お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS, IPSJ-SE
(連催)
2020-07-02
13:05
ONLINE オンライン開催 morfawk: 形態素パターンマッチング/処理言語
中西恒夫吉村賢治乙武北斗田辺利文古庄裕貴福岡大)・西浦洋一アイシン精機SS2020-4
自然言語で記述されるソフトウェア開発文書のレビューに要するコストを削減するべく自然言語処理の活用が期待されている。係り受... [more] SS2020-4
pp.19-24
ITS, IEE-ITS
(連催)
2020-03-10
10:30
滋賀 立命館大学(BKC)
(開催中止,技報発行あり)
SMArch: スマートモビリティのためのソフトウェアアーキテクチャ
中西恒夫福岡大)・荒川 豊安藤崇央石田繁巳九大)・金子邦彦福山大)・田頭茂明関西大)・久住憲嗣峯 恒憲福田 晃九大ITS2019-59
本稿では,競争的な市場ゆえに個別に継続的な進化をしがちなスマートモビリティサービスのためのソフトウェアアーキテクチャ,S... [more] ITS2019-59
pp.13-18
ITS, IEE-ITS
(連催)
2020-03-10
16:20
滋賀 立命館大学(BKC)
(開催中止,技報発行あり)
Mixed Reality を用いた航空機航跡の視覚化
後藤佑実古庄裕貴中西恒夫福岡大)・安藤崇央九大ITS2019-68
 [more] ITS2019-68
pp.81-86
SS 2020-03-05
14:45
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
形態素パターンマッチャ morfgrep とそのソフトウェア開発における応用
中西恒夫吉村賢治乙武北斗田辺利文古庄裕貴福岡大)・西浦洋一浅野雅樹アイシン精機SS2019-60
自然言語で記述される開発文書の品質保証はレビューに頼りがちであり,その工数の削減は容易ではなく,自然言語処理を用いた機械... [more] SS2019-60
pp.113-118
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2018-07-20
10:30
北海道 北海道・帯広市 とかちプラザ 視聴覚室/大集会室 オープンなスマートモビリティ市場におけるサービスの開発と運用 ~ アーキテクチャ戦略とサービスのサプライチェーンマネジメント ~
中西恒夫福岡大)・久住憲嗣安藤崇央峯 恒憲福田 晃九大SS2018-15 KBSE2018-25
多くのステークホルダが競争しつつも相互依存する,オープンかつ動的なスマートモビリティ市場において,情報サービスを開発,運... [more] SS2018-15 KBSE2018-25
pp.183-188
KBSE 2018-03-02
13:10
沖縄 石垣市民会館 中ホール フリーガイドワードHAZOPプロセスにおける分類語彙表データベースの活用
中西恒夫吉村賢治乙武北斗田辺利文古庄裕貴福岡大KBSE2017-57
 [more] KBSE2017-57
pp.109-114
KBSE 2018-03-02
13:40
沖縄 石垣市民会館 中ホール 日本語単一化文法を用いた開発文書からの単文抽出
吉村賢治中西恒夫乙武北斗田辺利文古庄裕貴福岡大KBSE2017-58
筆者らが提唱するソフトウェアを対象とするFMEA/HAZOPプロセスでは,自然言語によるシステムの要求,外部設計,内部設... [more] KBSE2017-58
pp.115-120
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-20
17:15
北海道 函館コミュニティプラザ フィーチャの意味を共有するためのドキュメンテーションとプロセス
中西恒夫福岡大SS2017-20 KBSE2017-20
フィーチャ概念は,製品群や製品のちがいをインスタントに捉えて開発者間で論じるうえで利便性の高い抽象化であり,プロダクトラ... [more] SS2017-20 KBSE2017-20
pp.157-162
KBSE 2017-03-04
15:45
石川 石川県金沢市 ITビジネスプラザ武蔵 研修室1 ソフトウェア対象FMEA/HAZOPプロセスにおける形態素解析を用いた故障モード抽出
中西恒夫吉村賢治乙武北斗古庄裕貴田辺利文福岡大KBSE2016-51
著者らが提唱するソフトウェアを対象とするFMEA/HAZOPプロセスでは,自然言語によるシステムの要求,外部設計,内部設... [more] KBSE2016-51
pp.73-78
SS 2013-01-11
11:45
沖縄 沖縄県石垣市民会館 Androidアプリケーションの運用時消費電力分析
古庄裕貴久住憲嗣九大)・神山 剛稲村 浩NTTドコモ)・中西恒夫福田 晃九大
