お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU 2020-12-17
10:15
ONLINE オンライン開催 実顔画像ドメインを経由したアニメ風話者頭部映像の合成
藤内 俊八馬 遼長谷川邦洋斎藤英雄慶大PRMU2020-39
アバターは,顔の動作や表情等の非言語情報を匿名性を保ちながら伝達するために,インターネットを介したコミュニケーションにお... [more] PRMU2020-39
pp.7-11
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-18
15:25
北海道 北海道大学 画像による物体検出を用いた飲食行動認識の検討
番原常公八馬 遼家永直人小篠裕子斎藤英雄慶大PRMU2016-169 CNR2016-36
本稿では,喫茶店環境下における人の飲食行動を認識する.人は
飲食を行う際,食器を用いることに着目し,食器の検出結果と人... [more]
PRMU2016-169 CNR2016-36
pp.95-98
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-19
09:30
北海道 北海道大学 超二次関数を用いたScore Level Fusionに基づく三次元一般物体認識
八馬 遼小篠裕子斎藤英雄慶大PRMU2016-175 CNR2016-42
本研究は,物体認識と物体把持のための形状取得を同時に行うことを目標とし,
超二次関数を用いた物体認識手法を提案する.
... [more]
PRMU2016-175 CNR2016-42
pp.131-136
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-09-06
11:45
富山 富山大学 SVMを用いた超二次関数モデル表現に基づく三次元物体認識
小篠裕子八馬 遼斎藤英雄慶大PRMU2016-82 IBISML2016-37
本稿では,距離画像に撮影される物体の一部から,その物体形状を表すパラ
メータを利用した物体認識手法について述べる.本手... [more]
PRMU2016-82 IBISML2016-37
pp.215-219
CNR 2015-12-18
10:00
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎 ロボットによる物体把持のための部分形状モデルを用いた物体認識
八馬 遼中山祐介齋藤俊太斎藤英雄慶大CNR2015-23
ロボットを用いて目的物体を移動させるためには,あらかじめ目的物体のモデルを保持し環境から
その物体の位置を認識する必要... [more]
CNR2015-23
pp.43-47
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会