電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ASN
(第二種研究会)
2018-11-30
15:10
海外 ハノイ工科大学、ベトナム Multi-layered Security Technologies to Ensure Hyper Connected Smart Cities with Blockchain, BigData, Cloud and IoT
Jin NakazawaKeio Univ.
(事前公開アブストラクト) We will introduce a new project, called M-Sec,... [more]
ASN
(第二種研究会)
2017-11-30
10:30
海外 Eastparc Hotel(ジョグジャカルタ) Regional IoT and Information Force
Jin NakazawaKeio Univ.
(事前公開アブストラクト) The power of information, information force, i... [more]
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-09-15
14:00
東京 東京大学 本郷キャンパス ラベル伝播を用いた区画線の擦れ検出手法の提案
岸本康成飯田恭弘岩村相哲NTT)・河野 慎米澤拓郎中澤 仁徳田英幸慶大PRMU2017-51 IBISML2017-23
摩耗や損傷により発生する路面標示の擦れの点検は,街を走行する車上からの目視により行われている.しかし,大規模な道路の点検... [more] PRMU2017-51 IBISML2017-23
pp.97-102
SC 2016-01-15
13:05
京都 京都大学(KRP拠点) 公共車両を利用した大気状況センシングの試み
白井良成岸野泰恵納谷 太柳沢 豊NTT)・米澤拓郎中澤 仁徳田英幸慶大SC2015-15
藤沢市の公共車両に大気状況をセンシングするシステムを搭載し収集する実証実験を行っている.市内を定期的に巡回する公共車両に... [more] SC2015-15
pp.1-5
RCC, ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2015-07-29
16:15
長野 JA長野県ビル Senbay: 活動促進のためのスマートフォンを利用したセンサデータ統合型動画記録・共有・分析プラットフォーム
西山勇毅米澤拓郎中澤 仁徳田英幸慶大ASN2015-29
知的情報環境においては,携帯端末を用いて動画の撮影や多種多様なセンサデータが取得できる.センサデータと同期した動画を共有... [more] ASN2015-29
pp.49-54
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2015-01-26
10:15
和歌山 南紀白浜温泉 ホテルむさし プライバシ保護手法Negative Surveysのためのパラメータ設定機能
皆川昇子中澤 仁徳田英幸慶大ASN2014-114
モバイルセンシングでは,多数のモバイル端末から収集した位置,環境,ユーザ情報を解析し,空間の混雑度や環境の変化など様々な... [more] ASN2014-114
pp.43-48
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2015-01-27
15:20
和歌山 南紀白浜温泉 ホテルむさし Sensorizer: ウェブ埋没データからサイバーフィジカルデータストリームを生成するアーキテクチャ
中澤 仁米澤拓郎徳田英幸慶大ASN2014-155
 [more] ASN2014-155
pp.249-254
RCC, ASN, NS, RCS, SR
(併催)
2014-07-30
13:30
京都 京都テルサ [奨励講演]統計情報の取得を想定したモバイルセンシングのためのプライバシ保護手法
皆川昇子中澤 仁徳田英幸慶大ASN2014-40
GPSやセンサ搭載のモバイル端末の普及により,多くの端末から収集した位置,環境,ユーザ情報を解析し,様々な統計情報を取得... [more] ASN2014-40
pp.1-5
SC, IPSJ-UBI
(連催)
2014-07-28
13:30
東京 国立情報学研究所 ClouTプロジェクト:IoTとクラウドの融合によるスマートシティーへの取り組み
石川冬樹NII)・中澤 仁慶大SC2014-5
本発表では,日欧9機関と4都市の合同プロジェクトClouTについて紹介する.ClouTでは,モノのネットワークと人のネッ... [more] SC2014-5
pp.1-2
ASN 2014-05-30
15:35
東京 東京大学先端科学技術研究センター An棟2階 コンベンションホール [奨励講演]パターン情報を用いたボディセンサネットワークにおける圧縮センシングのための効率化手法
伊藤 瑛Naoya Namatame中澤 仁徳田英幸慶大ASN2014-38
