お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF 2019-05-10
10:50
東京 東工大蔵前会館 OpenCLを用いた津波シミュレーションの時間方向並列化によるFPGA実装
河野郁也神戸大)・中里直人会津大RECONF2019-12
 [more] RECONF2019-12
pp.61-66
RECONF 2018-05-24
10:55
東京 ゲートシティ大崎 B1ルームD OpenCLコードから合成したFPGAによる津波シミュレーションの性能評価
河野郁也中里直人会津大RECONF2018-2
海域で起きる津波の到達時刻を予測することは、安全な避難のために重要である。
津波の数値モデリングは、並列処理による高速... [more]
RECONF2018-2
pp.7-12
CPSY, RECONF, VLD, IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2017-01-23
13:50
神奈川 慶大日吉キャンパス 多倍長精度積分計算を加速させる専用システムGRAPE9-MPXの開発とその応用
台坂 博一橋大)・中里直人会津大)・石川 正湯浅富久子高エネルギー加速器研究機構)・似鳥啓吾理研VLD2016-72 CPSY2016-108 RECONF2016-53
我々は多倍長精度積分を加速させる専用計算システムGRAPE9-MPXの開発を進めている.これは, 4倍, 6倍, 8倍精... [more] VLD2016-72 CPSY2016-108 RECONF2016-53
pp.13-18
VLD, CPSY, RECONF, IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2016-01-20
14:40
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス ストリーム計算ハードウェアコンパイラSPGenを用いたFPGA津波シミュレータの開発
長洲航平佐野健太郎東北大)・河野郁也中里直人会津大VLD2015-92 CPSY2015-124 RECONF2015-74
Method Of Splitting Tsunami (MOST) は浅水方程式の数値解法であり,津波の伝搬シミュレー... [more] VLD2015-92 CPSY2015-124 RECONF2015-74
pp.131-136
RECONF 2015-06-20
10:20
京都 京都大学 トーラス型ネットワークを用いた並列プロセッサの実装と応用
村上雄樹中里直人S. Sedukhin会津大RECONF2015-16
行列演算は,科学技術分野において必要不可欠である.以前の研究では,私たちは行列演算のためのスケーラブルな並列プロセッサア... [more] RECONF2015-16
pp.85-90
RECONF 2014-09-19
11:00
広島 杜の宿 FPGAを用いた多倍長専用計算機GRAPE9-MPXの開発
元木伸治高エネルギー加速器研究機構)・台坂 博一橋大)・中里直人会津大)・石川 正湯浅富久子高エネルギー加速器研究機構)・福重俊幸川井 敦K & F Computing Research)・牧野淳一郎理研/東工大RECONF2014-29
素粒子物理分野における精密な理論解析のための高次輻射補正には、ループ図形を含むファインマン図の
計算が必要であり、それ... [more]
RECONF2014-29
pp.69-74
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2013-06-25
13:40
東京 東京大学 山上会館(本郷キャンパス) ビデオチャットを用いたブレインストーミングにおける表情変形の効果
中里直人吉田成朗櫻井 翔鳴海拓志谷川智洋廣瀬通孝東大MVE2013-7
本研究の目的は,容貌を変化させることによって,ブレインストーミングの能力を向上する手法の実現である.認知科学の分野では,... [more] MVE2013-7
pp.7-12
RECONF 2008-05-22
13:25
福島 会津大学 高精度浮動小数点演算器のFPGAでの実装
中里直人会津大)・石川 正高エネルギー加速器研究機構RECONF2008-2
素粒子実験の検証に利用される多次元積分のように,様々な問題で倍精度より高精度な演算が必要とされている.このような場合, ... [more] RECONF2008-2
pp.7-12
RECONF 2006-09-15
09:30
熊本 熊本大学 工学部百周年記念館 PROGRAPE-4ボードとPGRによる2次元Kolmogorov-Smirnovテスト
伊吹山秋彦濱田 剛中里直人理研)・奥山祐市会津大
 [more] RECONF2006-28
pp.7-12
RECONF, CPSY, VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2006-01-17
14:15
神奈川 慶應大学日吉キャンパス 来往舎 FPGAによる流体シミュレーションの高速化
中里直人濱田 剛理研
(事前公開アブストラクト) 天体物理学では重力多体問題専用計算機GRAPEが非常に大きな成果を挙げてきた.
本論文では... [more]
VLD2005-91 CPSY2005-47 RECONF2005-80
pp.19-24
RECONF 2005-12-02
11:00
福岡 北九州国際会議場 PGRのためのPCI-Expressモジュールの実装と評価
濱田 剛理研)・奥山祐市会津大)・中里直人理研
 [more] RECONF2005-74
pp.13-18
RECONF 2005-05-13
11:30
京都 京都大学 物理計算のための並列リコンフィギャラブルシステムの開発
濱田 剛中里直人理研
我々は粒子シミュレーション向けリコンフィギャラブルシステムPROGRPAE-3P1を開発し,重力多体シミュレーションにお... [more] RECONF2005-20
pp.31-36
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会