お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICD 2018-04-19
10:10
東京 機械振興会館 3D-TLC NAND型フラッシュメモリにおける水平エラー検出と垂直LDPC符号を用いた高信頼化手法
鈴木 峻出口慶明中村俊貴溝口恭史竹内 健中大ICD2018-1
NAND型フラッシュメモリ向けの高信頼化手法として Asymmetric Coding(AC)が提案されている.本研究で... [more] ICD2018-1
pp.1-6
SDM 2018-01-30
13:30
東京 機械振興会館 [招待講演]Vth Nearingによる3D-NAND型フラッシュメモリの垂直方向の電荷移動抑制技術
溝口恭史小滝翔平出口慶明竹内 健中大SDM2017-93
Near Data Computingでは, アプリケーションの一部を高速に処理するためにSSDコントローラー内に多くの... [more] SDM2017-93
pp.9-12
ICD, CPSY
(共催)
2016-12-15
15:30
東京 東京工業大学 [ポスター講演]TLC NAND型フラッシュメモリのデータ保持特性を利用した高信頼化手法
中村俊貴出口慶明竹内 健中大ICD2016-73 CPSY2016-79
NAND型フラッシュメモリは1つのメモリセルに対して複数のビットを記録することで大容量化を実現している。中でも1つのメモ... [more] ICD2016-73 CPSY2016-79
p.65
ICD, CPSY
(共催)
2016-12-15
15:30
東京 東京工業大学 [ポスター講演]TLC NAND型フラッシュメモリにおけるデータ保持エラーの低減
佐藤優一出口慶明小林惇朗竹内 健中大ICD2016-76 CPSY2016-82
NAND型フラッシュメモリは多値化や微細化により、1bit当たりのコストが低下している。しかし、一つのメモリセルに3bi... [more] ICD2016-76 CPSY2016-82
p.75
ICD, CPSY
(共催)
2015-12-17
16:00
京都 京都工芸繊維大学 [ポスター講演]TLC NAND型フラッシュメモリにおけるビットエラーの解析
出口慶明徳冨 司小林惇朗竹内 健中大ICD2015-75 CPSY2015-88
NAND型フラッシュメモリは1つのメモリセルに記録するビット数を増やすことで大容量化を実現している。中でも1つのメモリセ... [more] ICD2015-75 CPSY2015-88
p.49
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会