電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP 2021-03-26
14:00
ONLINE オンライン開催 [チュートリアル講演]HAPS対応電波伝搬モデルの国際標準化状況
表 英毅田中翔馬木村 翔林 合祐佐藤彰弘ソフトバンクAP2020-140
超広域のカバーエリア、災害に強いネットワークなどを実現する新たな移動通信プラットフォームとして成層圏プラットフォーム(H... [more] AP2020-140
pp.48-53
AP, WPT
(併催)
2020-01-24
09:25
香川 サンポートホール高松 [依頼講演]HAPS通信における都市部高仰角クラッター損失の測定解析
佐藤彰弘木村 翔表 英毅ソフトバンクAP2019-166
超広域のカバーエリアや災害に強いネットワークを実現する新たな移動通信プラットフォームとして成層圏プラットフォーム(HAP... [more] AP2019-166
pp.87-92
IN, IA
(併催)
2019-12-20
10:10
広島 サテライトキャンパスひろしま ドメインにおける単語の共起関係に着目した辞書に基づくDGAボットの検出
佐藤彰洋福田 豊和田数字郎中村 豊九工大IA2019-55
 [more] IA2019-55
pp.39-44
AP 2019-10-18
12:35
大阪 大阪大学 移動体通信における移動局側垂直面電波到来角特性の測定解析
木村 翔表 英毅緒方大悟佐藤彰弘ソフトバンクAP2019-101
移動体通信においてアダプティブアレイアンテナやMIMO等の空間処理アルゴリズムを精度良く評価するためには,電波伝搬損失,... [more] AP2019-101
pp.113-118
AP, SANE, SAT
(併催)
2019-07-17
14:35
宮城 東北大学 [依頼講演]低基地局における基地局側垂直面電波到来角度特性の測定解析
佐藤彰弘表 英毅ソフトバンクAP2019-27
移動体通信においてアダプティブアレイアンテナやMIMO等の空間処理アルゴリズムを精度良く評価するためには,電波伝搬損失,... [more] AP2019-27
pp.33-38
IA, IN
(併催)
2018-12-13
15:35
広島 広島大学 東千田未来創生センター ブラックリストにより検出された悪性DNSクエリの分類
佐藤彰洋中村 豊小倉光貴野林大起池永全志九工大IA2018-42
マルウェアはインターネットにおける重大な脅威のひとつである.ネットワーク内の感染端末を検出するためには,ブラックリストを... [more] IA2018-42
pp.17-22
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) AI技術による保育園1-2歳児の社会行動自動測定の試み ~ 保育者へのアタッチメント的近接行動,他児への攻撃,共感,向社会的行動 ~
西田季里東大CEDEP)・市川慎一郎佐藤彰矩中野智弘馬場 健林 伸樹トヨタ自動車)・野澤祥子東大CEDEP)・小山悠里遠藤利彦東大
保育園での我が子の育ちの瞬間を効率的に見ることができたら…というのは保育園に通う多くの乳幼児を持つ親の願いであり,また,... [more]
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2017-03-03
15:15
沖縄 カルチャーリゾート フェストーネ (沖縄県宜野湾市) ドメイン生成型ボットネットの分析と検出
佐藤彰洋中村 豊野林大起池永全志九工大SITE2016-69 IA2016-99
 [more] SITE2016-69 IA2016-99
pp.47-50
IA 2016-10-14
14:50
東京 東京大学 小柴ホール DNS通信解析に基づくドメイン生成型ボットネットの検出
佐藤彰洋中村 豊野林大起池永全志九工大IA2016-24
 [more] IA2016-24
pp.13-16
ICM, LOIS
(共催)
2015-01-16
13:20
福岡 関門海峡&門司港レトロ 旧大連航路上屋 情報セキュリティマネジメントシステムにおけるスローポリシー導入に関する検討
畑 健一郎佐藤 彰米田翔一谷本茂明千葉工大)・佐藤周行東大)・金井 敦法政大ICM2014-48 LOIS2014-55
近年,インターネットが社会基盤として重要な位置づけとなるにつれ,サイバー犯罪の脅威もより大きなものとなってきている.それ... [more] ICM2014-48 LOIS2014-55
