電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 26件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R 2018-05-25
15:30
愛知 愛知工業大学 本山キャンパス 離散化NHPPモデルに基づくベイズ理論を用いたソフトウェアの最適リリース時刻の区間推定
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大
実際のソフトウェア開発工程でのテスト工程における離散的なフォールト発見数データの収集方法と整合性を保ち,高精度なソフトウ... [more] R2018-4
pp.19-24
R 2017-07-28
16:50
北海道 稚内サンホテル ベイズ理論による離散化モデルに基づいたソフトウェア信頼性評価
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大
実際のソフトウェア開発工程でのテスト工程における離散的なフォールト発見数データの収集方法と整合性を保ち,高精度なソフトウ... [more] R2017-23
pp.55-60
R 2017-05-26
12:30
岡山 ピュアリティまきび チェンジポイントを考慮したソフトウェア信頼性評価のためのマルコフ型モデル
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大
ソフトウェアのテスト期間中に観測されるチェンジポイントと,より現実的な不完全デバッギング環境を同時に考慮したマルコフ型ソ... [more] R2017-1
pp.1-6
R 2017-05-26
15:55
岡山 ピュアリティまきび ゴンペルツ曲線とロジスティック曲線の一般化とその離散化について
木村光宏藤澤峻作法政大)・井上真二関西大
本研究では,ゴンペルツ曲線とロジスティック曲線を解曲線として含む微分方程式を,双線形化法を用いて可積分差分方程式とし,そ... [more] R2017-8
pp.43-48
R 2016-07-29
13:30
北海道 小樽経済センター(4階Aホール) チェンジポイントを考慮したハザードレートモデルに基づく最適リリース問題に関する考察
井上真二山田 茂鳥取大
ソフトウェアのテスト工程では,フォールトターゲットの変更やモジュール間のフォールト混入率の違い等により,ソフトウェア故障... [more] R2016-13
pp.1-6
R 2016-05-28
15:40
愛知 ウインクあいち テスト環境を考慮した二項ソフトウェア信頼性モデルに関する考察
井上真二山田 茂鳥取大
ソフトウェア開発におけるテストの実施に伴って観測されるソフトウェア故障発生現象やフォールト発見事象は,達成されたテスト網... [more] R2016-7
pp.39-44
R 2015-07-31
15:10
青森 ホテルニューグリーン 一般化線形モデルを用いたソフトウェア品質予測に関する一考察
井上真二山田 茂鳥取大
ソフトウェア開発プロジェクトから得られるプロジェクトデータに基づいて,テスト工程の最終段階で発見されるフォールト数を予測... [more] R2015-18
pp.25-30
R 2014-08-01
13:30
北海道 スマイルホテル函館 複数回のチェンジポイントを考慮したソフトウェア信頼性評価のためのハザードレートモデル
井上真二山田 茂鳥取大
本研究では,ソフトウェアテスト工程における複数回の環境の変化を考慮したソフトウェア信頼性評価のためのハザードレートモデル... [more] R2014-14
pp.1-6
R 2014-05-23
16:20
愛知 金城学院大学 ソフトウェア信頼性評価のための初期潜在フォールト数の切断分布に基づいたチェンジポイントモデルに関する一考察
井上真二山田 茂鳥取大
本研究では,ソフトウェアテスト期間中における環境の変化を考慮したソフトウェア信頼度成長モデル(チェンジポイントモデル)に... [more] R2014-7
pp.35-40
R 2013-07-26
13:30
北海道 ホテルオホーツクパレス紋別 離散化NHPPモデルに基づいたソフトウェア信頼性評価尺度のブートストラップ区間推定
井上真二山田 茂鳥取大
実際のソフトウェアテストでは,納期やテスト期間の制約を受け,従来から多く行われている点推定に基づいたソフトウェア信頼度成... [more] R2013-20
pp.1-6
R 2013-05-17
13:35
広島 グリーンヒルホテル尾道 ソフトウェア信頼性モデルにおけるチェンジポイントの検出と信頼性評価への適用
井上真二林田志保山田 茂鳥取大
観測されるソフトウェア故障発生現象を把握しながら定量的なソフトウェア信頼性評価を実現する上で,ソフトウェアハザードレート... [more] R2013-7
pp.37-42
R 2012-05-25
16:30
島根 出雲グリーンホテルモーリス チェンジポイントを考慮したソフトウェア信頼性評価のためのハザードレートモデルに関する一考察
井上真二林田志保山田 茂鳥取大
観測されるソフトウェア故障発生現象を把握しながら定量的なソフトウェア信頼性評価を実現する上で,ソフトウェアハザードレート... [more] R2012-8
pp.41-46
R 2011-10-21
15:05
福岡 九州大学箱崎キャンパス(福岡市) 複数回のチェンジポイントを考慮したソフトウェア信頼性評価に関する一考察
井上真二山田 茂鳥取大
従来のソフトウェア信頼度成長モデルの構築枠組みでは,ソフトウェア故障発生現象やソフトウェアフォールト発見事象に関する確率... [more] R2011-30
pp.17-22
R 2011-07-29
13:10
北海道 根室グランドホテル(根室市) 待ち行列理論に基づいた離散時間ソフトウェア信頼性モデルに関する考察
井上真二山田 茂鳥取大
 [more] R2011-19
pp.1-6
R 2010-07-30
13:15
山形 遊学館(山形市) チェンジポイントを考慮した2変量ソフトウェア信頼性モデルに関する一考察
井上真二福間敬介山田 茂鳥取大
 [more] R2010-17
pp.1-6
R 2010-05-28
14:20
鳥取 放送大学鳥取学習センター(鳥取市) 2次元ソフトウェア信頼性モデルに基づく最適リリース問題に関する一考察
井上真二米田 潤山田 茂鳥取大
2次元ソフトウェア信頼度成長モデル(SRGM)は,テスト工程において観測されるソフトウェア信頼度成長過程をテスト時間要因... [more] R2010-11
pp.25-30
R 2009-11-20
15:35
大阪 大阪:中央電気倶楽部 ソフトウェア信頼性評価のための環境係数を用いたチェンジポイントモデル
井上真二山田 茂鳥取大
チェンジポイント(CP)とは,ソフトウェアのテスト期間中における環境の変化によってソフトウェア故障発生時間間隔の確率的性... [more] R2009-45
pp.23-28
R 2009-07-31
14:50
北海道 藤田観光旭川ワシントンホテル ソフトウェア運用信頼度を考慮した最適テスト労力投入問題
井上真二山田 茂鳥取大
ソフトウェア運用信頼度とは,テスト工程において観測されるソフトウェア信頼度成長過程を2つの信頼度成長要因(テスト時間要因... [more] R2009-27
pp.29-34
R 2009-05-29
14:20
広島 広島修道大学 ソフトウェア信頼性評価のための離散型無限サーバ待ち行列モデル
井上真二岩本直樹山田 茂鳥取大
ソフトウェア信頼度成長モデル(SRGM)は,ソフトウェアの信頼性を定量的に評価するための有用な基盤技術として知られている... [more] R2009-12
pp.25-30
R 2008-05-30
13:30
兵庫 神戸学院大学 プログラム規模を考慮した2次元ソフトウェア信頼性モデルとその応用
井上真二山田 茂鳥取大
本研究では,ソフトウェア複雑性メトリクスの1つであるプログラム規模を考慮した2次元ソフトウェア信頼度成長モデル(SRGM... [more] R2008-9
pp.1-6
 26件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会