量の... [more] PN2019-53
pp.1-5
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2020-02-28
10:20
沖縄 沖縄県市町村自治会館 402.7-Tb/s C+Lバンド弱結合10モード多重伝送実験
相馬大樹別府翔平角田聖也若山雄太釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2019-84 OPE2019-107
近年,単一モードファイバ(SMF)における伝送容量の物理的限界を打破する技術として,マルチコアファイバやマルチモードファ... [more] OCS2019-84 OPE2019-107
pp.33-38(OCS), pp.45-50(OPE)
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-08-29
16:10
北海道 道東経済センタービル 弱結合10モード多重伝送用実時間MIMO光受信器
五十嵐浩司阪大)・別府翔平KDDI総合研究所)・菊田将弘NECプラットフォームズ)・永井智之阪大)・齋藤靖夫NECプラットフォームズ)・相馬大樹釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2019-23
(事前公開アブストラクト) MIMO信号処理をFPGA実装した実時間MIMO光受信器を用いて、波長多重・10モード多重・... [more] OCS2019-23
pp.17-22
PN 2019-08-27
14:40
北海道 かんぽの宿 小樽 C+Lバンド弱結合10モード多重伝送実験
相馬大樹別府翔平角田聖也若山雄太釣谷剛宏KDDI総合研究所PN2019-23
近年,単一モードファイバ(SMF)における伝送容量の物理的限界を打破する技術として,マルチコアファイバやマルチモードファ... [more] PN2019-23
pp.85-89
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-02-14
15:30
福岡 リファレンス 大博多貸会議室 C+L帯19コアクラッド励起EDFAを用いた1,500kmマルチコアファイバ伝送実験
相馬大樹別府翔平KDDI総合研究所)・前田幸一高坂繁弘杉崎隆一古河電工)・高橋英憲釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2018-85 OPE2018-197
近年,伝送容量の拡大を目指して,マルチコアファイバ(MCF)を用いた空間分割多重技術に関する検討が数多くなされている.さ... [more] OCS2018-85 OPE2018-197
pp.29-33
PN 2018-11-22
10:20
山梨 山梨大学 大村智記念学術館 大村記念ホール 弱結合型数モードファイバを用いたモード・波長個別スイッチングネットワークの実験的検証
角田聖也相馬大樹別府翔平KDDI総合研究所)・若山雄太KDDI)・高橋英憲釣谷剛宏KDDI総合研究所PN2018-30
 [more] PN2018-30
pp.49-53
CS, OCS
(併催)
2018-01-30
13:50
愛媛 愛媛大学 総合情報メディアセンター マルチコアファイバを用いた56 Gbaud-PAM4伝送とC-WDMおよびLAN-WDMによる大容量化
別府翔平高橋英憲KDDI総合研究所)・権田智洋今村勝徳渡辺健吾杉崎隆一古河電工)・釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2017-78
近年,クラウドやモバイル通信の発展に伴いデータセンター内/間のトラフィックが急速に増加しており, 現行の100GbEを超... [more] OCS2017-78
pp.63-66
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2017-11-24
15:50
大阪 関西大学 梅田キャンパス 257-Tbit/s 弱結合10モード多重C+LバンドWDM伝送実験
相馬大樹別府翔平若山雄太KDDI総合研究所)・五十嵐浩司阪大)・釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2017-65
近年,伝送容量の拡大を目指して,Few-modeファイバ(FMF)を用いたモード分割多重技術(MDM)に関する検討が数多... [more] OCS2017-65
pp.79-83
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2016-11-11
11:10
長崎 長崎商工会議所 偏波多重16QAM/64QAM信号を用いた超高密度空間多重伝送に関する一検討
相馬大樹若山雄太別府翔平KDDI総合研究所)・五十嵐浩司阪大)・釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2016-63
ファイバ一芯あたりの伝送容量を拡大する方式として,マルチコアファイバ(MCF)やフューモードファイバ(FMF)を用いた空... [more] OCS2016-63
pp.49-53
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会