電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2018-05-22
15:50
沖縄 沖縄産業支援センター システムから受ける不便に人が抱く印象の特徴 ~ 業務システムと人との比較を通した考察 ~
草野孔希中根 愛井原雅行NTTHCS2018-29 HIP2018-29
 [more] HCS2018-29 HIP2018-29
pp.203-208
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) 参加者の多視点と多様性を引き出す人間中心の考え方に基づくサービス企画ワークショップのデザイン
草野孔希木村篤信井原雅行NTT
変化のはげしい不確実な時代において,ユーザニーズを捉えてサービスを企画するには,ユーザ視点を中心に,技術,ビジネスなどを... [more]
HCS 2017-01-27
17:50
福岡 なみきスクウェア 乳幼児の保護者の「子どもに対する想い」 ~ インタビューを基にした構成要素の抽出 ~
中根 愛片桐有理佳小林哲生井原雅行NTTHCS2016-76
本研究では,子育てのツールとして広く利用されている絵本をどう選んでいるかについて,保護者の絵本選びに影響を与える要因を明... [more] HCS2016-76
pp.97-102
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと ユーザに認知されていない新サービスのUXをどう設計するか? ~ スマホ連携サイネージの利用行動観察から ~
井原雅行足立貴行渡邉浩志NTT
新しいメディア体験のためにユーザエクスペリエンス(UX)を慎重に設計することは,新サービスの成功につながると考えられる.... [more]
LOIS 2016-03-04
10:00
沖縄 宮古島市中央公民館 DTNを用いた安否確認方式の実現に向けた避難所巡回行動に関する実態調査
中島 浩井前吾郎渡邉浩志井原雅行NTTLOIS2015-83
筆者らはこれまで,東日本大震災で通信インフラが利用できなくなった地域があったことを踏まえ,避難所間を巡回する人を利用して... [more] LOIS2015-83
pp.115-120
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2014-11-21
15:45
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス [招待講演]災害時の情報共有を支援する技術のあり方 ~ 技術の設計と実証実験から得られたもの ~
井原雅行NTT
 [more]
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2014-05-30
17:05
沖縄 沖縄産業支援センター インターネット接続不可環境での相互安否確認システムの検証
青木良輔橋本 遼濱口菜々宮田章裕瀬古俊一石田達郎渡辺昌洋井原雅行NTTHCS2014-42 HIP2014-42
 [more] HCS2014-42 HIP2014-42
pp.313-318
MVE, IE, IMQ, CEA
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2014-03-06
09:05
大分 別府国際コンベンションセンタ デジタルサイネージとモバイル端末を併用した複数人向け情報提示システムの評価
宮田章裕瀬古俊一青木良輔橋本 遼石田達郎伊勢崎隆司渡辺昌洋井原雅行NTTIMQ2013-25 IE2013-134 MVE2013-63
数人が同時に異なるコンテンツの詳細を閲覧可能な情報提示方式を提案し,実証実験の結果を報告する.既存のデジタルサイネージの... [more] IMQ2013-25 IE2013-134 MVE2013-63
pp.7-12
MVE, IE, IMQ, CEA
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2014-03-06
09:30
大分 別府国際コンベンションセンタ Shoot Tag Mapping:スマートフォンを用いた屋内位置情報サービスのためのタグ位置マップ生成手法
松元崇裕瀬古俊一青木良輔宮田章裕井原雅行山田智広NTTIMQ2013-26 IE2013-135 MVE2013-64
携帯端末からの距離計測が可能なタグを各家電・家具に1つずつ取り付けることで,各タグの「屋内位置座標」・「座標間の方位関係... [more] IMQ2013-26 IE2013-135 MVE2013-64
pp.13-18
MVE, IE, IMQ, CEA
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2014-03-06
09:55
大分 別府国際コンベンションセンタ 災害時におけるレジリエント情報流通を実現するための端末間連携技術
