お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-01-18
11:00
大阪 大阪府立大学 VR環境における実物体のカードを用いたタンジブルインタフェースの評価
大川恭平中村喜宏日大PRMU2017-123 MVE2017-44
バーチャルリアリティシステムは「3次元の空間性」「実時間の相互作用」「自己投射性」の3つの要素を兼ね備えたものが理想とさ... [more] PRMU2017-123 MVE2017-44
pp.101-106
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-01-18
11:25
大阪 大阪府立大学 ピンチ動作を用いたVR環境向け文字入力方法
二本松拓哉中村喜宏日大PRMU2017-124 MVE2017-45
 [more] PRMU2017-124 MVE2017-45
pp.107-110
LOIS 2015-03-05
15:40
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 タスクコヒーレンス性に着目したリソース検索支援方法
前川翔太中村喜宏日大LOIS2014-75
我々は日々の生活の中で,アプリや,WEBページ,ファイル,コミュニケーションツールなど,数多くのリソースを利用している.... [more] LOIS2014-75
pp.83-88
ICM 2007-03-16
16:35
沖縄 宮古島マリンターミナル 開発成果物の情報を利用したOSSのユーザインタフェース画面の生成手法
西川健一中村喜宏佐藤正崇井上正輝山村哲哉NTTTM2006-79
OSS (Operation Support System) 開発のさらなる生産性向上のために, OSS のユーザインタ... [more] TM2006-79
pp.107-112
ICM 2006-07-13
13:00
秋田 秋田大学 NW運用を対象とした能動型ヘルプシステムの検討
中村喜宏伊藤文彦山村哲哉NTT)・武田和時秋田県立大TM2006-21
例えばユーザネットワークの運用シーン等では,ネットワーク運用に必要な知識をユーザが事前に全て持っていることを期待するのは... [more] TM2006-21
pp.1-6
IN 2005-06-16
15:20
愛知 愛知県立大学 知識ベースを用いたユーザネットワーク運用支援システムの検討
西川健一西山伸英中村喜宏伊藤文彦NTT
ユーザにより構築・運用されるユーザネットワークを対象とした,ユーザ自身によるネットワーク運用を支援するシステムを提案する... [more] IN2005-19
pp.29-34
ICM 2005-05-13
15:20
三重 伊勢市観光文化会館 リソース間相互作用による状態遷移管理に基づく動的リソース管理方法
土川公雄片山和典中村喜宏伊藤文彦NTT
 [more]
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会