お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, EMM
(共催)
2022-05-17
13:50
岐阜 岐阜大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
拡張可能なPolarization-Adjusted Convolutional符号とそのレートレス符号への応用
ヤチョンカ ワムア黒須礼尚旭 瑞歩八木秀樹石橋功至電通大IT2022-3 EMM2022-3
レートレス符号は,送信器が通信路状態情報を未知であっても,全ての情報ビットが正しく復号されるまで,パリティ検査ビットを逐... [more] IT2022-3 EMM2022-3
pp.13-18
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
11:10
ONLINE オンライン開催 BICMに適したポーラ符号におけるpolarization重みを用いた情報インデックス選択の検討
黒須礼尚ヤチョンカ ワムア八木秀樹電通大IT2021-86 ISEC2021-51 WBS2021-54 RCC2021-61
 [more] IT2021-86 ISEC2021-51 WBS2021-54 RCC2021-61
pp.19-24
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
11:35
ONLINE オンライン開催 組織型Polarization-Adjusted Convolutional符号を用いたHybrid-ARQ方式
旭 瑞歩ヤチョンカ ワムア八木秀樹電通大IT2021-87 ISEC2021-52 WBS2021-55 RCC2021-62
Arıkanにより提案されたポーラ符号は,対称通信路における通信路容量を低計算複雑度で達成できることが明らかにされている... [more] IT2021-87 ISEC2021-52 WBS2021-55 RCC2021-62
pp.25-30
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-05
14:45
ONLINE オンライン開催 マルコフ情報源に対する分類問題における最適な誤り指数の解析
倉又洋人八木秀樹川端 勉電通大IT2020-152 ISEC2020-82 WBS2020-71
テスト系列が観測されたときに, その系列が二つの情報源のどちらから生起したかを決定する分類問題を考える.このシステムでは... [more] IT2020-152 ISEC2020-82 WBS2020-71
pp.245-250
IT 2020-12-02
13:20
ONLINE オンライン開催 fダイバージェンスに基づくIntrinsic RandomnessレートのSmooth最小エントロピーによる表現
野村 亮早大)・八木秀樹電通大IT2020-37
 [more] IT2020-37
pp.73-78
IT 2020-12-03
10:10
ONLINE オンライン開催 局所的修復可能符号における誤り耐性を持つ局所復元
大岩元紀八木秀樹電通大IT2020-47
局所的修復可能(LRC)符号は符号語シンボルが消失した際,周辺の符号語シンボルを参照することで局所的に消失を復元すること... [more] IT2020-47
pp.129-133
IT 2020-07-16
10:55
ONLINE オンライン開催 一般化ハミング重みを用いたポーラ符号の送信ビット選択方法
旭 瑞歩ヤチョンカ ワムア八木秀樹電通大IT2020-11
Arıkan により提案されたポーラ符号は,対称通信路における通信路容量を低計算複雑度で達成できるこ
とが明らかにされ... [more]
IT2020-11
pp.1-6
IT 2018-09-05
09:20
岩手 清温荘 Locally Repairable符号の次元に関する上界式の改善
濱田寛也八木秀樹電通大IT2018-27
局所性$(r,delta)$を持つ符号は,locally repairable符号(LR符号)と呼ばれ,$delta-1... [more] IT2018-27
pp.1-6
IT 2018-07-19
15:55
奈良 やまと会議室 定常無記憶情報源に対する情報消失システムにおける最小コスト
天田成昭八木秀樹電通大IT2018-17
ストレージデバイスに保存された機密情報を含んだデータを消すために,そのデータを復元できないように無関係でランダムな系列を... [more] IT2018-17
pp.25-29
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-22
10:50
香川 サンポートホール高松 生体識別システムにおける圧縮・秘密・識別のレート組の容量域
ヤチョンカ ワムア八木秀樹電通大IT2017-60 SIP2017-68 RCS2017-274
 [more] IT2017-60 SIP2017-68 RCS2017-274
pp.31-36
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-23
10:30
香川 サンポートホール高松 レート分割法に基づく強干渉通信路に対する格子符号
吉岡佑起八木秀樹電通大IT2017-90 SIP2017-98 RCS2017-304
 [more] IT2017-90 SIP2017-98 RCS2017-304
pp.207-212
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-23
10:55
香川 サンポートホール高松 定常無記憶情報源に対するポーラ分極の簡潔な証明と非定常無記憶情報源への拡張
楊 玉明八木秀樹電通大IT2017-91 SIP2017-99 RCS2017-305
 [more] IT2017-91 SIP2017-99 RCS2017-305
pp.213-218
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-23
11:20
香川 サンポートホール高松 強安全性条件とコスト制約を課した双方向放送型通信路
稲葉顕則八木秀樹電通大IT2017-92 SIP2017-100 RCS2017-306
双方向に中継するノードを介して多対多の通信を行う通信路に双方向放送型通信路(BBC)がある.双方向に中継するノードを持つ... [more] IT2017-92 SIP2017-100 RCS2017-306
pp.219-224
IT 2017-09-08
10:50
山口 セントコア山口 微少な誤り確率を許容する可変長符号化における楽観的符号化定理
野村 亮専修大)・八木秀樹電通大IT2017-42
 [more] IT2017-42
pp.21-26
IT 2017-07-13
13:55
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス) 符号化多項式を用いた多重局所性を持つLocally Repairable符号の構成法
濱田寛也八木秀樹電通大IT2017-21
Locally repairable符号は消失した符号語シンボルを一部のシンボル集合から局所的に復元できる符号でありその... [more] IT2017-21
pp.27-32
IT 2017-07-14
10:25
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス) 秘匿メッセージを有する放送型通信路において強安全性を達成するポーラ符号の構成
藤田隆寛八木秀樹電通大IT2017-28
Arikanにより提案されたポーラ符号は,離散無記憶通信路における符号化レートの理論的限界を,低計算複雑度と低空間複雑度... [more] IT2017-28
pp.67-72
IT 2017-07-14
14:10
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス) Exponential Error Bounds for Block Codes Constructed by Unit Memory Trellis Codes
Shigeichi HirasawaWaseda Univ.)・Hideki YagiUEC)・Manabu KobayashiShonan Inst. of Tech.)・Masao KasaharaWaseda Univ.IT2017-33
 [more] IT2017-33
pp.97-102
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-10
12:10
東京 東海大学 高輪キャンパス 微少な誤り確率を許容する可変長符号化におけるオーバーフロー確率について
野村 亮専修大)・八木秀樹電通大IT2016-126 ISEC2016-116 WBS2016-102
可変長符号化において符号長が与えられたしきい値を超える確率はオーバーフロー確率と呼ばれ,従来オーバーフロー確率に関する種... [more] IT2016-126 ISEC2016-116 WBS2016-102
pp.173-178
IT 2016-09-02
14:35
佐賀 ニューハートピア Channel Resolvability over Single and Compound Channels
Hideki YagiUECIT2016-41
一様乱数を変換して与えられた通信路の出力分布を近似する際に,必要となる一様乱数のサイズのレート(resolvabilit... [more] IT2016-41
pp.41-46
IT 2016-07-28
11:40
福岡 福岡大学セミナーハウス 共通メッセージを有するガウス型放送通信路に対する格子符号
吉岡佑起八木秀樹電通大IT2016-23
2つのプライベートメッセージと1つの共通メッセージを有するガウス型放送通信路に対して,従来はランダム符号による通信路容量... [more] IT2016-23
pp.13-18
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会