pp.91-96
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2013-03-15
10:00
奈良 東大寺総合文化センター SSHにおけるユーザ認証方式の識別
佐藤彰洋中村 豊池永全志九工大SITE2012-61 IA2012-99
SSH総当り攻撃への対策は,管理者にとって急務である.従来,総当り攻撃の検出には,その通信が短時間に接続と切断を繰り返す... [more] SITE2012-61 IA2012-99
pp.151-156
NLP 2013-03-15
16:50
千葉 千葉大学 西千葉キャンパス カオス写像に基づくq-Gauss乱数生成法の提案
梅野 健・○佐藤彰洋京大NLP2012-176
本稿では$-\infty < q < 3$の範囲で標準$q$-ガウス乱数を生成する疑似乱数
発生アルゴリズムを提案する... [more]
NLP2012-176
pp.171-176
EMCJ 2013-01-10
10:05
長崎 長崎大学 中間周波数帯用磁界測定システムの空間分解能の向上
佐藤彰訓青学大)・藤井勝巳和氣加奈子渡辺聡一松本 泰NICT)・橋本 修青学大EMCJ2012-102
NICT で開発した中間周波数帯用の磁界測定システムは,磁界センサが複数個並んだ構造であり,度に広い空間の磁界分布の測定... [more] EMCJ2012-102
pp.1-6
IN, NS, CS
(併催)
2012-09-20
09:50
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館 上位ルータで観測されたフローの特徴に基づくDoS攻撃の被害推定手法の提案
伊豆博聡東北大)・佐藤彰洋九工大)・笹井一人高橋秀幸北形 元木下哲男東北大IN2012-51
 [more] IN2012-51
pp.13-16
IN, IA
(併催)
2011-12-16
15:10
広島 広島市立大学 フローの特徴に基づくSSH総当り攻撃の検出手法
佐藤彰洋中村 豊池永全志九工大IN2011-119
SSH総当り攻撃による被害は深刻さを増していることから,管理者にとって,その攻撃への対策は急務である.従来,管理者は,ア... [more] IN2011-119
pp.73-78
SANE 2011-01-28
10:40
長崎 長崎県美術館 拡張型体積散乱モデルを用いたモデルベースターゲット分類に関する検討
佐藤彰展山口芳雄山田寛喜新潟大SANE2010-149
POLSAR画像解析では,ターゲットの詳細な散乱特性を活かし,ターゲット分類・検出が行われている.代表的なターゲット分類... [more] SANE2010-149
pp.65-70
NS, CS, IN
(併催)
2010-09-02
10:25
宮城 東北大学 知識型ネットワーク情報監視・分析手法の提案
有馬 亮佐藤彰洋笹井一人北形 元木下哲男東北大IN2010-47
 [more] IN2010-47
pp.21-24
ET 2009-12-11
14:30
沖縄 琉球大 学習の流れに合わせて設問を自動生成するCAIシステム
橋立真理恵上之薗和宏佐藤彰紀古宮誠一芝浦工大ET2009-59
著者らは,学習者の不得意分野をシステムが自動的に同定することにより,学習者に不得意分野を中心に学ばせるようなCAIシステ... [more] ET2009-59
pp.49-54
ET 2009-12-11
14:55
沖縄 琉球大 設問の難易度を導入し学習者の不得意分野を客観的に同定するCAIシステム
佐藤彰紀上之薗和宏橋立真理恵古宮誠一芝浦工大ET2009-60
著者らは,学習者の不得意分野をシステムが自動的に同定することにより,学習者が不得意分野だけを学べばよいようなCAIシステ... [more] ET2009-60
pp.55-60
SANE 2009-11-02
14:35
海外 復旦大学(中国・上海) ALOS-PALSAR Quad-Pol. Image Analysis by Four-component Scattering Power Decomposition
Yoshio YamaguchiAkinobu SatoRyoichi SatoHiroyoshi YamadaNiigata Univ.SANE2009-93
 [more] SANE2009-93
pp.63-67
 31件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会