お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICTSSL 2022-07-29
10:30
大阪 関西大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
効率的な住家被害認定調査のためのデータマネジメントに関する事例研究 ~ 福島県沖地震における新地町を事例として ~
井ノ口宗成富山大)・田村圭子新潟大
 [more]
ICTSSL 2022-05-27
15:30
富山 富山大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マルチエージェントシミュレーションを活用した避難時の橋梁の必要性評価 ~ 福島県浪江町を事例として ~
井ノ口宗成壽崎成秋富山大ICTSSL2022-7
一般的に橋梁の必要性は費用便益比で評価される場合が多く,災害時の利用の重要性について十分に評価されていない.本研究では,... [more] ICTSSL2022-7
pp.34-38
ICTSSL, IEE-SMF, IN
(連催)
2021-10-22
10:15
ONLINE オンライン開催 感情分析に基づくtwitterの分類・可視化システムの検討 ~ 簡易システムとしてのツイパスの構築 ~
宮﨑太良井ノ口宗成富山大ICTSSL2021-25
近年,インターネットの普及によりSNSの利用者数は増加傾向にある.それに伴い,SNS上での誹謗中傷が社会問題となっており... [more] ICTSSL2021-25
pp.42-47
ICTSSL, IEE-SMF, IN
(連催)
2021-10-22
11:15
ONLINE オンライン開催 [記念講演]社会的期待発見研究に寄与するICTの設計開発
井ノ口宗成富山大ICTSSL2021-27
2020年に科学技術基本法が改正され,人文・社会科学の研究振興が明確化され,社会的期待に応えた出口戦略をもった研究が求め... [more] ICTSSL2021-27
pp.54-59
ICTSSL 2020-07-16
13:50
ONLINE オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
被害状況把握における単位面積あたりの時間コストに着目した手法別効率性比較分析
井ノ口宗成富山大ICTSSL2020-10
効果的な災害対応の実現には,状況認識の統一が欠かせない.状況認識の統一には,被害状況の把握が必要不可欠であり,その迅速化... [more] ICTSSL2020-10
pp.11-16
ICTSSL 2019-07-16
15:25
青森 青森県観光物産館アスパム 時空間マッシュアップによる2018年大阪北部地震の実態再現と分析
井ノ口宗成富山大)・田村圭子新潟大)・濱本両太ESRIジャパンICTSSL2019-9
2018年は6月に大阪北部地震、7月に西日本豪雨、9月に北海道胆振東部地震が発生した。風水害であれば事前から予兆現象を把... [more] ICTSSL2019-9
pp.7-10
ICTSSL 2019-07-16
15:50
青森 青森県観光物産館アスパム 地震災害における生活再建支援業務マネジメントツールを活用した罹災証明書発行業務解析
田村圭子新潟大)・井ノ口宗成富山大)・堀江 啓インターリスク総研ICTSSL2019-10
ひとたび災害が発生すれば、被災者は生活再建を始める必要がある。応急期には災害救助法に基づき、被災家屋の修理や仮設住宅の提... [more] ICTSSL2019-10
p.11
IN, ICTSSL
(共催)
NWS
(併催) [詳細]
2018-10-19
14:00
香川 高松商工会議所会館 広域災害の発生直後における被害の概況把握に資する研究 ~ 平成30年7月西日本豪雨災害を事例として ~
井ノ口宗成富山大)・田村圭子新潟大)・林 春男防災科学技研ICTSSL2018-34 IN2018-51
近年、地震や風水害といった様々な災害が、日本の各地で発生している。2018年7月に発生した西日本豪雨災害では、土砂災害や... [more] ICTSSL2018-34 IN2018-51
pp.49-52
ICTSSL 2018-07-17
13:50
東京 NTT武蔵野研究開発センター パーソナライズド動画を用いた個人型ハザードマップの提案 ~ "動画で理解!わが家のハザードマップ"プロジェクト ~
井ノ口宗成富山大)・真野栄一楽しいチリビジ)・栗原 龍大崎雄二NTTデータCCSICTSSL2018-18
我が国では、地震・津波災害に加え、水害・土砂災害といった様々な災害が各地で発生している。災害による被災を回避するために迅... [more] ICTSSL2018-18
pp.13-16
ASN, ICTSSL
(共催)
2018-05-14
13:30
広島 広島市立大学 twitter投稿画像を用いた屋内外被害の機械分類にかかる基礎研究 ~ 2016年熊本地震を事例として ~
井ノ口宗成富山大)・今井 淳NTTデータCCSICTSSL2018-1 ASN2018-1
近年ではスマートホンの普及およびSNSの利用拡大にともない、災害発生後において被災者自身が様々な情報をSNSに投稿する。... [more] ICTSSL2018-1 ASN2018-1
pp.1-4
ICTSSL, CAS
(共催)
2018-01-26
14:35
東京 機械振興会館 被災者生活再建支援にかかる業務量シミュレーションツールのプロトタイプ開発 ~ 2007年中越沖地震と2016年熊本地震を事例として ~