圧縮センシングは、低い計算コストでより高い圧縮率を得られるデータ圧縮手法である。その特徴より、無線センサネットワークでの... [more] ASN2014-38
pp.149-154
ASN, MoNA
(併催)
2014-01-23
10:40
愛媛 ホテル奥道後 (松山市) SlowMAC:長期化した無線起動周期に対応したMACプロトコル
安形憲一中澤 仁高汐一紀徳田英幸慶大ASN2013-120
無線センサネットワークを構築する
無線センサノードにおいては,
消費電力を抑えることが長年の課題であり,
この課題... [more]
ASN2013-120
pp.11-16
ASN, MoNA
(併催)
2014-01-23
11:40
愛媛 ホテル奥道後 (松山市) Directive Flooding:車車間通信における論理的な方向に基づいたマルチホップブロードキャスト手法
豊田智也中澤 仁高汐一紀徳田英幸慶大ASN2013-125
車々間通信では危険情報等,高速で確実な通知を行う必要のあるアプリケーションが想定される,危険情報等は,周辺の複数車両にブ... [more] ASN2013-125
pp.41-46
ASN, MoNA
(併催)
2014-01-23
13:55
愛媛 ホテル奥道後 (松山市) パケット通信間隔に適応したリンク品質推定手法Aipiの提案
鈴木幸大中澤 仁高汐一紀徳田英幸慶大ASN2013-131
近年,Wireless Sensor Network(WSN)が普及してきた.WSN において各センサノ... [more] ASN2013-131
pp.77-82
ASN, MoNA
(併催)
2014-01-24
16:15
愛媛 ホテル奥道後 (松山市) F-CODE: A data abstraction approach for Compressive Sensing in Mobile Sensing Application
Akito ItoJin NakazawaKazunori TakashioHideyuki TokudaKeio Univ.ASN2013-160
近年、スマートフォンの登場により、モバイルセンシングの研究はますます盛んになった。しかし、そういった研究が発展する一方で... [more] ASN2013-160
pp.237-241
ASN, RCS, NS, SR
(併催)
2013-07-18
10:20
静岡 アクトシティ浜松 [ポスター講演]パターン情報を用いたボディセンサネットワークにおける圧縮センシングのための効率化手法
伊藤 瑛生天目直哉中澤 仁徳田英幸慶大NS2013-41 RCS2013-92 SR2013-29 ASN2013-59
圧縮センシングは、低い計算コストでより高い圧縮率を得られるデータ圧縮手法である。その特徴より、無線センサネットワークでの... [more] NS2013-41 RCS2013-92 SR2013-29 ASN2013-59
pp.43-48(NS), pp.85-90(RCS), pp.51-56(SR), pp.71-76(ASN)
ASN, IPSJ-UBI
(連催)
2013-05-16
15:10
熊本 熊本大学 プライバシー保護に配慮したユーザの地理的分布推計手法
皆川昇子慶大)・青木俊介東大)・中澤 仁徳田英幸慶大ASN2013-11
近年,スマートフォンやタブレット等の小型のモバイル機器が普及している.これらは多くの人が肌身離さず持ち歩き,仕事や生活の... [more] ASN2013-11
pp.55-60
ASN, IPSJ-UBI
(連催)
2013-05-16
15:35
熊本 熊本大学 T-Ring:センサデータの時間的特殊性に着目した多次元データ分散管理
寺山淳基中澤 仁徳田英幸慶大ASN2013-12
 [more] ASN2013-12
pp.61-66
ASN, IPSJ-UBI
(連催)
2013-05-16
16:00
熊本 熊本大学 仮想センサネットワークとその応用
中澤 仁米澤拓郎伊藤友隆高汐一紀徳田英幸慶大ASN2013-13
 [more] ASN2013-13
pp.67-72
IN 2012-10-10
16:50
東京 東京大学 山上会館 ヒトやモノをエンパワーする実世界情報アプリケーションとバーチャル・ネットワークド・センシング技術
徳田英幸中澤 仁米澤拓郎間 博人伊藤友隆慶大IN2012-83
 [more] IN2012-83
pp.49-53
RCS, NS, USN
(併催)
2012-07-20
10:25
岩手 岩手大学 Sensus:Human as a Sensorサービス構築支援ツール
井村和博中澤 仁徳田英幸慶大USN2012-22
近年,ネットワーク環境や計算機性能の向上により,様々なセンサを搭載し高速に様々な処理を行える携帯端末が普及し始めている.... [more] USN2012-22
pp.27-32
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会