お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-14
16:35
愛媛 愛媛県男女共同参画センター ルールベースガイドによるドメイン知識活用型機械学習システムの実現
識名朝彬照屋大地中條拓伯東京農工大CPSY2019-44
機械学習におけるデータ・ドリブンな手法はデータの統計的な性質のみに依存しているため,人間の知識と照合すると明らかに誤って... [more] CPSY2019-44
pp.23-28
RECONF 2019-05-09
15:20
東京 東工大蔵前会館 RubyベースCPU+FPGAコデザインフレームワークにおける再帰記述の高位合成
山下遼太照屋大地中條拓伯東京農工大RECONF2019-6
近年LSI設計が複雑化するに従って,高位合成技術が注目を浴びている.
しかし再帰関数は,その解析における複雑さから,多... [more]
RECONF2019-6
pp.29-34
RECONF 2018-05-24
15:20
東京 ゲートシティ大崎 B1ルームD 自律分散システムのための高位合成ツールを用いたオートスケール機構
照屋大地中條拓伯東京農工大RECONF2018-9
クラウドコンピューティングが広く普及し,様々な用途で活用され,ここにFPGAを利用することが注目され始めている.
F... [more]
RECONF2018-9
pp.45-50
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2018-03-08
15:25
島根 隠岐の島文化会館 論理推論システムのルール集合を機械学習により切り替える試み
竹岡尚三識名朝彬中條拓伯東京農工大CPSY2017-142 DC2017-98
ルールは巨大化しつつある.ルール集合を小さくできれば,推論の探索空間が小さくなり,推論を高速化することができる.本稿では... [more] CPSY2017-142 DC2017-98
pp.197-202
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
(連催) [詳細]
2018-01-19
09:15
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 Javaベース高位合成におけるマルチスレッド機能によるステンシル計算のFPGA実装
矢内奎太朗東京農工大)・長名保範琉球大)・中條拓伯東京農工大VLD2017-76 CPSY2017-120 RECONF2017-64
 [more] VLD2017-76 CPSY2017-120 RECONF2017-64
pp.83-88
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
(連催) [詳細]
2018-01-19
09:40
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 Ruby言語ベースのハードウェア・ソフトウェアコデザイン環境の実現とリアクティブプログラミングの適用
照屋大地中條拓伯東京農工大VLD2017-77 CPSY2017-121 RECONF2017-65
センサやアクチュエータ制御などの常にデータが生成され絶えず流れ続
けるストリームデータの処理は,FPGAにオフロードす... [more]
VLD2017-77 CPSY2017-121 RECONF2017-65
pp.89-94
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
(連催) [詳細]
2018-01-19
15:15
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 スケーラブル・ハードウェア機構におけるストリーム計算のための回路分割手法とFPGAによる検証
村田義雄中條拓伯東京農工大VLD2017-86 CPSY2017-130 RECONF2017-74
 [more] VLD2017-86 CPSY2017-130 RECONF2017-74
pp.151-156
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-07
11:20
熊本 くまもと県民交流館パレア MCU-FPGA複合システムによるIoT向けプラットフォームと無線コンフィギュレーションの可能性の検証
鈴木涼太中條拓伯東京農工大RECONF2017-45
組込みシステムで使用されるMCU (Micro Control Unit) には近年,無線LAN 等の通信機能を持つ品種... [more] RECONF2017-45
pp.49-54
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-01-24
09:00
神奈川 慶大日吉キャンパス IoT/CPS技術を支援する高位合成フレームワークの構想
照屋大地中條拓伯東京農工大VLD2016-80 CPSY2016-116 RECONF2016-61
 [more] VLD2016-80 CPSY2016-116 RECONF2016-61
pp.61-66
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-01-24
09:25
神奈川 慶大日吉キャンパス MCU-FPGA複合システム向けフレームワークの検討
鈴木涼太中條拓伯東京農工大VLD2016-81 CPSY2016-117 RECONF2016-62
近年の半導体技術の発達によって大規模なFPGAだけでなく,モバイル用途向けの少ピ
ンパッケージ・低消費電力のFPGAが... [more]
VLD2016-81 CPSY2016-117 RECONF2016-62
pp.67-72
RECONF 2016-05-19
14:15
