お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EST 2019-05-17
14:40
愛知 名古屋工業大学 シリコン基板へのH/Heイオン照射による損失低減と比誘電率の変化
平野拓一東京都市大)・水野麻弥NICT)・李 寧上智大)・井上 剛曽我部正嗣住重アテックス)・岡田健一東工大EST2019-5
高周波電磁界のCMOSシリコン(Si)基板での損失を低減するために水素(H)またはヘリウム(He)のイオンを照射する技術... [more] EST2019-5
pp.19-23
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-09
14:00
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) [招待講演]運動機能・認知機能を支援する福祉機器研究開発の現状と展望
井上剛伸国立障害者リハビリテーションセンター
 [more]
ICD, CPSY
(共催)
2015-12-18
09:25
京都 京都工芸繊維大学 Substrate Noise Isolation Improvement by Helium-3 Ion Irradiation Technique in a Triple-well CMOS Process
Ning LiTokyo Tech)・Takeshi InoueS.H.I.Examination & Inspection)・Takuichi HiranoJian PangRui WuKenichi OkadaTokyo Tech)・Hitoshi SakaneS.H.I.Examination & Inspection)・Akira MatsuzawaTokyo TechICD2015-84 CPSY2015-97
 [more] ICD2015-84 CPSY2015-97
pp.75-80
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2015-10-23
15:00
宮城 東北大学 片平キャンパス さくらホール ヘリウム3イオン照射による低損失60GHz帯CMOSオンチップダイポールアンテナの設計
平野拓一李 寧岡田健一松澤 昭広川二郎安藤 真東工大)・井上 剛坂根 仁住重試験検査EMCJ2015-79 MW2015-118 EST2015-89
60GHz帯ミリ波CMOSオンチップアンテナはシリコン(Si)基板による損失が大きいという欠点がある。Si基板にヘリウム... [more] EMCJ2015-79 MW2015-118 EST2015-89
pp.123-127
MWP, EMT, PN, LQE, OPE, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2014-01-24
09:00
京都 同志社大学(烏丸キャンパス) Heイオン照射によるシリコン基板高抵抗化の電磁界シミュレーションの基礎検討
矢尾裕樹平野拓一李 寧岡田健一松澤 昭広川二郎安藤 真東工大)・井上 剛正岡章賀坂根 仁住重試験検査PN2013-61 OPE2013-175 LQE2013-161 EST2013-110 MWP2013-81
Heイオン照射によりシリコン(Si)基板を高抵抗化して損失を低減する技術が提案されている. Si結晶に照射したイオンによ... [more] PN2013-61 OPE2013-175 LQE2013-161 EST2013-110 MWP2013-81
pp.181-185
MI 2013-01-25
13:10
沖縄 ぶんかテンブス館 眼底画像における毛細血管瘤の自動検出法 ~ ROC DBによる評価 ~
畑中裕司井上 剛奥村 進滋賀県立大)・村松千左子藤田広志岐阜大MI2012-106
本研究の目的は,眼底画像における毛細血管瘤の自動検出法の改良である.これまでに提案した二重リングフィルタを用いた検出手法... [more] MI2012-106
pp.231-234
WIT 2012-03-09
15:15
茨城 筑波技術大学 重度障害者用意思伝達装置の利用支援体制に関する研究 ~ 支援団体に焦点を当てて ~
丸岡稔典森 浩一井上剛伸国立障害者リハビリテーションセンターWIT2011-78
本研究では, 重度障害者用意思伝達装置の継続的な利用を可能とする支援体制整備のあり方を検討することを目的とし, 重度身体... [more] WIT2011-78
pp.45-50
WIT, SP
(共催)
2011-10-07
11:00
東京 TFTビル研修室 認知症者とロボットの対話のための相槌認識における話者依存性の分析と話者適応の効果について
佐土原 健児島宏明産総研)・成田拓也二瓶美里鎌田 実東大)・大中慎一藤田善弘NEC)・石渡利奈井上剛伸国立障害者リハビリテーションセンターSP2011-62 WIT2011-44
軽度認知症者への情報支援を目的として,対話を通じて必要な情報を伝達するために,ロボットの問いかけに対する相槌を11の機能... [more] SP2011-62 WIT2011-44
pp.61-65
WIT, SP
(共催)
2011-10-07
14:30
東京 TFTビル研修室 [招待講演]パートナーロボットとの対話による高齢者支援 ~ 音声技術の福祉応用の可能性? ~
井上剛伸国立障害者リハビリテーションセンターSP2011-65 WIT2011-47
 [more] SP2011-65 WIT2011-47
p.75
MI 2011-07-12
14:10
北海道 北海道大学 CT画像を用いた改良領域拡張法による脳内血腫量半自動計測の試み
北川 剛中村記念病院)・谷川原綾子北大)・藤原健祐日本福祉看護・診療放射線学院)・井上 剛中村記念病院)・西本尚樹北大)・上杉正人北海道情報大)・小笠原克彦北大MI2011-36
脳内出血の血腫量計測では,CT画像に手動で関心領域を設定するため,測定結果の変動や再現性が課題であった.また,既存の閾値... [more] MI2011-36
pp.19-23
IA, ICSS
(共催)
2009-06-19
11:00
東京 機械振興会館 65号室(6階) P2Pトラヒックエンジニアリング機構の提案と評価 ~ P2Pネットワーク実験協議会における実験報告 ~
亀井 聡NTT)・井上 剛西谷智広NTTコミュニケーションズIA2009-15 ICSS2009-23
 [more] IA2009-15 ICSS2009-23
pp.79-84
OCS 2009-02-02
13:25
静岡 東レ研修センタ(三島) 波長多重ネットワークにおけるユーザ主導形パス設定技術の検討
可児島 隆棚橋弘幸井上 剛安田 歩長谷部克幸NTTコミュニケーションズOCS2008-107
本研究では,テラビットクラスのネットワークスループットを有し,ユーザ主導でパス設定の行えるLAN環境を,ローカルエリアだ... [more] OCS2008-107
pp.3-6
PN, OPE, EMT, LQE
(共催)
2009-01-29
12:25
京都 京都工芸繊維大学(松ヶ崎キャンパス) 3分岐導波路干渉計と周期分極反転構造を用いた光FSK変調器
井上 剛Ha Viet Pham村田博司阪大)・坂本高秀川西哲也NICT)・岡村康行阪大PN2008-50 OPE2008-153 LQE2008-150
 [more] PN2008-50 OPE2008-153 LQE2008-150
pp.43-48
EMT, LQE, OPE, PN
(共催)
2008-01-29
11:35
大阪 大阪電気通信大学 二重周期分極反転LiTaO3を用いた高速電気光学偏光変調器
村田博司高橋明日香井上 剛岡村康行阪大PN2007-60 OPE2007-168 LQE2007-146
 [more] PN2007-60 OPE2007-168 LQE2007-146
pp.129-134
ICD, ITE-CE
(共催)
2006-01-27
11:15
東京 機械振興会館 Wide Band 3D Y/C Separation Circuit for PAL System with Reduced Memory Size
Toshihiro GaiMasaki YamakawaMitsubishi Electric)・Sohichiroh HigashiMitsubishi Electric Micro-computer Application Software)・Tsuyoshi InoueRenesas Technology
アナログTV信号から輝度信号と色信号を分離するY/C分離回路において、27MHz固定クロックによるPAL方式3次元Y/C... [more] ICD2005-217
pp.13-15
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会