お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DE, CEA, IPSJ-DBS
(連催)
2017-12-23
15:00
東京 国立情報学研究所(NII) 雛形化による手続き的知識の汎化
吉成未菜里東北大)・横井 祥乾 健太郎東北大/理研DE2017-36
目的達成のための一連の手続きを記した「手順文書」に対する検索や要約,クラスタリングといった各種情報処理が盛んに研究されて... [more] DE2017-36
pp.103-107
LOIS 2017-03-03
13:55
沖縄 大濱信泉記念館 危機対応におけるノウハウ抽出方法の提案
上江洲 愛爰川知宏小阪尚子NTT)・乾 健太郎山口健史東北大)・前田裕二NTTLOIS2016-95
企業や自治体などの組織が想定を超える危機に直面した時,事業継続のためには経営層や管理層の危機対応能力が重要になる.危機事... [more] LOIS2016-95
pp.183-188
NLC 2015-09-11
09:55
東京 コンベンションルーム AP渋谷道玄坂 条件付き確率場を用いた新聞報道からの未来予測情報抽出
島岡聖世佐藤祥多佐々木 彬稲田和明東北大)・関根 聡ランゲージ・クラフト)・乾 健太郎東北大NLC2015-29
「国連によれば、2025年段階で、世界の水使用量は00年比で30%以上増えることが確実と言われている。」– ... [more] NLC2015-29
pp.57-62
IBISML 2012-11-07
15:30
東京 筑波大学 東京キャンパス文京校舎 Online Large-margin Weight Learning for First-order Logic-based Abduction
Naoya InoueKazeto YamamotoYotaro WatanabeNaoaki OkazakiKentaro InuiTohoku Univ.IBISML2012-54
Abduction is inference to the best explanation. Abduction ha... [more] IBISML2012-54
pp.143-150
COMP 2010-10-15
10:50
宮城 東北大学 [招待講演]大規模言語/世界知識に基づく次世代Web情報分析
乾 健太郎東北大COMP2010-33
 [more] COMP2010-33
p.17
TL 2010-05-28
12:45
東京 機械振興会館 [招待講演]大規模言語/世界知識に基づくWeb情報編集の高度化
乾 健太郎東北大TL2010-4
(事前公開アブストラクト) 大規模テキストからの多様な知識獲得が実用性を帯びてきた現在,そこから得られる大規模な言語/世... [more] TL2010-4
p.19
NLC, IPSJ-NL
(連催)
JSAI-SLUD
(連催) [詳細]
2009-07-22
- 2009-07-24
北海道 北見工業大学 複数文書から抽出した言明間の意味的関係の整理と関係付与
村上浩司奈良先端大)・増田祥子奈良先端大/阪府大)・松吉 俊Eric Nichols乾 健太郎松本裕治奈良先端大NLC2009-4
我々は現在,Web 情報の信憑性評価を行うために,あるトピックに関するWeb 文書集合において,さまざまな視点や角度から... [more] NLC2009-4
pp.31-36
NLC 2009-01-27
10:00
岡山 倉敷市芸文館 事例の重み付けに基づく自動獲得されたコーパスの効果的な利用法と評価極性分類への応用
中川哲治乾 健太郎NICT)・黒橋禎夫京大NLC2008-75
本稿では,自動獲得されたラベル付きデータを利用して,統計的な分類器に基づく評価極性分類の精度を改善させる方法について述べ... [more] NLC2008-75
pp.25-30
NLC 2007-01-31
14:15
北海道 札幌コンベンションセンター 含意関係計算のための事態オントロジーの開発に向けて
乾 健太郎奈良先端大)・竹内孔一岡山大)・藤田 篤名大
 [more] NLC2006-89
pp.13-18
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会