お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 64件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2020-07-10
12:35
青森 青森県観光物産館 アスパム こんぷれ:組み立て遊びによる論理的思考力の訓練システムの提案
大井 翔立命館大)・並里翔平阪工大)・後藤壮史王寺小)・佐野睦夫阪工大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2020-03-14
10:50
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂 苦手行動の習慣化と認知トレーニングを併用した生活ナビゲーション支援システム
峰 祐佳近藤大也佐野睦夫阪工大)・大井 翔立命館大)・荒木英夫阪工大)・小山智美福添節代根塚 忍阪府障がい者自立センターWIT2019-54
高次脳機能障がい者の日常生活への復帰を目指したリハビリテーションを効率的に進めるには、片付けができない、予定をすぐに忘れ... [more] WIT2019-54
pp.85-90
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2020-03-14
11:15
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂 高次脳機能障害者支援のための調理時における動的な注意機能の評価に関する検討
大井 翔橋本和樹野間春生立命館大)・佐野睦夫阪工大WIT2019-55
 [more] WIT2019-55
pp.91-96
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 高齢者の自立支援を目的としたシェアダイニング環境の観測
西口敏司荒木英夫宮脇健三郎鈴木基之阪工大)・日下菜穂子上田信行同志社女子大)・成本 迅京都府立医科大)・佐野睦夫阪工大
高齢者の自立の支援を目的としたシェアダイニングが提案されている.シェアダイニングでは,高齢者の社会的な孤立を解消し,食を... [more]
ET 2019-11-09
09:50
広島 広島市立大学 組み立て遊びにおける論理的思考力の可視化システムの提案
並里翔平阪工大)・大井 翔立命館大)・後藤壮史王寺小)・佐野睦夫阪工大ET2019-47
 [more] ET2019-47
pp.1-4
ET 2019-11-09
15:15
広島 広島市立大学 行動心理と体験学習に基づくVR避難訓練システムの開発
菊池晶陽阪工大)・大井 翔立命館大)・後藤壮史王寺小)・佐野睦夫阪工大ET2019-54
 [more] ET2019-54
pp.39-42
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-17
15:15
東京 電気通信大学 一人称視点カメラを用いた生活行動ナビゲーションのための生活行動認識の検討
大井 翔立命館大)・兒島宏樹佐野睦夫阪工大BioX2018-44 PRMU2018-148
生活行動を活用したリハビリテーションは,高次脳機能障害者や認知症のリハビリテーションとして,効果も高く,日常生活に復帰す... [more] BioX2018-44 PRMU2018-148
pp.91-96
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-17
17:00
東京 電気通信大学 Mask-RCNNを用いた物体の重なり検出
梁 泳成佐野睦夫阪工大)・大井 翔立命館大
物体検出技術はロボットを用いた人支援サービスにおいて必要不
可欠な要素である。ユーザの日常生活や習慣により認識対象とな... [more]

PRMU, BioX
(共催)
2019-03-18
10:45
東京 電気通信大学 振り返り支援のための深層学習に基づく物体認識と手の移動軌跡に基づいた生活行動認識の検討
兒島宏樹阪工大)・大井 翔立命館大)・佐野睦夫阪工大BioX2018-51 PRMU2018-155
本研究室では高次脳機能障害者や高齢者に料理や掃除などの日常生活行動をベースとした認知リハビリテーション方式について研究を... [more] BioX2018-51 PRMU2018-155
pp.131-136
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-08
15:20
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) 深層学習を用いた一人称視点に基づく視覚障害者ナビゲーションシステムの検討
大北拓哉兒島宏樹阪工大)・大井 翔立命館大)・佐野睦夫阪工大WIT2018-69
日本における視覚障害者は31万人であると言われており,屋外歩行には盲導犬もしくは
白杖の使用が一般的である.しかし盲導... [more]
WIT2018-69
pp.51-56
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-10
16:15
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) 高齢者の日常行動の見守りと認知機能向上を目指した生活ナビゲーションアプリの開発とその評価
佐野睦夫山本未奈阪工大)・大井 翔立命館大)・兒島宏樹山本佳司並里翔平大北拓哉阪工大WIT2018-84
