電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1〜16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2018-03-13
15:15
宮城 東北大学電気通信研究所 本館(片平キャンパス内) ペン把持力のセンシングによる理解状況推定
山下真由伊藤雄一阪大)・高嶋和毅東北大)・尾上孝雄阪大
一般的な教育現場では,教師が生徒の理解状況を把握するためにテストを実施したりするが,ケアレスミスや偶然の正答が含まれるた... [more] HCS2017-101
pp.47-52
HCS 2017-03-15
13:00
宮城 東北大学片平キャンパス 着座者の重心・重量取得のための椅子用キャスター型デバイスの検討
増山昌樹伊藤雄一阪大)・福島浩介イトーキ)・尾上孝雄阪大
オフィスワーク中の労働者の状態を認識し,適切な支援を提供することが,オフィスワークにおけるストレス問題の解決のために必要... [more] HCS2016-107
pp.95-100
HCS 2017-03-16
14:55
宮城 東北大学片平キャンパス コミュニケーション・トレーニングが集団討論場面に与える影響 ~ 即興劇(インプロ)の有無の比較を通して ~
月田有香Cheers)・高嶋和毅東北大)・横山ひとみ東京農工大)・市野順子香川大)・伊藤雄一阪大)・大坊郁夫東京未来大)・北村喜文東北大
 [more] HCS2016-115
pp.143-148
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 演奏者の重心移動を用いた演奏連携度と演奏に対する評価
藤原 健阪経済大)・伊藤雄一續 毅海阪大)・高嶋和毅東北大)・尾上孝雄阪大
本研究は,演奏者の重心・重量を用いて演奏者間の演奏連携度を評価することを目的とする.具体的には,我々がこれまで検討を進め... [more]
HCS 2014-08-23
13:30
京都 立命館大学朱雀キャンパス 着座時揺動による会話者の行動の同期性検出に関する検討
宮崎陽平伊藤雄一阪大)・藤原 健阪経済大)・高嶋和毅東北大)・尾上孝雄阪大
 [more] HCS2014-53
pp.57-62
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2014-05-29
13:55
沖縄 沖縄産業支援センター 即興劇(インプロ)によるコミュニケーショントレーニングが集団討論場面に与える影響
月田有香Nuemia)・高嶋和毅東北大)・横山ひとみ東京農工大)・市野順子電通大)・伊藤雄一阪大)・北村喜文東北大)・大坊郁夫東京未来大
コミュニケーションスキルトレーニングとして脚光を浴びつつあるインプロが集団討論の場面に与える効果を検証する.インプロ前後... [more] HCS2014-25 HIP2014-25
pp.193-198
CS, CAS, SIP
(共催)
2014-03-07
09:55
大阪 大阪市立大学 学術情報総合センター ノード間距離情報に基づいた逐次的3次元ノード位置推定手法の検討
鵜川翔平信田龍哉伊藤雄一橋本昌宜尾上孝雄阪大
我々は3次元形状の直感的モデリングにむけて,粘土内に大量の微小センサノードを埋め込んだリアルタイム形状認識システムの実現... [more] CAS2013-124 SIP2013-170 CS2013-137
pp.199-204
HCS 2013-03-05
09:30
静岡 ホテルウェルシーズン浜名湖 大規模ツイートデータを利用したうつ傾向の推定に関する検討
津川 翔阪大)・茂木佑希子菊地佑介岸野文郎関西学院大)・藤田和之伊藤雄一大崎博之阪大
本稿では、ソーシャルメディアにおけるユーザの活動履歴からうつ傾向を推定する手法の実現を目指し、代表的なソーシャルメディア... [more] HCS2012-89
pp.61-66
HCS 2012-08-18
15:50
滋賀 立命館大学びわこ・草津キャンパス 6人会話における非言語情報と場の活性度に関する検討
高嶋和毅東北大)・藤田和之阪大)・横山ひとみ東北大)・伊藤雄一阪大)・北村喜文東北大
 [more] HCS2012-41
pp.49-54
MVE, ITE-HI
(共催)
2009-06-08
16:50
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー アソブレラ:傘軸の振動を記録・再生するシステムの検討
吉田 愛伊藤雄一尾崎麻耶菊川哲也深澤 遼藤田和之北村喜文岸野文郎阪大
雨は時間や場所に依存してさまざまな様相を呈し,独特の印象を人に与える.そこで,雨を情報として他者と共有することができれば... [more] MVE2009-12
pp.65-68
MVE, ITE-HI
(共催)
2009-06-08
17:20
東京 東京大学 弥生講堂アネックス セイホクギャラリー マジックテープを用いた紙状物体の引き裂き抵抗再現装置
高本恵介伊藤雄一前川拓也玉田清貴前田貴司岸野文郎阪大
紙をやぶるという行為は日常生活において誰もが体験したことのある行為である.場合によってはこれを楽しんだり,ストレスを解消... [more] MVE2009-13
pp.69-72
ICD 2009-04-13
14:30
宮城 大観荘(宮城県松島町) [招待講演]MRAMの技術動向、今後の展開、32MbMRAM開発
杉林直彦根橋竜介崎村 昇本庄弘明斉藤信作NEC)・伊藤雄一NECエレクトロニクス)・三浦貞彦加藤有光森 馨NEC)・尾崎康亮小林洋介NECエレクトロニクス)・大嶋則和木下啓藏鈴木哲広永原聖万NEC
 [more] ICD2009-3
pp.13-17
ICD 2008-04-17
13:05
東京 機械振興会館 [招待講演]コンシューマエレクトロニクス向け混載DRAM技術
白井浩樹石川亮佑伊藤雄一北村卓也竹内麻美佐甲 隆井上 顕川崎 澄勝木信幸星崎博之桑原愼一夏目秀隆坂尾眞人谷川高穂NECエレクトロニクス
コンシューマエレクトロニクス向け混載DRAM デバイス技術について報告する。我々は150nm 世代より低消費電力かつ高速... [more] ICD2008-4
pp.19-24
HIP 2007-12-06
- 2007-12-07
宮城 東北大学電気通信研究所 利用者とディスプレイの位置関係を考慮したパースペクティブ表示の評価
山口徳郎阪大)・ミゲル ナセンタUniv. of Saskatchewan)・櫻井智史伊藤雄一北村喜文阪大)・スリラム サブラマニアンPhilips Research)・カール ガトウィンUniv. of Saskatchewan)・岸野文郎阪大
オフィスや会議室などの壁面や机上に置かれた複数のディスプレイを同時に用いて作業をしたり,複数の人で議論や協調作業をしたり... [more] HIP2007-146
pp.97-102
MVE 2005-03-24
14:30
大阪 大阪大学(豊中) VRアプリケーション構築のためのC++テンプレートライブラリの実装
高橋大輔北村喜文伊藤雄一岸野文郎阪大
バーチャルリアリティの技術を応用したアプリケーションや仮想環境を構築するためのライブラリを実装した.本ライブラリは,高い... [more] MVE2004-71
pp.13-18
MVE 2005-03-24
15:00
大阪 大阪大学(豊中) 均一な点群を用いたボクセルによる3次元形状モデル検索
市田浩靖伊藤雄一北村喜文岸野文郎阪大
 [more] MVE2004-72
pp.19-23
 16件中 1〜16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会