お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SeMI, IPSJ-ITS, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS
(併催)
2020-06-18
13:50
ONLINE   分散サーバ間の移動体による非同期通信を用いた災害時情報共有システム
大和田泰伯NICT)・前野 誉STE)・加藤新良太静岡大)・佐藤剛至天間克宏NICT)・髙井峰生阪大)・久利敏明NICT)・石原 進静岡大
 [more]
NS, RCS
(併催)
2019-12-19
09:40
徳島 徳島大学 工業会館 [奨励講演]クラウドセンシングとV2X技術に基づく新世代広域道路状況共有プラットフォーム
佐藤剛至NICT)・柴田義孝岩手県立大)・内田法彦福岡工大NS2019-135
NICTではこれまで,既存の携帯網などの通信インフラが途絶・輻輳等により利用できない状況や中山間地域の電波状況が依然とし... [more] NS2019-135
pp.7-11
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]FILSとDTNを用いた通信途絶領域内における災害保健医療情報伝達訓練
大和田泰伯佐藤剛至天間克宏久利敏明NICT)・前野 誉STE)・加藤新良太石原 進静岡大)・高井峰生阪大
南海トラフ地震などの大規模災害時において,既存通信システムが障害等により途絶することが予測されている.このような状況下に... [more]
SR 2019-05-30
14:55
東京 東京ビッグサイト [依頼講演]プライベートLoRaを活用した緊急車両位置管理システムの実証実験
大和田泰伯佐藤剛至天間克宏久利敏明井上真杉NICTSR2019-6
 [more] SR2019-6
pp.37-41
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-07
09:25
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク N波長無線通信技術による路車間通信システムの研究
佐藤剛至NICT)・柴田義孝岩手県立大)・内田法彦福岡工大RCS2018-303
近隣のノードと路車間通信によりセンサ情報などを交換・共有するため,新たにN種の波長の異なる無線を統合してN波長コグニティ... [more] RCS2018-303
pp.119-122
IN, NS
(併催)
2019-03-05
14:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター LoRaフラッディング技術を活用した路車間通信システムの開発と検証
佐藤剛至NICT)・柴田義孝岩手県立大)・内田法彦福岡工大NS2018-282
LoRa自営網はその特徴により様々な場面で様々な用途で使用され始めているが,LoRa規格及び電波法上にはキャリアセンス時... [more] NS2018-282
pp.511-514
ASN 2019-01-29
09:25
鹿児島 休暇村 指宿 自営LTEを用いた災害時緊急車両通信システムの実証実験
大和田泰伯佐藤剛至天間克宏久利敏明熊谷 博井上真杉NICTASN2018-86
 [more] ASN2018-86
pp.41-46
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-11
11:45
北海道 函館アリーナ LoRaによる車両位置情報共有システム
大和田泰伯佐藤剛至天間克宏久利敏明井上真杉NICTRCC2018-28 NS2018-40 RCS2018-85 SR2018-24 ASN2018-21
大規模災害時における災害時医療現場において,既存の携帯網などの通信インフラが途絶・輻輳等により利用できない状況を想定し,... [more] RCC2018-28 NS2018-40 RCS2018-85 SR2018-24 ASN2018-21
pp.19-24(RCC), pp.19-24(NS), pp.31-36(RCS), pp.19-24(SR), pp.31-36(ASN)
ICM 2018-07-05
14:30
青森 青森県観光物産館アスパム [招待講演]耐災害自営網システムの運用事例
大和田泰伯井上真杉佐藤剛至NICTICM2018-14
 [more] ICM2018-14
pp.19-24
ASN
(第二種研究会)
2017-11-30
14:10
海外 Eastparc Hotel(ジョグジャカルタ) ASEAN地域における耐災害ネットワークを用いた共同プロジェクトの紹介
大和田泰伯佐藤剛至井上真杉NICT
(事前公開アブストラクト)  [more]
ICTSSL, IN
(併催)
2017-10-11
11:20