本論文はAndroid端末上で動作するアプリケーションの省電力化のための分析に必要なデータ収集手法を提案する.従来の消費... [more] SS2012-58
pp.73-78
SS 2012-05-10
14:10
愛媛 愛媛大学 派生開発方法論XDDPからのプロダクトライン開発導入
中西恒夫九大)・ハンス・ヴェルナー グリーペントローククラエス イェーガー・ハンセンホーヘンハイム大)・久住憲嗣福田 晃九大SS2012-1
製品をまたがってソフトウェア資産を再利用するソフトウェアプロダクトライン開発方法論(SPL: Software Prod... [more] SS2012-1
pp.1-6
SS 2012-03-13
10:15
沖縄 てんぶす那覇 ソフトウェアFMEAの一手法とプロダクトライン開発におけるその利用
中西恒夫久住憲嗣福田 晃九大SS2011-60
システムの異常系の要求定義や仕様化はなおざりにされがちであり,そのため要求から実装に至るあらゆる工程において多くの欠陥が... [more] SS2011-60
pp.19-24
SS 2010-03-08
13:10
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス セーフティクリティカルシステムのプロダクトラインにおけるNバージョンプログラミングの導入
中西恒夫久住憲嗣福田 晃九大SS2009-68
ソフトウェアにおけるフォールトトレランスを実現する一般的な手法として,同一仕様異実装の「多様な」コンポーネントを複数運用... [more] SS2009-68
pp.121-126
SS 2009-08-07
10:00
北海道 北見工業大学 ソフトウェアアーキテクチャ事前設計を目的とするフィーチャモデルのガイドラインとアンチパターン
中西恒夫久住憲嗣福田 晃九大SS2009-25
 [more] SS2009-25
pp.77-82
CQ, MoNA, IPSJ-AVM
(連催)
2009-07-09
11:55
北海道 小樽市民会館 無線LAN位置推定における誤差補正手法の一検討
阿瀬川 稔田頭茂明荒川 豊中西恒夫福田 晃九大MoMuC2009-16
本稿では,ネットワーク側での位置推定システムを構築するにあたり,様々な
要因により発生する受信信号強度の変動への影響を... [more]
MoMuC2009-16
pp.13-18
SS, KBSE
(共催)
2009-05-21
16:45
秋田 秋田大学 手形キャンパス フィーチャモデル自動描画アルゴリズムの提案と実装
蓮尾雅昭中西恒夫田頭茂明荒川 豊久住憲嗣福田 晃九大SS2009-6 KBSE2009-6
現実のフィーチャモデルにおいて,フィーチャの数が数百に及ぶことは珍しくないため,理解しやすい形でフィーチャモデルを人手で... [more] SS2009-6 KBSE2009-6
pp.31-36
MoNA, IPSJ-MBL
(連催)
2009-05-07
16:30
沖縄 宮古島マリンターミナル [奨励講演]相対位置情報を利用した名前解決ミドルウェアのための負荷分散手法の評価
野田厚志藤川祥平田頭茂明九大)・北須賀輝明熊本大)・中西恒夫福田 晃九大MoMuC2009-8
 [more] MoMuC2009-8
pp.89-94
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2009-03-05
14:55
神奈川 YRP 地理情報のデータ構造を考慮した放送型キャッシュデータ無効化プロトコル
上西 裕早川裕志田頭茂明中西恒夫福田 晃九大MoMuC2008-86
本稿では,地理情報を利用するシステムにおいて,各端末が地理情報をキャッシュする環境を想定し,キャッシュデータの無効化のた... [more] MoMuC2008-86
pp.7-12
RCS, AN, MoNA, SR
(併催)
2009-03-05
15:15
神奈川 YRP 無線可視領域ネットワークにおける端末相互認証手法の評価
阿瀬川 稔野田厚志九大)・北須賀輝明熊本大)・田頭茂明九大)・北口貴史津村直樹リコー)・中西恒夫福田 晃九大MoMuC2008-87
近距離無線通信機能を搭載した携帯端末が普及し,先進的なユーザは持ちよっ
た端末間で無線通信でのファイル共有を行える環境... [more]
MoMuC2008-87
pp.13-18
IN, NS
(併催)
2009-03-04
13:50
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 相対位置情報を利用した名前解決ミドルウェアのための負荷分散手法
藤川祥平野田厚志田頭茂明九大)・北須賀輝明熊本大)・中西恒夫福田 晃九大NS2008-198
 [more] NS2008-198
pp.309-314
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会