高齢者の日常生活ナビゲーションシステムの研究を進めている.本報告では,日常生活の中で,見守りを行いながら,認知機能をトレ... [more] WIT2018-84
pp.171-176
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2018-03-10
14:15
茨城 筑波技術大学 高次脳機能障害者のための生活行動ナビゲーション支援システムとその効果検証
佐野睦夫北野みのり横田和亮兒島宏樹大井 翔阪工大WIT2017-86
高次脳機能障害者のための社会復帰に向けた認知リハビリテーション支援システムを開発している. 本報告では,認知リハビリテー... [more] WIT2017-86
pp.169-174
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-09
09:30
沖縄 沖縄産業支援センター モチベーションを向上させるVR生活行動トレーニング構成法とリハビリテーションへの可能性
佐野睦夫田中耀介阪工大)・阿部能成中前 貴成本 迅京都府立医科大)・田渕 肇斎藤文恵梅田 聡慶大IMQ2017-46 IE2017-138 MVE2017-88
リハビリテーションを円滑に進めていくためには,成功体験に対する「褒める」などの報酬に基づく外発的動機付けが重要であり,我... [more] IMQ2017-46 IE2017-138 MVE2017-88
pp.117-121
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-09
10:50
沖縄 沖縄産業支援センター 和食の盛り付けにおけるコツの分析 ~ 煮物の具材の配置に着目して ~
伊藤有紀お茶の水女子大)・佐野睦夫阪工大)・香西みどりお茶の水女子大IMQ2017-49 IE2017-141 MVE2017-91
和食の定番の煮物である、筑前煮を好ましく盛り付けるためのコツを得る目的で、具材(さやいんげん)の配置に着目し、熟練者19... [more] IMQ2017-49 IE2017-141 MVE2017-91
pp.133-135
PRMU, CNR
(共催)
2018-02-20
11:45
和歌山 和歌山大学 認知リハビリテーションのための一人称視点映像を用いた掃除行動認識の検討
大井 翔兒島宏樹佐野睦夫阪工大PRMU2017-169 CNR2017-47
高次脳機能障害者の認知リハビリテーションとして,生活行動を活用したリハビリテーションは,日常生活に復帰するためにも重要で... [more] PRMU2017-169 CNR2017-47
pp.139-144
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2017-12-06
11:00
東京 産総研臨海副都心センター(東京) 仮想空間における掃除行動に着目した遂行機能評価システムの提案
三原顕仁大井 翔佐野睦夫阪工大)・田渕 肇斎藤文恵堀込俊郎梅田 聡慶大WIT2017-52
近年,高次脳機能障害者は全国で50万人を超えると推察されているが,リハビリテーションを行う医師や専門施設は不足している.... [more] WIT2017-52
pp.19-24
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-09-16
15:45
東京 東京大学 本郷キャンパス 深層学習を用いた調理行動認識の検討
大井 翔池ヶ谷 剛佐野睦夫阪工大PRMU2017-61 IBISML2017-33
我々は,認知障がい者の日常生活の自立を促すために,調理行動を始めとする生活行動をリハビリ対象として,在宅で認知リハビリテ... [more] PRMU2017-61 IBISML2017-33
pp.195-201
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-09-16
16:15
東京 東京大学 本郷キャンパス [ショートペーパー]日常生活行動認識のためのロバストな生活用具識別手法の検討
兒島宏樹大井 翔佐野睦夫阪工大PRMU2017-62 IBISML2017-34
我々は,障害者や高齢者の自立に向けて,生活行動に着目した認知リハビリテーション支援システムの研究を推進している.生活行動... [more] PRMU2017-62 IBISML2017-34
pp.203-204
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-21
15:00
愛知 名城大 DeepCNNに基づく日常生活における生活用具推定とトラッキングの基礎検討
兒島宏樹皆本 光池ヶ谷 剛大井 翔佐野睦夫阪工大BioX2016-69 PRMU2016-232
 [more] BioX2016-69 PRMU2016-232
pp.215-220
PRMU, BioX
(共催)
2017-03-21
16:50
愛知 名城大 [ショートペーパー]ウェアラブルセンサを用いた調理中の注意機能評価の検討
大井 翔佐野睦夫阪工大)・田渕 肇梅田 聡斉藤文恵堀込俊郎慶大BioX2016-76 PRMU2016-239
注意機能は,(i) 持続的(集中)注意,(ii) 選択的注意,(iii) 制御(転換)的注意,(iv) 配分的注意,(v... [more] BioX2016-76 PRMU2016-239
pp.255-258
 64件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会