お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, SP, SIP
(共催)
US, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2021-03-03
14:05
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]大規模言語モデルによる未観測文の生成機構を持つEnd-to-Endインクリメンタル音声合成
佐伯高明高道慎之介猿渡 洋東大EA2020-74 SIP2020-105 SP2020-39
テキスト音声合成 (text-to-speech: TTS) は,テキスト情報から人間の発話音声を人工的に合成する技術で... [more] EA2020-74 SIP2020-105 SP2020-39
pp.85-90
SR, AN, USN
(併催)
2009-10-23
09:50
宮城 東北大学 非対称トラヒックを仮定した双方向協力中継における最適中継局位置の検討
佐伯高明山本高至村田英一吉田 進京大SR2009-60 AN2009-30 USN2009-33
1組の通信組及び1局の中継局からなる最も基本的な協力中継を想定し,非対称トラヒック時の最適な中継局位置について検討されて... [more] SR2009-60 AN2009-30 USN2009-33
pp.59-63(SR), pp.51-55(AN), pp.33-37(USN)
SR, RCS, USN, AN
(併催)
2008-10-24
14:55
沖縄 沖縄産業支援センター 半二重協力中継における非対称性に着目した送信方向切り替え方式の検討
佐伯高明京大)・山本高至王立工科大/京大)・村田英一吉田 進京大RCS2008-125
単純な協力中継では,発呼局及び中継局が送信する信号を宛先局が合成することにより,空間ダイバーシチ効果を得る.双方向中継通... [more] RCS2008-125
pp.135-140
RCS, AN, MoNA, SR, WBS
(併催)
2008-03-06
10:00
神奈川 YRP 協力中継システムにおいてナッシュ交渉解を用いる中継局割当方式の検討
佐伯高明手島邦彦山本高至村田英一吉田 進京大)・浅井孝浩サギャムウォン ジャトゥロンNTTドコモRCS2007-213
協力中継とは中継局の利用によりマルチホップ伝送時に空間ダイバーシチ利得及び空間多重効果を得る技術である.
協力中継では... [more]
RCS2007-213
pp.163-168
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会