電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA 2018-02-16
14:10
広島 県立広島大学 粒子群最適化を用いた送信波と反射波の位相干渉に基づく1ch音響測距法
宋 昌隆篠原寿広上保徹志中迫 昇近畿大EA2017-101
多くの工学分野において,対象物までの距離は基本的な情報である.音響信号を用いた距離推定法としては,送信波と反射波の時間差... [more] EA2017-101
pp.47-52
MI 2017-01-18
14:15
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館(那覇市) 3次元頭部CTA画像を用いた血管モデル相関法による血管位置と方向の繰り返し推定
柳本智行篠原寿広中迫 昇近畿大MI2016-88
 [more] MI2016-88
pp.65-68
MI 2017-01-18
14:15
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館(那覇市) 血管仮想操作における頭部位置を考慮した視点変更のもたらす操作性への影響の基礎的検討
西田佳司篠原寿広中迫 昇近畿大)・小倉光博和歌山県立医科大MI2016-103
 [more] MI2016-103
pp.117-120
ASJ-H
(共催)
EA, IPSJ-MUS
(連催) [詳細]
2016-10-14
14:30
石川 国民宿舎能登小牧台 (七尾) 定在波に基づく0mから測定可能な2ch音響測距法の32ビットマイクロコンピュータによる一実装
宋 昌隆篠原寿広上保徹志中迫 昇近畿大EA2016-36
多くの工学的応用において,対象物までの距離は基本的な情報である.近年,送信波と反射波の位相干渉に基づく音響測距離法が提案... [more] EA2016-36
pp.31-34
MBE 2014-05-24
14:50
富山 富山大学 脳波に重畳する喫食性雑音の独立ベクトル分析(IVA)を用いた分離法
富永 滋明治)・吉田 久中迫 昇近畿大MBE2014-8
食品嗜好性の評価法として期待される喫食に伴う脳波を用いた感情推定において、喫食時の咀嚼雑音の分離が重要な課題となる。前報... [more] MBE2014-8
pp.37-42
NC, MBE
(併催)
2013-12-21
14:45
岐阜 岐阜大学サテライトキャンパス 咀嚼筋電位性雑音の脳波への重畳様式の検討とFDICA(周波数領域ICA)を用いた分離の試み
富永 滋明治)・吉田 久中迫 昇近畿大MBE2013-86
食品嗜好性の他覚的評価法の一つと期待される脳波を用いた気分計測において、喫食時に重畳する咀嚼筋電位性雑音の分離が課題とな... [more] MBE2013-86
pp.57-62
EA 2013-12-13
15:00
石川 金沢大学サテライトプラザ 位相干渉に基づく1ch音響測距法における送受信系の移動を考慮したバックグラウンド除去 ~ 基礎的検討とロボットセンサーへの応用 ~
中迫 昇西前達矢篠原寿広近畿大)・中山雅人立命館大)・上保徹志ワイヤーデバイスEA2013-92
 [more] EA2013-92
pp.25-30
NC, MBE
(共催)
2013-09-25
13:30
新潟 新潟大学 駅南キャンパス 喫食時脳波解析における誘導法および喫食性雑音の分別とICAを用いた分離法に関する検討
富永 滋明治)・吉田 久中迫 昇近畿大MBE2013-56 NC2013-42
食品開発において重要な嗜好性評価は、通常喫食後に質問形式での自覚的評価の記録により行われるが、いまだ有力な他覚的かつ即時... [more] MBE2013-56 NC2013-42
pp.113-118
MI 2013-01-25
13:10
沖縄 ぶんかテンブス館 [ポスター講演]逐次2値化頭部CTA画像を用いた血管追跡による血管芯線および径の推定
菅井 駿篠原寿広近畿大)・中山雅人立命館大)・中迫 昇近畿大MI2012-103
脳血管疾患診断の支援を目的として,頭部3次元CTA画像を利用した新しい血管芯線の抽出および血管径の推定法を提案する.
