電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1〜6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, SP, WIT, ASJ-H
(共催)
2016-06-13
12:50
東京 NTT武蔵野研究開発センター [招待講演]マルチモーダル対話システムとテキスト対話システム:その共通点と相違点
中野幹生ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン
マルチモーダル対話システムとテキスト対話システムは,現在,両
方とも注目を浴びており,さらなる発展が期待されている.我... [more]
PRMU2016-40 SP2016-6 WIT2016-6
pp.31-33
PRMU, BioX
(共催)
2016-03-24
09:30
東京 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 別館 画像内領域の顕著性を考慮する画像の説明文自動生成
吉井和輝豊橋技科大)・エリック ニコルズ船越孝太郎中野幹生ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン)・青野雅樹豊橋技科大
近年、深層学習によって画像や言語の表現力が向上したことにより、画像説明文の自動生成などマルチモーダルなタスクが実現可能と... [more] BioX2015-41 PRMU2015-164
pp.1-6
PRMU, HIP
(共催)
2012-03-30
15:20
兵庫 神戸大学 Discrimination of Unknown Objects from Known Objects Using Multimodal Information
Yuko OzasaYasuo ArikiKobe Univ.)・Naoto IwahashiNICT)・Mikio NakanoHRI-JP
ロボットに物体を操作させる対話においてロボットが未知物体とその名前を検知する新しい手法を提案す
る.本手法では,物体の... [more]
PRMU2011-280 HIP2011-108
pp.247-252
SP, NLC
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2011-12-20
10:55
東京 芝浦工業大学 豊洲キャンパス 未知語とその周辺単語の音声認識誤りを考慮したCRFによる音声認識誤り訂正
中谷良平神戸大)・岩橋直人NICT)・中野幹生ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン)・滝口哲也有木康雄神戸大
本稿では,未知語モデリングを用いた,Confusion Network上での音声認識自動誤り訂正手法を提案する.
従来... [more]
NLC2011-49 SP2011-94
pp.139-144
SP, NLC
(共催)
2008-12-10
16:10
東京 早稲田大学(小野記念講堂) ロボット・エージェント対話行動制御部構築ツールRIME-TKを用いた質問応答機能の実現
成松宏美津田塾大)・中野幹生ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン)・船越孝太郎長谷川雄二辻野広司津田塾大
本稿では,ロボットやエージェントの対話行動制御部を構築するためのツール
キットRIME-TKを用いて,質問応答機能を実... [more]
NLC2008-70 SP2008-125
pp.273-278
PRMU, NLC
(共催)
2005-09-21
10:40
東京 東大(本郷) ロボットの共生的対話システムとマルチモーダルな表現システムの開発と評価
竹内誉羽中野幹生辻野広司ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン)・星野 厚加藤和彦筑波大)・西村義隆櫛田和貴土肥 浩石塚 満東大
 [more] NLC2005-29 PRMU2005-56
pp.29-34
 6件中 1〜6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会