お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN 2022-08-29
09:55
北海道 ハイランドふらの
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ニューラルネットワークとボルテラフィルタを用いた非線形イコライザの繰り返しランダムビットパターンに対する過学習特性の比較検討
生田 海中村迅也茂田井大輔中村守里也明大
 [more]
PN 2022-08-29
10:20
北海道 ハイランドふらの
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
光学非線形歪み補償に用いるディープニューラルネットワークによる非線形イコライザの補償性能に関する検討
中村迅也生田 海茂田井大輔中村守里也明大
 [more]
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]時間領域と周波数領域のニューラルネットワークによる光学非線形補償の計算量の検討
京野 大中村守里也明大
光ファイバ通信において、光ファイバの特性に由来する非線形歪みを補償することが課題の一つとなっている。我々は非線形歪み補償... [more]
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]PRBSデータに対するニューラルネットワーク及びボルテラフィルタの過学習の比較
生田 海大塚優太中村守里也明大
我々は、ニューラルネットワーク(ANN)を用いた光ファイバ通信における非線形歪み補償について検討を行っている。ANNは従... [more]
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-08-30
09:55
北海道 道東経済センタービル 時間領域と周波数領域ニューラルネットワークを用いた自己位相変調補償の計算量比較
京野 大中村守里也明大OCS2019-26
自己位相変調(SPM)と分散とによる光波形の歪みの補償を時間領域と周波数領域のニューラルネットワークを用いて行った場合の... [more] OCS2019-26
pp.35-38
MW, EST, OPE, MWP, EMT
(共催)
IEE-EMT, THz
(連催) [詳細]
2019-07-18
14:20
北海道 函館市中央図書館 直列Mach-Zehnder変調器を用いた6倍周波数2トーン光生成
西秋拓哉大里和徳中村守里也明大EMT2019-26 MW2019-39 OPE2019-30 EST2019-28 MWP2019-26
2トーン光生成はRadio-over-Fiberの重要技術の一つである。今回我々は、Mach-Zehnder変調器(MZ... [more] EMT2019-26 MW2019-39 OPE2019-30 EST2019-28 MWP2019-26
pp.117-120
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-20
13:00
岩手 MALIOS(盛岡) PRBSを用いた信号品質評価におけるニューラルネットワーク及びボルテラフィルタの過学習の比較
生田 海大塚優太福本悠太中村守里也明大OCS2019-13
光ファイバ伝送の非線形補償に用いるボルテラフィルタ(VSTF)とニューラルネットワーク(ANN)について、PRBSを用い... [more] OCS2019-13
pp.17-20
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-20
13:25
岩手 MALIOS(盛岡) 非線形波形歪み補償に用いるボルテラフィルタ及びニューラルネットワークの計算量の削減
大塚優太福本悠太中村守里也明大OCS2019-14
波長分散及び自己位相変調(SPM)の補償をボルテラフィルタとニューラルネットワークを用いて行った場合のそれぞれの係数(ボ... [more] OCS2019-14
pp.21-24
OCS, CS
(併催)
2019-01-18
09:30
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) ニューラルネットワークとボルテラフィルタを用いたXPM補償実験とその計算量比較
福本悠太大塚優太明大)・坂本高秀山本直克NICT)・中村守里也明大OCS2018-77
(事前公開アブストラクト) ニューラルネットワークとボルテラフィルタを用い、波長多重伝送における相互位相変調(XPM)の... [more] OCS2018-77
pp.53-56
CS, OCS
(併催)
2018-01-30
09:40