... [more]
MI2012-103
pp.215-220
MI 2013-01-25
13:10
沖縄 ぶんかテンブス館 [ポスター講演]脳血管位置および径情報を利用した脳血管ボリュームデータ操作の基礎的検討
白石卓人篠原寿広中迫 昇近畿大)・中山雅人立命館大MI2012-105
現在,医療の現場では,脳血管疾患の診断はCTやMRIなどの医用画像を3次元的に再構成し,医師が目視により病変部の特定を行... [more] MI2012-105
pp.227-230
EA, SP, SIP
(共催)
2012-05-24
11:35
大阪 大阪大学中之島センター 実環境下における情報提示音声の位相干渉に基づく音響測距法の検討
中山雅人立命館大)・根木佑真中迫 昇近畿大)・上保徹志ワイヤーデバイス)・西浦敬信立命館大EA2012-3 SIP2012-3 SP2012-3
本稿では,音声対話システムより提示される音声を送信波として,その位相干渉に基づく音響測距法を提案する.音声対話システムに... [more] EA2012-3 SIP2012-3 SP2012-3
pp.13-18
MI 2012-01-20
11:25
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 単純2値化頭部CTA画像を用いた血管追跡による血管芯線および径の推定
前川将志篠原寿広中山雅人中迫 昇近畿大MI2011-142
脳血管疾患診断の支援を目的として,頭部3 次元CTA 画像を利用した新しい血管芯線の抽出および血管径の推定法を提案する.... [more] MI2011-142
pp.359-364
EA 2011-11-19
10:30
熊本 熊本大学 1ch観測の干渉音のパワースペクトル変動に基づく0mから測定可能な音響測距法
中迫 昇河西慶治篠原寿広上保徹志近畿大EA2011-92
多くの工学分野において,対象物までの距離は非常に重要な情報である.一般的な距離推定法では,送信波と反射波との時間差を用い... [more] EA2011-92
pp.61-66
EA, SIP, SP
(共催)
2011-05-13
10:50
大阪 立命館大学 話者と音源の位置推定に基づく複数死角制御型ビームフォーマの基礎的検討
中山雅人近畿大)・西浦敬信山下洋一立命館大)・中迫 昇近畿大EA2011-19 SIP2011-19 SP2011-19
 [more] EA2011-19 SIP2011-19 SP2011-19
pp.107-112
EA, US
(併催)
2011-01-21
16:30
京都 同志社大学京田辺キャンパス医心館 N-A, N-B リニアチャープ信号を用いた干渉に基づく音響測距法 ~ 移動物体の追跡への試み ~
英 慎平中山雅人中迫 昇篠原寿広上保徹志近畿大EA2010-125
マイクロ波レーダの分野において,送信波と反射波の位相干渉を利用した近距離計測法が知られている.我々はこれを可聴音域に拡張... [more] EA2010-125
pp.119-124
EA 2010-11-18
17:00
福岡 九州大学 実環境における可聴音の位相干渉に基づく距離推定 ~ 送信音および測定系の周波数‐振幅特性の影響除去のための各種試みと比較 ~
中迫 昇英 慎平篠原寿広中山雅人上保徹志近畿大EA2010-91
マイクロ波レーダの分野において,送信波と反射波の位相干渉を利用した距離推定法が知られている.
我々はこれを可聴音域に拡... [more]
EA2010-91
pp.43-48
SP, EA, SIP
(共催)
2010-05-27
10:30
兵庫 甲南大学平生セミナーハウス 左右の近距離スピーカを利用した距離推定に基づく音場再現の検討
中山雅人中迫 昇近畿大EA2010-13 SIP2010-13 SP2010-13
特定の場所の音環境を立体的に再現する技術として,頭部伝達関数(Head Related Transfer Functio... [more] EA2010-13 SIP2010-13 SP2010-13
pp.73-78
EA, US
(併催)
2010-01-26
11:25
大阪 関西大 可聴音域における定在波を用いた0mから測定可能な距離推定法 ~ 帯域ガウス雑音の利用 ~
永島侑佳阪府大)・中迫 昇篠原寿広上保徹志近畿大EA2009-110
 [more] EA2009-110
pp.67-72
EA 2009-11-19
13:00
広島 県立広島大 可聴音の送信波と反射波の位相干渉に基づく距離推定 ~ 送信音および測定系の周波数‐振幅特性の影響除去の一試み ~
中迫 昇英 慎平近畿大)・上保徹志近畿大/雑賀技研)・篠原寿広近畿大EA2009-76
 [more] EA2009-76
pp.1-6
EA, US
(併催)
2009-01-29
15:20
京都 同志社大学 定在波に基づく距離推定法とその実装に関する一考察(Chirp音信号の利用)
土田悠太阪府大/近畿大)・中迫 昇近畿大)・上保徹志雑賀技研/近畿大)・篠原寿広近畿大US2008-79 EA2008-121
多くの工学分野において,対象物までの距離は非常に重要な情報である.一般的な距離推定法では,送信波と反射波との時間差を用い... [more] US2008-79 EA2008-121
pp.37-42(US), pp.29-34(EA)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会