井ノ口宗成静岡大)・田村圭子新潟大)・清水啓佑静岡大CAS2017-130 ICTSSL2017-57
災害発生後の社会において、大きく被災した被災者は自身の生活再建を進めなければならない。これに対して、行政では様々な支援を... [more] CAS2017-130 ICTSSL2017-57
pp.103-106
ICTSSL, IN
(併催)
2017-10-10
13:00
静岡 静岡県 地震防災センター「ないふるホール」 アプリケーションログに基づく被災者生活再建支援システムの利用ニーズ分析 ~ 2016年熊本地震の被災自治体を事例として ~
井ノ口宗成静岡大)・田村圭子辻 道代新潟大)・林 春男防災科学技研ICTSSL2017-29
ひとたび災害が発生すると、被災者は生活再建を開始しなければならない。これに対して、自治体では被災者の生活再建を支援する様... [more] ICTSSL2017-29
pp.1-4
ICTSSL, IN
(併催)
2017-10-10
13:25
静岡 静岡県 地震防災センター「ないふるホール」 被災者生活再建支援にかかる業務量の基礎分析 ~ 2016年熊本地震を事例として ~
清水啓佑井ノ口宗成静岡大)・田村圭子新潟大ICTSSL2017-30
近年、我が国では様々な自然災害が発生している。一度、大きく被災すると、被災地では被災者の生活再建支援に向けて、様々な支援... [more] ICTSSL2017-30
pp.5-10
ICTSSL, IN
(併催)
2017-10-11
11:45
静岡 静岡県 地震防災センター「ないふるホール」 任意の時間幅に対する公開気象データからの極値抽出ツールの開発
倉田駿太井ノ口宗成静岡大ICTSSL2017-35
近年、世界規模で地球の温暖化や海面上昇が危惧されており、その影響は日常的に発生する風水害にも及んでいる。局所的大雨災害が... [more] ICTSSL2017-35
pp.35-38
ICTSSL 2017-07-14
11:40
香川 香川大学 被災者生活再建支援システムの運用ガイドラインにおける人と機械を融合した用語集作成の方法論の提案 ~ 東京都を事例として ~
井ノ口宗成静岡大)・田村圭子新潟大)・堀江 啓インターリスク総研)・辻 道代新潟大ICTSSL2017-28
2011年の東日本大震災以降,各自治体において「効果的な被災者生活再建支援の実現」を目指し,情報システムや運用体制の整備... [more] ICTSSL2017-28
pp.61-66
ICTSSL 2017-05-29
14:00
宮城 NEXCO東日本 東北支社 仙台東管理事務所 被災者生活再建支援を効果的に運用するための個票実装 ~ 平成28年糸魚川市駅北大火を事例として ~
井ノ口宗成静岡大)・田村圭子辻 道代新潟大ICTSSL2017-3
一度,災害が発生すると,緊急・応急期,復旧期を経て,被災者はそれぞれに生活再建を進めなければならない.この過程で,行政は... [more] ICTSSL2017-3
pp.13-16
ICTSSL 2017-03-03
09:30
新潟 新潟大学 災害対応チュートリアルにおける資源管理シミュレータの活用 ~ 平成28年新潟県総合防災訓練を事例として ~
井ノ口宗成静岡大)・田村圭子新潟大ICTSSL2016-76
 [more] ICTSSL2016-76
pp.33-36
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-27
13:05
東京 機械振興会館 QRコード付きIDカードを活用した避難者行動把握の可能性 ~ 御前崎市避難所運営訓練を事例として ~
井ノ口宗成静岡大CAS2016-105 ICTSSL2016-59
近年では,スマホのような電子媒体による災害時の情報管理が主流となっているが,高齢化社会を踏まえ,災害発生直後の混乱期にお... [more] CAS2016-105 ICTSSL2016-59
pp.133-138
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-27
13:25
東京 機械振興会館 プロジェクトマネジメントの観点に基づく災害対応業務配分検証システムの開発
菅原飛夢新潟大)・井ノ口宗成静岡大)・中野敬介新潟大CAS2016-106 ICTSSL2016-60
近年,日本は多くの自然災害を経験しながらも,災害対応の経験知は十分に継承されておらず,実際の災害時に効果的に機能する災害... [more] CAS2016-106 ICTSSL2016-60
pp.139-143
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-27
13:45
東京 機械振興会館 形態素解析を用いた地震学研究の動向把握に資する研究 ~ 地震学会10年間の研究題目を事例として ~
阿部光樹新潟大)・井ノ口宗成静岡大)・加藤尚之森田裕一東大)・田村圭子新潟大)・木村玲欧兵庫県立大)・中野敬介新潟大CAS2016-107 ICTSSL2016-61
災害の研究分野では,理学・工学を中心として発展を遂げてきたが,近年では社会科学分野も融合し,学際的な分野として進化を続け... [more] CAS2016-107 ICTSSL2016-61
pp.145-150
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会