神奈川 富士通研究所 スケーラブル・ハードウェア機構における信号圧縮による分割回路効率実行
村田義雄吉内大成中條拓伯東京農工大RECONF2016-8
近年FPGAを用いたハードウェアアクセラレーションや,高位合成を用いたFPGA開発に注目が集まっている.これらに共通した... [more] RECONF2016-8
pp.35-40
RECONF 2016-05-20
10:45
神奈川 富士通研究所 Java言語ベース高位合成ツールおよびCoRAMアーキテクチャ合成フレームワークを用いた音場の可視化システムの構築
照屋大地宮崎大智中條拓伯東京農工大RECONF2016-20
IoTが注目を浴び,センサを用いたデバイスが増えている.このようなデバイス内でデータ加工まで行う場合, 処理能力が不足す... [more] RECONF2016-20
pp.97-102
RECONF 2015-09-18
14:55
愛媛 愛媛大学 再構成可能仮想アクセラレータReVAの構想
中條拓伯老子裕輝東京農工大)・竹岡尚三アックス)・竹本正志ビート・クラフト)・三好健文わさらぼRECONF2015-40
 [more] RECONF2015-40
pp.45-50
PRMU, CNR
(共催)
2015-02-20
16:30
宮城 東北大学 オフィス活動を無拘束モニタリングする知的情報空間システムの開発 ~ コミュニケーション行動と作業状況の自動推定について ~
藤田欣也中山雅野村田裕章横山ひとみ堀田政二清水郁子斎藤隆文近藤敏之中條拓伯藤波香織藤田桂英東京農工大PRMU2014-155 CNR2014-70
オフィスにおける活動の長期自動分析のためには,無拘束で在室者の位置や動き,発話者や発話情報などを推定する知的オフィスの実... [more] PRMU2014-155 CNR2014-70
pp.215-220
CPSY, DC
(併催)
2014-07-29
09:00
新潟 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 回路分割機構付き高位合成ツールによる分割回路の検証手法
松田和也東京農工大)・三好健文イーツリーズ・ジャパン)・竹本正志東京農工大)・船田悟史イーツリーズ・ジャパン)・中條拓伯東京農工大CPSY2014-17
近年,従来の回路設計に用いられてきたHDLに替わり,高位合成ツールの活用に注目が集まっている.しかし,複雑なアルゴリズム... [more] CPSY2014-17
pp.43-48
RECONF 2014-06-12
15:35
宮城 片平さくらホール Complex命令アクセラレータを有するRISCプロセッサの実装 ~ CISCプロセッサへの回帰 ~
鈴木涼太東京農工大)・三好健文イーツリーズ・ジャパン)・中條拓伯東京農工大RECONF2014-13
本稿では,マイクロコードで実装されていた複雑なComplex 命令をコプロセッサの形で呼び出す機能を備
えたハードウェ... [more]
RECONF2014-13
pp.67-72
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-28
10:25
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス スケーラブル・ハードウェア機構における信号情報格納・再生方式
加藤佑典渡邊大輔中條拓伯東京農工大VLD2013-106 CPSY2013-77 RECONF2013-60
大規模回路の実装は単一のFPGAでは収まりきらず,複数FPGAに回路を分割して実装することになるが,回路の動作周波数が低... [more] VLD2013-106 CPSY2013-77 RECONF2013-60
pp.25-30
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2014-01-28
10:50
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス スケーラブル・ハードウェア機構におけるハードウェア拡張プロトコル
渡邊大輔加藤佑典中條拓伯東京農工大VLD2013-107 CPSY2013-78 RECONF2013-61
近年,ASICのプロトタイプとともにFPGAを用いたアクセラレーションへの注目が集まっている.しかし,現状のFPGAにお... [more] VLD2013-107 CPSY2013-78 RECONF2013-61
pp.31-36
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 集団の行動把握・予測のための環境設置型計測システムの構築 ~ 複数の指向性マイクを用いた話者位置推定の検討 ~
村田裕章中山雅野藤田桂英清水郁子堀田政ニ藤波香織近藤敏之中條拓伯齋藤隆文藤田欣也東京農工大
我々は集団を対象に行動や状態を把握・予測し,適切なフィードバックを行う知的空間の実現をめざし,複数種類のセンサを用いた環... [more]
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2010-01-27
10:50
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス スケーラブルFPGAシステムにおけるハードウェア・アクセラレーション
中條拓伯坂本龍一東京農工大VLD2009-88 CPSY2009-70 RECONF2009-73
現在,教育機関において,ハードウェア実験/実習にFPGAが利用されている.
また,FPGAを用いたハードウェア・アクセ... [more]
VLD2009-88 CPSY2009-70 RECONF2009-73
pp.119-124
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会