お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 67件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE 2019-08-29
14:25
愛知 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー グループディスカッション評価のための360度カメラを用いた注視状況推定手法の検討
谷川 遼井垣 宏阪工大MVE2019-9
プロジェクト学習やワークショップにおけるディベートといった,複数の学生が協調し,目的を達成することでコミュニケーション能... [more] MVE2019-9
pp.25-30
SS 2019-03-05
16:50
沖縄 沖縄産業支援センター プログラミング的思考力の育成を目的とした対戦型色塗りゲームの検討と開発
古謝翔士井垣 宏阪工大SS2018-83
小学校におけるプログラミング教育の必修化に伴い,プログラミング的思考力の育成を目的とした様々な知育ゲームが開発されている... [more] SS2018-83
pp.187-192
KBSE, SC
(共催)
2018-11-10
09:30
兵庫 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 サーバ管理演習におけるサーバ状況確認履歴可視化手法の検討
西村一輝井垣 宏阪工大KBSE2018-36 SC2018-31
 [more] KBSE2018-36 SC2018-31
pp.47-52
SS, MSS
(共催)
2018-01-19
13:35
広島 広島市立大学サテライトキャンパス 版管理システム利用時のソフトウェア開発フロー遵守状況可視化手法の検討
井上拓海小島遥一郎阪工大)・藤原賢二豊田高専)・井垣 宏阪工大MSS2017-68 SS2017-55
ソフトウェア開発において,版管理システムをチームでどのように利用するかは非常に重要な課題である.特にGit のようなブラ... [more] MSS2017-68 SS2017-55
pp.121-126
SS, MSS
(共催)
2018-01-19
16:35
広島 広島市立大学サテライトキャンパス サーバ管理演習のためのユーザー行動履歴収集システムの検討
西村一輝井垣 宏阪工大MSS2017-74 SS2017-61
クラウドコンピューティング技術が普及しつつある昨今において,人材育成を目的としたサーバ管理を伴う演習が様々な教育機関で実... [more] MSS2017-74 SS2017-61
pp.155-160
DC, SS
(共催)
2015-10-14
09:30
奈良 東大寺総合文化センター ソフトウェア開発実習におけるビルドログを対象とした初学者の特徴的な振る舞いの調査
川島尚己藤原賢二奈良先端大)・井垣 宏阪工大)・吉田則裕名大)・飯田 元奈良先端大SS2015-40 DC2015-30
ソフトウェア開発においてビルドプロセスは重要な工程の一つである.
しかし,学生の演習においてはビルドプロセスまで細かく... [more]
SS2015-40 DC2015-30
pp.29-34
SS 2015-03-09
15:20
沖縄 沖縄県青年会館 複数のプロジェクトを対象としたクローンの系譜にもとづくソースコード再利用分析手法の提案
森脇匠哉堀田圭佑井垣 宏井上克郎楠本真二阪大SS2014-65
一般に,ソースコードの再利用はソフトウェア開発における生産性や信頼性,コスト等の改善に繋がると言われている.
一方で,... [more]
SS2014-65
pp.61-66
MSS, SS
(共催)
2015-01-27
12:30
鳥取 ブランナールみささ Pull Request駆動型の開発を支援するツールの検討
齋藤雄輔藤原賢二奈良先端大)・井垣 宏阪大)・吉田則裕名大)・飯田 元奈良先端大MSS2014-86 SS2014-50
 [more] MSS2014-86 SS2014-50
pp.103-108
ET 2014-10-18
14:40
石川 金沢大学(角間キャンパス) 日本とタイにおけるプログラミング初学者のプログラミング行動の比較
槇原絵里奈藤原賢二奈良先端大)・Putchong UthayopasChantana ChantrapornchaiJittat FakcharoenpholKasetsart Univ.)・井垣 宏阪大)・吉田則裕名大)・飯田 元奈良先端大ET2014-46
教育工学における研究の一環として,プログラミング演習において初学者がとる行動の分析が行われている.このような分析は,研究... [more] ET2014-46
pp.47-52
SC, IPSJ-UBI
(連催)
2014-07-28
10:25
東京 国立情報学研究所 ソフトウェア開発演習のための仮想デスクトップ環境の試作
