お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MBE, NC
(併催)
2012-03-15
16:40
東京 玉川大学 [招待講演]随意運動における予測適応機能
伊藤宏司立命館大MBE2011-134 NC2011-173
 [more] MBE2011-134 NC2011-173
pp.145-150(MBE), pp.305-310(NC)
MBE, NC
(併催)
2012-03-14
16:25
東京 玉川大学 視覚・体性感覚刺激と運動意図が事象関連脱同期に与える影響
高田洋平佐伯 碧東京農工大)・井澤 淳ATR)・武田湖太郎ATR/村山医療センター)・大高洋平ATR/東京湾岸リハビリテーション病院/慶大)・伊藤宏司立命館大)・近藤敏之東京農工大MBE2011-121
脳卒中片麻痺患者の運動リハビリテーションでは,自発的な運動意図に同期した体性感覚をフィードバックすることが脳の神経可塑性... [more] MBE2011-121
pp.71-76
MBE, NC
(併催)
2012-03-15
16:40
東京 玉川大学 [招待講演]随意運動における予測適応機能
伊藤宏司立命館大
 [more]
NC, MBE
(併催)
2009-03-12
10:00
東京 玉川大学 脳波(EEG)・電気刺激(FES)によるリハビリテーションシステムについての基礎的研究
高橋 光郷古 学伊藤宏司東工大MBE2008-106
本研究では脳卒中の機能回復を運動学習の側面で捉え,脳波(EEG) と機能的電気刺激(FES) を組み合わせた随意性の高い... [more] MBE2008-106
pp.63-67
NC, MBE
(併催)
2009-03-12
10:25
東京 玉川大学 力場環境下における最適制御を用いた腕インピーダンスの調節機構
登美直樹郷古 学伊藤宏司東工大NC2008-139
対象物操作や道具操作など,外力が加わる環境下で腕運動を行う際には,人間の中枢神経系は,内部モデルによる制御と腕インピーダ... [more] NC2008-139
pp.213-218
NC 2008-07-15
13:35
京都 京都大学 機能的電気刺激(FES)による感覚情報の事象関連非同期(ERD)への影響
高橋 光郷古 学伊藤宏司東工大NC2008-33
 [more] NC2008-33
pp.7-12
NC 2007-03-15
11:00
東京 玉川大学 左右指運動中の腕姿勢に依存した運動の協調性
櫻田 武東工大)・五味裕章NTT)・井澤 淳NTT/Johns Hopkins Univ.)・伊藤宏司東工大
日常生活における運動では,両手や両指を協調させて行う場合が多い.左右両側の体部位を用いた運動は,それぞれの制御器である脳... [more] NC2006-157
pp.25-30
NC 2007-03-15
15:50
東京 玉川大学 複数環境下における内部モデルの時空間的分離
登美直樹郷古 学伊藤宏司東工大)・近藤敏之東京農工大
脳が環境の動特性を同定する際に,複雑な動特性から単純な動特性を分離して同定することができれば,得られたモデルを他のタスク... [more] NC2006-168
pp.89-94
MBE 2006-01-27
16:35
熊本 熊本大学黒髪南キャンパス 動作の立ち上がり時に着目した非定常EMGによる筋電義手制御
塚本昌克近藤敏之伊藤宏司東工大
パターン識別を用いた筋電義手は,高い動作識別精度を実現しているが,EMGは実際の運動より100msec程早く観測されるの... [more] MBE2005-117
pp.41-44
MBE 2005-03-30
11:15
東京 玉川大学 超音波モータを用いたMRI対応マニピュランダムの開発
清水崇広東工大)・井澤 淳NTT/学振)・遠山茂樹東京農工大)・伊藤宏司東工大
近年,高齢化に伴う運動機能障害に対する診断・訓練や神経科学分野における運動適応・学習メカニズム解析などから,運動中の脳活... [more] MBE2004-128
pp.21-24
MBE 2005-03-30
11:40
東京 玉川大学 筋疲労を考慮したFES制御法に関する研究
塩山高広近藤敏之伊藤宏司東工大
FESは不随意筋を電気パルスで刺激し運動機能の再建を図るもので,これまで主に脊髄損傷患者を対象としてきた.本研究は,急性... [more] MBE2004-129
pp.25-28
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会