お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-17
15:00
ONLINE オンライン開催 制限ボルツマンマシンを用いた独立低ランク行列分析に基づくブラインド音源分離
古田翔太郎岸田拓也中鹿 亘電通大SP2022-8
音源分離とは,複数の音が混合した音源を個々の音に分ける技術であり,様々な分野での活用が期待されている.近年では,ブライン... [more] SP2022-8
pp.26-29
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-18
15:00
ONLINE オンライン開催 F0適応ラグ窓を用いた音声分析系の精緻化
越森道貴嵯峨山茂樹岸田拓也中鹿 亘電通大SP2022-21
音声分析の手法として様々なものが研究されているが、その一つにラグ窓法というものがある。これはソース・フィルタモデルに基づ... [more] SP2022-21
pp.90-93
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-18
15:00
ONLINE オンライン開催 LSP周波数間隔のクロスエントロピー誤差最小化に基づくVAE声質変換
平本佳弘嵯峨山茂樹岸田拓也中鹿 亘電通大SP2022-23
 [more] SP2022-23
pp.100-103
SP, IPSJ-SLP, IPSJ-MUS
(連催)
2021-06-19
15:00
ONLINE オンライン開催 話者特徴抽出器を加えたFaderNetVCによる未知話者声質変換
井硲 巧岸田拓也中鹿 亘電通大SP2021-20
近年,Deep Neural Network(以下,DNNとする)を用いた声質変換モデルが数多く提案されており,その... [more] SP2021-20
pp.91-96
SP, SIP, EA
(共催)
2017-03-02
13:10
沖縄 沖縄産業支援センター 構音障害者音声認識のための適応型restricted Boltzmann machineを用いた特徴量抽出
高島悠樹神戸大)・中鹿 亘電通大)・滝口哲也有木康雄神戸大EA2016-140 SIP2016-195 SP2016-135
 [more] EA2016-140 SIP2016-195 SP2016-135
pp.321-326
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2015-12-02
10:25
愛知 名古屋工業大学 制約付きThree-Way Restricted Boltzmann Machineを用いた音響・音韻・話者情報の同時モデリング
中鹿 亘電通大)・滝口哲也神戸大SP2015-71
本研究では,音響特徴量・音韻特徴量・話者特徴量の3つを変数とするThree-Way Restricted Boltzma... [more] SP2015-71
pp.7-12
WIT, SP, ASJ-H, PRMU
(共催)
2015-06-18
15:15
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 構音障害者音声認識のための混合正規分布に基づく音素ラベリングの検討
高島悠樹神戸大)・中鹿 亘電通大)・滝口哲也有木康雄神戸大PRMU2015-44 SP2015-13 WIT2015-13
本報告では,アテトーゼ型脳性麻痺による構音障害者の音声認識の検討を行う.従来研究として,畳み込みニューラルネットワークを... [more] PRMU2015-44 SP2015-13 WIT2015-13
pp.71-76
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP, JSAI-SLUD
(連催,共催)
(併催) [詳細]
2014-12-16
13:30
神奈川 東工大(すずかけ台) [ポスター講演]話者適応型Restricted Boltzmann Machineを用いた声質変換の検討
中鹿 亘滝口哲也有木康雄神戸大SP2014-126
(事前公開アブストラクト) 近年,非線形変換関数に基づく声質変換法として,Restricted Boltzmann Ma... [more] SP2014-126
pp.165-170
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [一般発表]スパース表現に基づく声質変換のための結合型restricted Boltzmann machine
中鹿 亘滝口哲也有木康雄神戸大SP2014-34
近年,声質変換の研究分野において,over-fitting や over-smoothing の生じにくいスパース表現に... [more] SP2014-34
pp.343-348
SP, IPSJ-SLP
(連催)
2013-12-19
17:15
東京 筑波大学文京キャンパス 話者依存型Conditional Restricted Boltzmann Machineによる声質変換
中鹿 亘滝口哲也有木康雄神戸大SP2013-88
本研究では,元の音響特徴量空間よりも音韻性や時間変化性を抑え,話者性を強調させることによって,より入力話者音声の声質を出... [more] SP2013-88
pp.83-88
SP 2011-07-23
09:55
北海道 定山渓グランドホテル瑞苑 確率スペクトル包絡を用いた混合音解析における制約付きスペクトル生成法の検討
中鹿 亘滝口哲也有木康雄神戸大SP2011-50
従来の代表的な信号解析手法の中に,NMF(非負値行列因子分解)を用いたものがある。特に,事例ベースのNMFが音源分離や信... [more] SP2011-50
pp.51-56
NLC, SP
(共催)
(連催) [詳細]
2010-12-21
16:40
東京 国立オリンピック記念青少年総合センター 基底の反復生成と教師ありNMFを用いた信号解析
中鹿 亘滝口哲也有木康雄神戸大NLC2010-29 SP2010-102
従来の代表的な信号解析手法の中に,NMF(非負値行列因子分解)を用いたものがある.
中でも,取り除きたい大量のサンプル... [more]
NLC2010-29 SP2010-102
pp.195-200
SP, NLC
(共催)
2009-12-22
15:50
東京 東京大学・山上会館 多重ベータ混合モデルを用いた調波時間構造のモデル化による音声合成の検討
中鹿 亘神戸大)・立花隆輝西村雅史日本IBM)・滝口哲也有木康雄神戸大NLC2009-26 SP2009-90
これまでに数多くの音声合成技術が提案されているが,我々は,音素信号の調波時間スペクトル形状をモ
デル関数で近似し,音声... [more]
NLC2009-26 SP2009-90
pp.165-170
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会