井垣 宏阪大)・柗本真佑佐伯幸郎神戸大)・福安直樹和歌山大)・楠本真二阪大SC2014-7
 [more] SC2014-7
pp.55-60
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2014-07-11
11:10
北海道 富良野文化会館 ソフトウェア開発におけるコピーアンドペーストによって生じたコード片に対する調査
大田崇史井垣 宏堀田圭佑肥後芳樹楠本真二阪大SS2014-22 KBSE2014-25
ソフトウェア開発における生産性の向上等を目的として,コピーアンドペーストを伴うソースコードの再
利用が行われている.コ... [more]
SS2014-22 KBSE2014-25
pp.135-140
SS 2014-05-08
14:50
三重 いせ市民活動センター 処理の委譲の有無に基づくリファクタリング支援手法
高 良多朗堀田圭佑肥後芳樹井垣 宏楠本真二阪大SS2014-2
近年,ソフトウェア保守作業の効率を高める手段としてリファクタリングが注目されるようになり,
様々な視点からリファクタリ... [more]
SS2014-2
pp.7-12
SS 2014-03-11
16:30
沖縄 てんぷす那覇:第1・2会議室 細粒度作業履歴を用いたTask Level Commit支援手法の提案
梅川晃一・○井垣 宏阪大)・吉田則裕奈良先端大)・井上克郎阪大SS2013-82
 [more] SS2013-82
pp.61-66
SS, KBSE
(共催)
2013-07-26
14:10
北海道 北海道立道民活動センター [かでる2.7] 710会議室(7階) PBLへのDaaS開発環境の導入事例
細合晋太郎亀井靖高大迫周平九大)・井垣 宏阪大)・鵜林尚靖福田 晃九大SS2013-30 KBSE2013-30
本コースでは,PBLの基礎教育として書店の書籍管理を行うエンタープライズアプリケーションの開発を事例に教育を行っている.... [more] SS2013-30 KBSE2013-30
pp.103-108
SS 2013-05-09
16:50
香川 香川大学(幸町) コーディングにおける細粒度作業履歴を用いた手戻り支援ツールの検討
梅川晃一井垣 宏阪大)・吉田則裕奈良先端大)・井上克郎阪大SS2013-5
 [more] SS2013-5
pp.25-30
SS 2013-05-10
09:00
香川 香川大学(幸町) ソフトウェアリポジトリにおけるコードクローン作成者・利用者関係分析手法とその適用
森脇匠哉井垣 宏山中裕樹阪大)・吉田則裕奈良先端大)・井上克郎楠本真二阪大SS2013-7
一般に,ソースコードやライブラリの再利用はソフトウェア開発における生産性や信頼性,コスト等の改善に繋がると言われている.... [more] SS2013-7
pp.37-42
SC 2012-11-16
15:10
京都 京大 ソフトウェア開発PBLのためのDaaSを利用した開発環境の構築
佐伯幸郎高知工科大)・井垣 宏阪大)・福安直樹和歌山大)・柗本真佑神戸大)・楠本真二阪大SC2012-14
ソフトウェア開発 PBL(SDPBL) では,受講生が利用する実装環境の準備やPBL中の保守対応,進捗状況の把握における... [more] SC2012-14
pp.13-18
KBSE, SS
(共催)
2012-07-28
09:30
北海道 公立はこだて未来大学 細粒度プロジェクトモニタリングのためのDaaSを利用したソフトウェア開発PBL支援環境の提案
眞鍋雄貴井垣 宏阪大)・福安直樹和歌山大)・佐伯幸郎高知工科大)・楠本真二井上克郎阪大SS2012-22 KBSE2012-24
 [more] SS2012-22 KBSE2012-24
pp.73-78
KBSE, SS
(共催)
2012-07-28
10:40
北海道 公立はこだて未来大学 プログラム構造の簡略化によるメトリクス計測方法の改善
佐々木 唯石原知也堀田圭佑畑 秀明肥後芳樹井垣 宏楠本真二阪大SS2012-24 KBSE2012-26
ソフトウェア保守の分野において,サイクロマチック数は代表的な複雑度メトリクスとして良く用いられている.しかし,サイクロマ... [more] SS2012-24 KBSE2012-26
pp.85-90
KBSE, SS
(共催)
2012-07-28
11:40
北海道 公立はこだて未来大学 動的解析を用いたコード移動リファクタリングの支援
木村秀平肥後芳樹井垣 宏楠本真二阪大SS2012-26 KBSE2012-28
あるモジュールの凝集度を高め結合度を下げるために,Move MethodリファクタリングやExtract Methodリ... [more] SS2012-26 KBSE2012-28
pp.97-102
 67件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会