愛媛 愛媛大学 総合情報メディアセンター ニューラルネットワークと搬送波位相同期光源を用いたXPM及びFWMによる波形歪み補償
大脇翔太郎中村守里也明大OCS2017-75
我々は、光ファイバ伝送における非線形歪み補償においてニューラルネットワークを用いる方法の検討を行っている。ニューラルネッ... [more] OCS2017-75
pp.49-52
PN, NS, OCS
(併催)
2017-06-15
10:55
秋田 秋田大学 強度変調パイロットキャリアによるSPM及び位相雑音の補償
住本憲紀高梨裕也大脇翔太郎中村守里也明大OCS2017-11
強度変調されたパイロットキャリアを信号に時分割多重、又は偏波多重してセルフホモダイン受信する方法の検討を進めている。パイ... [more] OCS2017-11
pp.1-4
OCS 2013-07-26
15:45
東京 すみだ産業会館(東京) [招待講演]光多値伝送技術の基礎
中村守里也明大OCS2013-34
光ファイバ通信に用いられる変調方式には、光の強度をOnとOffの二つの状態のみを切り替えるon-off keyingが広... [more] OCS2013-34
pp.87-90
PN 2012-08-30
13:25
北海道 北見工業大学 16-QAM光パケットスイッチングと小型ファイバ遅延線バッファの検討
品田 聡中村守里也和田尚也NICTPN2012-15
 [more] PN2012-15
pp.5-10
OCS, CS
(併催)
2011-01-27
11:10
徳島 徳島大学 光ファイバ伝送における位相雑音許容度の高い偏波間差動位相変調
神尾享秀中村守里也宮崎哲弥NICTCS2010-66
光ファイバ伝送において,直交する2つの偏波を用いて偏波間の差動位相変調を行う,偏波多重QPSK/ホモダイン検波について,... [more] CS2010-66
pp.5-8
OCS 2010-07-29
13:10
静岡 ニューウェルシティ湯河原 ディジタル信号処理による予等化を用いた場合における光変調器構成の検討
中村守里也神尾享秀宮崎哲弥NICTOCS2010-25
これまで検討されてきた変調器の多くは、バイナリの電気信号により駆動されることを前提に設計されており、多値変調を行う場合、... [more] OCS2010-25
pp.7-10
CS, OCS
(併催)
2010-01-29
09:30
山口 海峡メッセ下関 パイロットキャリア偏波多重方式による16QAM信号のSPM耐性
神尾享秀中村守里也宮崎哲弥NICTCS2009-70
光ファイバ伝送におけるファイバへの入力電力による非線形効果による影響がある.その中のひとつであるSPMの耐力について検討... [more] CS2009-70
pp.19-23
OPE, LQE, OCS
(共催)
2009-10-23
13:05
福岡 九州大学 スペクトルスライスASE光源を用いた10-Gsymbol/s BPSK及びQPSK信号のコヒーレンス多重実験
中村守里也神尾享秀宮崎哲弥NICTOCS2009-71 OPE2009-137 LQE2009-96
10 Gsymbol/sのBPSK及びQPSK信号をコヒーレンス多重・分離する実験を行った。スペクトルスライスされたAS... [more] OCS2009-71 OPE2009-137 LQE2009-96
pp.151-154
OCS 2009-07-29
16:15
静岡 ウェルシティ湯河原 自己ホモダインによる位相雑音除去とディジタル信号処理によるISI補償を用いた30Gbit/s 64-QAM実時間伝送実験
中村守里也神尾享秀宮崎哲弥NICTOCS2009-26
30 Gbit/s (5 Gsymbol/s)の64-QAM実時間光ファイバ伝送の実験結果を報告する。ディジタル信号処理... [more] OCS2009-26
pp.39-42
CS 2009-01-23
09:10
沖縄 沖縄県 西表島 位相雑音除去技術を用いた30Gbit/s 8-PSK自己ホモダイン実験
中村守里也神尾享秀宮崎哲弥NICTCS2008-71
偏波多重パイロットキャリアを用いた自己ホモダインによる8-PSK変復調実験を10 Gsymbol/s (30 Gbit/... [more] CS2008-71
pp.83-86
OCS 2008-07-17
14:10
山梨 山梨大学 位相雑音キャンセリング技術を用いた40-Gbit/s 16-QAM実時間変復調実験
中村守里也神尾享秀宮崎哲弥NICTOCS2008-26
40-Gbit/s 16-QAM実時間変復調の実験結果を報告する。ディジタル信号処理によるISI補償技術を用いることによ... [more] OCS2008-26
pp.33-36
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会