静岡 静岡県 地震防災センター「ないふるホール」 津波避難シミュレーションを用いた追従性心理の検証
玉井拓之山﨑達也新潟大)・大和田泰伯佐藤剛至NICTICTSSL2017-34
地域ごとの防災対策を検討する上では,避難訓練などを通じて実際の災害時の行動を模擬することが有効である一方,都市部における... [more] ICTSSL2017-34
pp.29-34
NS, ASN, RCC, RCS, SR
(併催)
2017-07-20
09:40
北海道 北海道大学 組込みPCを用いたIoT向けNerveNetの試作
大和田泰伯井上真杉天間克宏佐藤剛至NICTASN2017-25
 [more] ASN2017-25
pp.71-75
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2016-05-19
09:35
沖縄 沖縄産業支援センター ビジネスパーソンの学習成果に影響を与える要因についての探索的研究
佐藤 剛グロービス経営大HCS2016-10 HIP2016-10
ビジネスパーソンの集合研修をアセスメントすることによって、学習成果に影響を与える要因についての知見を得た。それは自己効力... [more] HCS2016-10 HIP2016-10
pp.51-56
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-03
13:45
長崎 長崎県勤労福祉会館 ARMアーキテクチャ向け命令サイクルの高速・高精度見積もり
佐藤 剛安藤友樹高田広章本田晋也松原 豊名大VLD2015-73 DC2015-69
本論文では, ARMアーキテクチャにおけるアプリケーション実行時間を高速かつ高精度に予測する手法について述べる.
組... [more]
VLD2015-73 DC2015-69
pp.231-236
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2014-05-29
16:35
沖縄 沖縄産業支援センター リーダーシップの創発プロセス:特異行動の受容の視点から
佐藤 剛グロービス経営大HCS2014-14 HIP2014-14
3.11の震災対応の際に交わされたA社の社内メールを基礎データとして、危機対応のためにリーダーシップがどのように生まれ発... [more] HCS2014-14 HIP2014-14
pp.113-118
HIP, HCS
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2013-05-31
09:55
沖縄 沖縄産業支援センター 組織の危機対応における電子メール活用の可能性 ~ A社の東日本大震災の対応から ~
佐藤 剛浜屋祐子グロービス経営大HCS2013-16 HIP2013-16
東大日本大震災の初期段階で、電子メールを活用することで危機を乗り越えた企業の事例を通して、やり取りされた電子メールをテキ... [more] HCS2013-16 HIP2013-16
pp.113-118
HCS 2013-01-24
12:25
高知 高知市文化プラザ かるぽーと 非常時における組織マネジメントの要件 ~ プラス社の東日本大震災の対応から ~
佐藤 剛竹内秀太郎林 恭子林 浩平浜屋祐子グロービス大HCS2012-54
日本大震災において物流システムが寸断されたプラス社がどのように対応した
かを、当時のメール記録と関係者へのインタビュー... [more]
HCS2012-54
pp.1-6
MBE, NC
(併催)
2010-11-18
13:55
宮城 東北大学 パケットペイロード長の発生確率に基づいたネットワークアプリケーション識別
和泉勇治佐藤 剛田中和之東北大NC2010-53
 [more] NC2010-53
pp.7-12
IA 2010-08-06
14:25
東京 IIJ 神保町三井ビル ペイロード長遷移パターンの順序性評価によるネットワークアプリケーション識別
佐藤 剛和泉勇治田中和之東北大IA2010-23
近年,不適切なアプリケーションのネットワークでの利用による情報漏洩などの問題が生じている.その対策としてネットワークを流... [more] IA2010-23
pp.41-46
TL 2009-02-06
10:30
東京 機械振興会館 メタファーをメタファーとして自覚することの重要性 ~ シャノンとウィバーのコミュニケーション・モデルを例として ~
佐藤 剛グロービス経営大TL2008-51
本来、通信のモデルであるシャノンとウィバーーのコミュニケーション・モデルが社会科学の分野では、人間のコミュニケーションを... [more] TL2008-51
pp.5-10
 21件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会