瀬古俊一青木良輔宮田章裕橋本 遼石田達郎伊勢崎隆司渡辺昌洋井原雅行NTTIMQ2013-27 IE2013-136 MVE2013-65
災害から身の安全を確保できた後,避難者が必要としたのは災害に関する情報を得ることであった.しかし,インターネットが繋がら... [more] IMQ2013-27 IE2013-136 MVE2013-65
pp.19-24
MVE, IE, IMQ, CEA
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2014-03-07
08:55
大分 別府国際コンベンションセンタ 貼り付けるだけで家具をインテリジェント化するデバイスのサービスデザイン検討
宮田章裕有賀玲子佐藤 隆井原雅行山田智広NTTIMQ2013-53 IE2013-162 MVE2013-91
日々の生活を観察すると,毎日繰り返される行動が非常に多いことに気付く.家庭内にいるユーザを支援する機能を実行するシステム... [more] IMQ2013-53 IE2013-162 MVE2013-91
pp.139-144
HCS 2014-03-05
09:40
石川 山代温泉 瑠璃光 複数端末連携型災害時避難誘導サービスのユーザ受容性評価
石田達郎橋本 遼濱口菜々青木良輔宮田章裕瀬古俊一渡辺昌洋井原雅行NTTHCS2013-118
 [more] HCS2013-118
pp.77-82
HCS 2014-03-05
10:00
石川 山代温泉 瑠璃光 災害情報のデザイン手法に関する検討
渡辺昌洋橋本 遼瀬古俊一宮田章裕青木良輔石田達郎井原雅行NTTHCS2013-119
 [more] HCS2013-119
pp.83-88
HCS 2013-03-05
13:00
静岡 ホテルウェルシーズン浜名湖 アクセシブル災害情報デザインに関する検討
渡辺昌洋橋本 遼宮田章裕瀬古俊一青木良輔井原雅行小林 透NTTHCS2012-94
 [more] HCS2012-94
pp.91-98
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ インテントの時系列変化を考慮したボランティアマッチング支援手法
片岡泰之瀬古俊一青木良輔橋本 遼井原雅行渡辺昌洋渡部智樹小林 透NTT
大災害時には被災者の要望及びボランティアの支援は時間経過と共に劇的に変化する.事実,ボランティア支援の現場では,被災者の... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ マルチタッチスクリーンを用いた視覚障がい者向け文字入力方式
青木良輔瀬古俊一橋本 遼片岡泰之井原雅行渡辺昌洋小林 透NTT
近年,マルチタッチスクリーンを持つ携帯端末が普及し,視覚障がい者からもこの携帯端末を利用し たいという要望がある.しかし... [more]
LOIS 2012-03-09
17:45
沖縄 名桜大学 パーソナル情報スタイル ~ ユーザセントリックな情報消費環境の実現に向けて ~
小林 透望月理香瀬古俊一青木良輔茂木 学渡部智樹高嶋洋一井原雅行NTTLOIS2011-114
ユーザセントリックな情報消費環境の実現を可能とするパーソナル情報スタイルを提案する.パーソナル情報スタイルは,これまでの... [more] LOIS2011-114
pp.249-254
ICM, LOIS
(共催)
2011-01-21
10:55
長崎 長崎歴史文化博物館 ポジティブ・ヒューマンアフォーダンスを用いたライフログ活用モデル
井原雅行小林 稔NTT)・吉岡隆宏九大ICM2010-34 LOIS2010-45
本報告では,多数のユーザの行動記録を随時収集した結果を環境問題シミュレーションに活用するためのライフログ活用モデルを提案... [more] ICM2010-34 LOIS2010-45
pp.7-10
LOIS, IPSJ-DC
(併催)
2010-07-23
09:40
岩手 岩手県立大学(アイーナキャンパス) 「リモコン信号プロクシ」を用いた機器操作ログ収集システム
渡部智樹青木良輔井原雅行小林 稔阿部匡伸NTTLOIS2010-14
家電機器の操作履歴にはユーザの行動意図が含まれており,その操作履歴はユーザの好みや行動パターンを把握するのに有用なライフ... [more] LOIS2010-14
pp.23-28
MVE 2008-01-24
14:00
兵庫 神戸臨床研究情報センター(TRI) QLeavesを用いたパブリックスペースにおける情報発信モデルの検討
木村篤信NTT)・メーガン ドイチャーコロンビア大)・井原雅行NTTコムウェア)・小林 稔NTTMVE2007-69
パブリックスペースでのコミュニケーションを促進するため,タンジブル情報コンテナQLeavesを提案している.携帯を利用し... [more] MVE2007-69
pp.7-12
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会