お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2020-03-22
11:30
大阪 大阪電気通信大学 [招待講演]人工知能と機械翻訳
井佐原 均豊橋技科大TL2019-58
この講演では機械翻訳システムの技術動向を紹介するとともに,ゲームに勝つことに比べて,言語を理解することがコンピュータにと... [more] TL2019-58
pp.19-20
NLC 2007-01-31
13:45
北海道 札幌コンベンションセンター 形容詞概念抽出のための統語パタン分析 ~ コーパスからの日本語語彙オントロジーの構築をめざして ~
神崎享子井佐原 均NICT
 [more] NLC2006-88
pp.7-12
NLC 2007-01-31
15:30
北海道 札幌コンベンションセンター 概念の「乗物」についての考察
黒田 航李 在鎬渋谷良方野澤 元井佐原 均NICT
 [more] NLC2006-91
pp.25-30
PRMU, NLC, TL
(共催)
2006-10-20
17:00
東京 NHK技研 複層意味フレーム分析を用いた深い意味記述
渋谷良方黒田 航李 在鎬井佐原 均NICT
本発表はNICTで進行中のJCASRプロジェクトを紹介する.それは(意味)フレームとそれらのフレーム要素(別名「意味役割... [more] NLC2006-27
pp.27-32
PRMU, NLC, TL
(共催)
2006-10-20
17:30
東京 NHK技研 対話テキストにおける意味と談話 ~ 複層意味フレーム分析による試み ~
野澤 元黒田 航井佐原 均NICT
従来、文における語や形態素の意味に関する研究と、談話機能や発話行為に関する研究は、互いに独立して行われてきたように思われ... [more] NLC2006-28
pp.33-38
NLC 2006-02-03
13:15
滋賀 ラフォーレ琵琶湖 MuSTデータを利用した自動動向調査システムの開発
村田真樹NICT)・一井康二広島大)・馬 青龍谷大/NICT)・白土 保NICT)・金丸敏幸京大/NICT)・塚脇幸代井佐原 均NICT
我々は電子テキスト群から自動で動向情報を抽出する研究を行って
いる.この研究は動向情報を調査する時に役に立つ.本研究で... [more]
NLC2005-119
pp.31-36
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会