お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EST 2020-01-31
13:50
大分 別府国際コンベンションセンター(小会議室31) InSb素子を用いたTHzセンサの比較検討
中野 純柴山 純山内潤治中野久松法政大EST2019-97
半導体のアンチモン化インジウム(InSb)を用いたテラヘルツ(THz)センサの比較検討を行う.クロスダイポール型,ディス... [more] EST2019-97
pp.91-96
CPM, OPE, LQE, R, EMD
(共催)
2015-08-27
14:15
青森 青森県観光物産館アスパム [招待講演]Ga溶融バンプを用いたFluidic Self Assemblyによる異種材料集積化技術
前澤宏一中野 純柴田知明森田弘樹坂本 宙山田悟史森 雅之富山大R2015-28 EMD2015-36 CPM2015-52 OPE2015-67 LQE2015-36
異種材料デバイス集積技術は,これまで蓄積されてきた半導体ナノプロセス技術を新しいアプリケーション分野に展開するために重要... [more] R2015-28 EMD2015-36 CPM2015-52 OPE2015-67 LQE2015-36
pp.27-32
ED, SDM
(共催)
2014-02-28
09:25
北海道 北海道大学百年記念会館 共鳴トンネル発振器のセンサー応用
前澤宏一潘 杰角谷祐一郎中野 純森 雅之富山大ED2013-143 SDM2013-158
共鳴トンネルダイオード(RTD) の微分負性抵抗は発振器の基盤であり,これを用いてすでに1THz を越える基本波発振が報... [more] ED2013-143 SDM2013-158
pp.61-66
ED 2013-08-08
14:25
富山 富山大学工学部 大会議室 高性能共鳴トンネルダイオードのための溶融ガリウムバンプを用いたFluidic Self-Assembly
中野 純柴田知明森田弘樹坂本 宙森 雅之前澤宏一富山大ED2013-38
溶融金属バンプを用いたFluidic Self-Assembly (FSA)は非常に有望な異種材料集積技術のひとつであり... [more] ED2013-38
pp.5-8
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会