お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MW, AP
(併催)
2021-09-09
14:00
高知 高知県立県民文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
2周波共用基地局アンテナ用周波数分散性移相器の整合回路設計
相馬敏樹長 敬三千葉工大)・道下尚文防衛大)・佐々木隆吉佐藤啓介大島一郎電気興業)・中林寛暁千葉工大
 [more]
AP
(第二種研究会)

海外 Hotel Istana, Kuala Lumpur Phase Variation Analysis of Leaky Wave Antenna Composed of CRLH Transmission Line Using Equivalent Circuit
Kazuki TeradaKeizo ChoHiroaki NakabayashiCIT)・Naobumi MichishitaNDA)・Takayoshi SasakiKeisuke SatoIchiro OshimaDKK
CRLH伝送線路で構成された漏れ波アンテナが提案されている。 このアンテナは,周波数の変化によりメインビームの方向が変わ... [more]
AP 2019-02-22
14:25
大阪 住友電工(大阪製作所) [依頼講演]グランド付きコプレーナ線路によるCRLH偏波共用・2周波漏れ波セクタアンテナ
佐々木隆吉佐藤啓介大島一郎電気興業)・道下尚文防衛大)・長 敬三千葉工大AP2018-183
筆者らはこれまでに,グランド付きコプレーナ線路による左手系漏れ波セクタアンテナを開発している.本報告では,動作帯域拡大に... [more] AP2018-183
pp.77-82
AP 2018-02-15
13:35
東京 構造計画研究所 [依頼講演]5GHz帯屋外実環境における偏波合成型左手系漏れ波オムニアンテナの性能評価
宍戸洸太大島一郎佐々木隆吉佐藤啓介電気興業)・西森健太郎新潟大AP2017-176
近年の無線通信のトラフィック増大に伴い,スモールセルが利用されている.スモールセル用のアンテナとして細径な偏波合成型左手... [more] AP2017-176
pp.1-5
AP, WPT
(併催)
2018-01-18
11:05
奈良 ATR [依頼講演]レクテナの受電効率改善
森永崇太佐々木隆吉木本 颯電気興業WPT2017-56
 [more] WPT2017-56
pp.5-10
AP 2017-08-25
13:20
北海道 函館工業高等専門学校 Grounded Coplanar線路を用いた偏波共用左手系漏れ波アンテナ
佐々木隆吉佐藤啓介大島一郎電気興業)・道下尚文防衛大)・長 敬三千葉工大AP2017-85
本報告では,LTE-Advancedなどの移動通信向けのスモールセル用アンテナとして,Grounded Coplanar... [more] AP2017-85
pp.93-98
AP
(第二種研究会)
2016-02-29
15:25
海外 Telecommunications University, Nha Trang 折り返しループ状無給電素子装荷反射板付ダイポールアンテナの試作評価
佐々木隆吉長 敬三千葉工大)・吉原龍彦井原泰介NTTドコモ
It has been reported that loading the Loop-shaped Parasitic ... [more]
AP, RCS, WPT, SAT
(併催)
2015-11-05
15:00
沖縄 沖縄県立博物館・美術館 ループ状無給電素子装荷反射板付ダイポールアンテナのループ状素子折り返しによる効果
佐々木隆吉長 敬三千葉工大)・井原泰介吉原龍彦NTTドコモAP2015-140
反射板付きダイポールアンテナにループ状無給電素子を装荷することによって,動作帯域の拡大を図ることが可能であることが報告さ... [more] AP2015-140
pp.173-178
AP 2015-01-23
13:55
愛媛 愛媛大 ループ状無給電素子による反射板付きダイポールアンテナの広帯域化
佐々木隆吉長 敬三千葉工大)・井原泰介吉原龍彦NTTドコモAP2014-181
 [more] AP2014-181
pp.115-120
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会